現在の位置

伊丹市の地域医療を考えるシンポジウムの開催について

 急速な少子高齢化の進展に伴う医療需要の増大等に対応していくために、医療機能の分化・連携により、限られた医療資源を有効活用し、より質の高い医療提供体制を構築することが求められています。
 市民の皆様が、安心して住み慣れた地域で、必要とされる医療を受けることができるようにするためにはどのような対策が必要となるのか、皆様とともに考えます。

日時・場所・定員

第1回

日時:8月24日(土)15時~17時(開場14時30分)

場所:伊丹市立図書館本館 ことば蔵 地下1階多目的室1

定員:先着100名(要事前申込み)(受付中)

第2回

日時:9月1日(日)10時~12時(開場9時30分)

場所:伊丹市立中央公民館 1階大集会室

定員:先着200名(要事前申込み) (受付中)

内容

第1部(30分) 基調講演「地域医療の現状と課題」

全国的な医師・看護師不足の問題やその影響をはじめ、高齢化や医療ニーズの増加等の様々な課題に対して、国・県の考え方や方向性についてわかりやすく解説します。

講師

眞岩 研徳(元兵庫県立大学 非常勤講師・公認会計士)

【講師プロフィール】

公立病院改革ガイドラインに基づく「改革プラン」の策定を支援するなど、主に医療機関等の運営にかかるアドバイザリーサービスを実施。

 

第2部(80分) パネルディスカッション「医療機能の充実と役割分担」・質疑応答

コーディネーター

眞岩 研徳(元兵庫県立大学 非常勤講師・公認会計士)

パネラー

常岡 豊(伊丹市医師会 会長) ※第1回(8月24日)のみ

吉村 史郎(伊丹市医師会 副会長) ※第2回(9月1日)のみ

有田 憲生(近畿中央病院 病院長)

飯石 浩康(市立伊丹病院 病院長)

坂本 孝二(伊丹市地域医療体制整備推進班 班長)

※伊丹市医師会以外は両日とも同じコーディネーター・パネラーとなります。

対象

市内在住・在学・在勤の15歳以上

参加費

無料

申込方法(要事前申込み)

8月1日(木)午前9時~電話(072-767-1029)または窓口(伊丹市役所2階地域医療体制整備推進班)で受付

※いずれも申込みは各開催日の前日(土・日曜除く)までとなります。

その他

より多くの方にご参加いただきたいことから、1人1回までの参加のご協力をお願い致します。

 

伊丹市の地域医療を考えるシンポジウムチラシ (PDF:341KB)

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先
地域医療体制整備推進班
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-767-1029 ファクス072-784-8008

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。