ライターは正しく取り扱いましょう

使い捨てライターや多目的ライターは、とても便利なものですが、誤った使い方や保管をすると、非常に危険です。

子どもの火遊びによる火災も発生しています。

使い捨てライターや多目的ライターについては、平成23年9月27日以降、子どもが簡単に操作できない「チャイルドレジスタンス機能」が施されたPSC対応ライター以外は、販売は禁止されました。

また、捨て方を誤ると、大事故につながるおそれがあります。

最後まで使い切るか、ガス抜きをして「燃やさないごみ」として出しましょう。(伊丹市の場合)

伊丹市「ごみと資源の分け方と出し方」 (PDF:1.4MB)

「ライターは正しく使いましょう」のリーフレット (PDF:504.5KB)

消費者庁では、ライターの火遊びによる火災防止に関する取り組みについて注意喚起を行っています。

消費者庁の「ライターの火遊びによる火災防止に関する取組みについて」のページ (外部リンク)

ライターによる事故だけでなく、私たちの身の回りでは、思いもよらない製品事故につながることもあります。

経済産業省では、製品事故に遭わないために、皆様に気を付けていただきたいことを、最近の事故の事例をあげて紹介しています。

経済産業省の「さまざまな事故事例」のページ (外部リンク)

お問い合わせ先
市民自治部まちづくり室 消費生活センター
〒664-0895伊丹市宮ノ前2-2-2伊丹商工プラザビル1階
電話番号072-772-0261 ファクス072-775-3811

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。