現在の位置

柿衞文庫について

京・大坂に近く、酒どころとして経済的にも文化的にも水準の高い町であった江戸時代の伊丹では、俳壇も栄え、文人墨客(ぶんじんぼっかく)の往来もさかんでした。そうした中で蓄積された文化遺産に、岡田柿衞(おかだかきもり)翁(おう)による新たな系統的収集を加えて成立したのが柿衞文庫です。

「柿衞(かきもり)」という名は、江戸時代に伊丹の美酒にひかれて訪れた文人たちが愛でた「柿」の木を「衞(まも)る」というところからつけられたものです。

文政12年(1829年)の10月のことです。漢詩人・学者として有名であった頼(らい)山陽(さんよう)が、同じく学者の篠崎小竹(しのざき しょうちく)、画家の田能村 竹田(たのむら ちくでん)や高橋草坪(たかはし そうへい)らと箕面の紅葉狩をかねて伊丹へ来遊しました。当時、伊丹銘酒として知られた「剣菱(けんびし)」の醸造元坂上桐陰(とういん)家で酒宴が開かれ、その席にみごとな柿―へたの周囲が丸く盛り上がっているので、台柿(だいがき)と呼ばれています―が供されたのです。山陽たちはそのあまりな美味に驚くとともに、岡田家の庭にあるだけのたいへん珍しい柿だと聞き、各々の感興を詩文や画に託したのです。以後、岡田家の当主は「柿園」・「柿陰」など柿に由来する雅号を持ちますが、二十二代の岡田利兵衞は「柿衞」と号したのです。

柿衞翁は明治25年(1892年)伊丹に生まれ、家業の酒造業を継ぐとともに、伊丹町長、伊丹市長の要職を歴任、伊丹市名誉市民となりました。さらに、郷土伊丹の俳人鬼貫や芭蕉を中心とする俳文学の研究にいそしみ、学術研究の資料として多くの貴重な資料を収集しました。

昭和57年(1982年)6月、90年におよぶ多彩な生涯を閉じた翁の遺志により、そのコレクションは財団法人化され、同59年11月に開館し、さらに平成23年11月からは公益財団法人としてスタートいたしました。

文庫の由来となった柿の木は二世柿・三世柿として、毎秋、たわわにみごとな実をつけています。

柿衞文庫について

創設者について

柿衞(かきもり)は伊丹の醸造家で、岡田氏、幼名真三(しんぞう)、利兵衞(りへえ)を襲名。京都帝国大学文学部国文科を卒業。梅花女子専門学校・聖心女子大学などで教鞭をとるとともに、伊丹町長・市長を務めました。

郷土の俳人鬼貫(おにつら)に端を発する俳諧資料の収集は、俳諧史全般へと拡大し、学術研究上必要と認めた真蹟(しんせき)や俳書の蓄積を、現在の(公財)柿衞文庫に遺します。

『鬼貫全集』『俳画の美』ほか多数の著書があり、中でも『芭蕉の筆蹟』は芭蕉筆蹟学の礎を築いた名著です。

ご利用案内

開館時間

午前10時〜午後6時(入館は5時30分まで)

休館日

月曜日(祝日にあたるときはその翌日)

年末年始(12月29日〜1月3日)

展示替え等のため臨時休館することがあります。

観覧料

観覧料

小企画展 一般200円、大学・高校生100円、小・中学生50円

       企画展 一般500円、大学・高校生250円、小・中学生100円

       特別展 別料金となります

      20名以上の団体は割引となります。

各種割引について

兵庫県内在住の小・中学生

ひょうごっ子ココロンカード(県内在住、または県内の学校に在学する小・中学生に配布されているカード)の提示にて観覧料が無料になります。

高齢者

伊丹市・川西市・三田市・宝塚市・猪名川町の4市1町在住者で、60歳以上(但し、土・日・祝日は65歳以上)の方は観覧料半額。受付にて住所・年齢を証明できるものをご提示ください。

障がい者

市内に居住する身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等の交付を受けている方、およびその介護者1名は観覧料半額。受付にて手帳をご提示ください。

※上記割引の併用はできません。減免額の多い割引が適用されます。

ご注意

・決められた場所以外での喫煙、写真撮影は、ご遠慮ください。

・陳列品には手を触れないでください。

・図書館ご利用の際はコインロッカーをご使用ください。

・他の観覧者に迷惑のかからぬよう静かにご覧ください。

柿衞文庫友の会

柿衞文庫友の会で俳諧・俳句の世界を楽しみませんか?

柿衞文庫は、芭蕉をはじめとする古今の俳人にかかわる資料約10,000点を次世代へ伝えるために保存し、多くの方々に楽しんでいただくために広く公開し、俳文学研究に資するため研究活動をすすめている我が国でもユニークな俳諧コレクションです。

よりお気軽に当文庫をご利用いただけるようにと、「柿衞文庫友の会」を設けています。

主な特典

・柿衞文庫の特別展の場合、会員と同伴者1名は無料で、それ以上は団体割引料金で、全館ご覧になれます。

・柿衞文庫の小企画展の場合、会員と同伴者1名は無料で、それ以上は団体割引料金で、ご覧になれます。

・伊丹市立美術館の企画展は、団体割引料金で、ご覧になれます。

・柿衞文庫で行われる各種の講座の受講料が割引となります。(例:専門コースの講座 一般1,500円が500円になります)

・柿衞文庫発行の展覧会図録を年1冊無料でお渡しいたします。その他の刊行物も割引料金で頒布する場合があります。

・研究上特に必要と認められた場合の俳諧・俳句資料の原本の閲覧が、無料となります。

・句会・研究会等に施設の使用が認められた場合、使用料が割引となります。

・「俳諧を訪ねる旅」、各種講演会など柿衞文庫の催しに優先的に参加できます。

・「友の会ニュース」をはじめ、種々のご案内をお送りいたします。

 

会費等

法人会員(各種団体等) 1口 30,000円以上

個人会員(個人) 1口 10,000円以上

振込口座 口座番号:01160-5-8557  

口座名義人:公益財団法人 柿衞文庫

 

入会申込、お問い合わせ

柿衞文庫までお問い合わせください。