居合道/伊丹市ホームページ
現在の位置

居合道とは?

「居合道」は剣の理法の修錬を通じた人間形成と、日本文化の伝承を目的とする武道です。

居合道では、日本刀を用い、仮想の敵に対する動作である技(わざ)を稽古します。特徴として、日本刀を鞘に納めた状態から敵の攻撃に対処する点が挙げられます。居合道の技には、古くより伝わる流派の技(古流:こりゅう)と、各派の基本的な形を抜き出し統合した技(全日本剣道連盟居合)があります。

修武館では、古流・伯耆流(ほうきりゅう)居合と全日本剣道連盟居合を稽古しています。

昇段審査

実技と学科があります。

  • 実技では、審判の前で指定された技を演武し、修行の深さを審査されます。
  • 学科では、居合・武道に関する知識を問われます。

兵庫県では、春と秋(例年5月と11月の日曜日)に開催されます。

居合道をするとどうなるの?

居合道の効用

  1. 稽古を通じて、日本的な礼儀作法が身につきます。
  2. 適度に筋肉がつき、足腰が丈夫になります。
  3. 技を正しく抜くことで、姿勢がよくなります。
  4. 仮想敵を意識することで、集中力が向上します。

修武館と伯耆流(ほうきりゅう)

昭和39年、吉澤一喜(よしざわ かずき)先生門下・庭田義穂(にわた よしほ)先生(故人)が伯耆流の指導を始めて現在、平成20年より、庭田先生の下で学んだ近藤健一(こんどう けんいち)先生が指導にあたっています。

稽古内容

指導者

近藤 健一(こんどう けんいち)(教士七段)(きょうしななだん) 【得意技】 抜留(ぬきどめ)・突留(つきどめ)

時間

毎週月曜日・木曜日 20時~21時30分

限られた時間枠で、集中して稽古に励んでいます。

場所

修武館道場

不定期に緑ヶ丘体育館などで稽古することもあります。

月謝

4,000円/月

対象者

年齢・性別は関係ありません。

学生、会社員、主婦、フリーターなど様々です。

定年退職後に始められる方もいます。

スポーツや他の武道の経験がなくても始められます。

必要なもの

(1)道着、袴、帯

(2)模擬刀(もぎとう)

※ 道着は剣道着でも可。

※ 模擬刀につきましては貸し出し致します。

ご自身で揃えられる際の目安

道着、袴、帯:約2万円

模擬刀:3万円~

行事内容

昇段審査

大会・合同稽古会

奉納演武 など

居合道指導者

試合

居合道の試合は、2名の出場者が、真剣または模擬刀を用い、あらかじめ定められた全日本剣道連盟居合と各流派の形、併せて5本を6分以内に演武し、その「修業の深さ」、「礼儀」、「技の正確さ」、「心構え」などを審判員が判定して勝敗を決します。

※出典:全日本剣道連盟 剣道について

※ 試合の形式はトーナメント・集団演武・団体戦などがあります。

道場での流れ・Q&A

道場併設の更衣室で稽古着に着替えます。

20:00 稽古開始、始めの礼、素振り

技の稽古・・・先生が見本を見せた後、みんなで一緒に技を抜きます

終わりの礼

21:30 稽古終了、道場の戸締り、更衣室に戻って着替えます。

Q&A

Q1.真剣を使いますか?

A1.初心者は模擬刀(もぎとう)を使っていただきます。高段者になりますと、真剣を使います。

模擬刀といえども先端は鋭利ですが、周囲に気を配りながら教わったとおりに正しく扱えば怪我をすることはありません。

Q2.体験はできますか?

A2.模擬刀を使った素振り・抜き差しを体験できます。

お問い合わせ

見学や体験、稽古に関する問合せ申込は、電話・ファクス・メールでお願いします。

FAX:(海外から)+81-72-773-1431

(日本国内から)072-773-1431

※ お問い合わせ内容、氏名、連絡先を明記のうえ、送信してください。
※ 入会・見学をご希望の方は、希望する部門(なぎなた・剣道・居合道)もお書き添えください。T

EL:(海外から)+81-72-773-1431

(日本国内から)072-773-1431

※ 月・火・水・金・土 9:00~15:00(祝日を除く、土曜は13:00まで)

メールでのお問い合わせ

inquiry@syubukan.info

必須記入項目…氏名、問い合わせ内容(例:入会、体験についてなど)

※ 任意記入項目…氏名(カナ)、住所、電話番号