現在の位置

新庁舎整備推進事業

 

 昭和47年に建築され、平成7年の阪神・淡路大震災を経験した伊丹市役所本庁舎は、平成14年に行った耐震診断調査の結果、建築基準法に基づく耐震安全性の40~70%程度の耐震性能であることが明らかとなり、平成22年に庁舎耐震対策について総合的な評価を行った結果、現位置での建替えが最も優位であると判断され、平成33年度~平成42年度の間に検討を行うスケジュールとしていました。

 しかしながら、平成28年4月に発生した熊本地震における当該地域の庁舎等の被災状況を踏まえ、来庁者及び職員等の安全性の確保、庁舎機能の業務継続の重要性に鑑み、スケジュールの前倒しを図り、平成34年度からの新庁舎での業務開始を目指します。

平成30年度の取り組み

伊丹市新庁舎整備工事基本設計中間報告について

本庁舎等の配置計画、平面計画、外構計画、その他設計の計画を含む「伊丹市新庁舎整備工事基本設計 中間報告」及び「伊丹市新庁舎整備工事基本設計 中間報告【概要版】」をまとめました。

・ 伊丹市新庁舎整備工事基本設計中間報告について

伊丹市新庁舎整備シンポジウムの開催について

新庁舎整備に関するこれまでの取り組みや、基本設計の概要をご説明するため、シンポジウムを開催しました。

・ 伊丹市新庁舎整備シンポジウムの開催について

市民ワークショップの開催

「市民に親しまれる庁舎」の建設に向けて、市民ワークショップを開催しました。

・ 新庁舎整備基本設計 市民ワークショップ第1回(平成30年8月4日開催)の様子

・ 新庁舎整備基本設計 市民ワークショップの開催について

伊丹市新庁舎整備工事基本設計の策定

「伊丹市新庁舎整備基本計画」を踏まえ、基本設計を策定していきます。

伊丹市新庁舎整備工事基本設計委託業務に係る公募型プロポーザルの審査結果の公表について

 

平成29年度の取り組み

伊丹市新庁舎整備工事基本設計の策定

 「伊丹市新庁舎整備基本計画」を踏まえ、基本設計を策定していきます。

伊丹市新庁舎整備工事基本設計委託業務の事業者の募集について(終了しました)

 

伊丹市新庁舎整備基本計画の策定

  新庁舎建設にあたり、現庁舎の現状と課題、新庁舎の必要性、備えるべき機能、役割、新庁舎の規模、事業手法等、設計の前提となる整備方針や与条件を整理するとともに、調査・検討を行い、基本計画を策定しました。

  ・ 概要版 (PDF:1.7MB)

  ・ 全編 (PDF:9MB)

    ・ 表紙・目次 (PDF:1.6MB)

    ・ はじめに-第1章 (PDF:1.7MB)

    ・ 第2章-第3章 (PDF:1.3MB)

    ・ 第4章-第5章 (PDF:1MB)

    ・ 第6章-第7章-おわりに (PDF:784.2KB)

    ・ 資料編 (PDF:5.2MB)

策定までの取り組み

スケジュール

 平成34年度からの新庁舎での業務開始を目指します。

新庁舎建設への市民参画

 2022年(平成34年)の開所を目指している新庁舎整備推進事業については、「市民に親しまれる庁舎」となるよう、様々な形で市民の皆さまに参画していただきます。

 詳細はこちら → 市民参画について

これまでの取り組み

 平成28年度までの取り組み → こちら

現在の市役所本庁舎

 現本庁舎の概要や抱える課題について → こちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。