一人当たりの保険料額と軽減(令和2年度から変更)

一人当たりの保険料額

保険料は被保険者お一人おひとりに、お支払いいただきます。

年間の保険料は、みなさんが等しく負担する「均等割額」(定額)と前年の所得に応じて負担する「所得割額」の合計となります。

保険料を決める基準である保険料率(均等割額と所得割率)は2年ごとに見直され、お住まいの市町を問わず、兵庫県内では原則均一になります。

兵庫県の令和2・3年度の保険料額

( A ) 均等割額=被保険者 1人当たり 51,371円

( B ) 所得割額=(総所得金額等-基礎控除額 33万円)×所得割率 10.49%

( A )+( B )=保険料額(年額)上限 64万円

低所得者への軽減(令和2年度から変更)

均等割額の軽減

同一世帯内の被保険者と世帯主の総所得金額等の合計が次の基準額以下の場合、均等割額が軽減されます。

均等割額の軽減表
軽減の割合 軽減の基準
7割(注意1) 基礎控除額(33万円)
7.75割(注意2) 基礎控除額(33万円)
5割

基礎控除額(33万円)+28.5万円(注意3)×被保険者数

2割

基礎控除額(33万円)+52万円(注意3)×被保険者数

(注意)国民健康保険による軽減判定と同様、当分の間、年金収入につき公的年金等控除を受けた人について、年金特別控除(年金所得の範囲内で最大15万円を控除)が適用されます。

注意1

世帯内の被保険者全員の各所得(年金の各所得は控除額を80万円として計算する)が0円である場合は7割軽減(軽減後均等割額15,411円)されます。

注意2

注意1以外の方は本来は7割軽減ですが、特例措置により7.75割軽減になります。

注意3

令和2年度保険料の低所得者軽減措置が拡充されました。

 

被用者保険の被扶養者への軽減

資格取得日の前日において被用者保険(会社の健康保険、船員保険、各種共済組合など)の被扶養者であった人は、後期高齢者医療制度の被保険者となってから2年間は均等割額の5割が軽減され、所得割額は課せられません。

(注意)ただし、元被扶養者であっても、世帯の所得が低い方で、均等割の軽減(7割軽減、7.75割軽減)を受けることができる場合は、その軽減率が高い方(保険料が安い方)が適用されます。

なお、国民健康保険・国民健康保険組合に加入されていた方は対象にはなりません。

保険料の計算事例

【単身世帯で、厚生年金(年金収入額201万円)を受給しているケース】

保険料の計算事例の表
 均等割額  所得割額 合計額

 41,096円(2割軽減)

50,352円

91,448円

  • 均等割額は51,371円⇒ 41,096円(2割軽減)・・・<1>
  • 所得割額は2,010,000円(年金収入)-1,200,000円(公的年金等控除額)=810,000円(総所得金額等)                                       ⇒(810,000円(総所得金額等)-330,000円(基礎控除額))×0.1049=50,352円                       ・・・<2>
  • 保険料額は(<1>+<2>)41,096+50,352=91,448円

【単身世帯で、老齢基礎年金(年金収入額79万円)を受給しているケース】

保険料の計算事例の表
 均等割額  所得割額 合計額
 15,411円(7割軽減) なし 15,411円
  • 均等割額は 15,411円(7割軽減)・・・<1>
  • 所得割額は790,000円(年金収入)<1,200,000円(公的年金等控除額)                                                      ⇒0円・・・<2>
  • 保険料額は(<1>+<2>) 15,411円+0円= 15,411円

関連リンク

保険料の納め方

お問い合わせ先
健康福祉部保健医療推進室後期医療福祉課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所1階)
電話番号072-784-8041 ファクス072-784-8124

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。