池尻小学校区まちづくり協議会「マスク販売会」が開催されました。

 池尻地区まちづくり協議会では、地域住民から「マスクがない。」という声を受けて、地区の自治会員を対象に、5月17日日曜日14時~16時に地区内3施設の前で一般市販マスクと手作りマスクの販売を実施していました。
 その中でも、手作りマスクについては、まちづくり協議会役員を中心に8名で裁断係・裁縫係に分かれて作成しており、販売会当日には200枚のマスクが並んでいました。子供用・男性用・女性用と異なるサイズを用意されていることや、表と裏で柄を変えてリバーシブルで使用できるように作られていること等、様々な工夫が施されていました。
 また、販売会場では、役員がマスクを着用して対応をする・密にならないよう混雑時に椅子を一定の間隔に設置する等、感染症対策をしっかりおこなっていました。

 会場の一つである武庫川センターでは、15時までに40人ほどの住民が訪れ役員と嬉しそうに会話をする様子が見受けられました。役員に話を聞くと、「皆さんとても喜んでいました。」「久々に住民同士で会話ができました。挨拶だけでなく、運動するようアドバイス等もしています。」とのこと。地域の課題解決だけでなく、つながりを深める機会にもなっていたようです。

マスク販売の様子

手作りマスクの写真

役員さんの写真

お問い合わせ先
市民自治部まちづくり室まちづくり推進課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所1階)
電話番号072-780-3533 ファクス072-784-8130

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。