俳句のこと/伊丹市ホームページ
現在の位置

俳句って何だろう?(俳句の歴史・「季語」とは?)

俳句の歴史

日本では古くから和歌が盛んで、いろいろな形式の歌が作られてきました。中でも「五・七・五・七・七」の三十一音からなる短歌は、平安時代に貴族たちによって盛んに作られました。有名な「小倉百人一首」におさめられているのも短歌です。

この短歌から室町時代に「連歌」が生まれました。

連歌では、第一句目(五・七・五)を発句といい、特に重要な句とされました。やがて、この発句だけを独立して鑑賞するようになりました。この発句が今の俳句にあたります。

「季語」ってなに?

季節をあらわす言葉のことです。

俳句には普通、一句にひとつの季語が入ります。俳句は音数が限られているので、句の中で表現できることも限られます。そのため、多くの人が共通して季節を感じることができる言葉を句の中に入れて、少しでも表現にふくらみを持たせようとしたのです。