現在の位置

伊丹市内自転車関連事故発生状況

自転車事故発生状況   

令和2年の自転車事故件数   337件発生

 令和元年と比べ、83件の減少

 交通人身事故件数808件のうち、41.7%が自転車が関係する事故

1月から6月の件数

  1月 2月 3月 4月 5月 6月
令和2年 32 31 29 17 17 21
令和元年 20 32 36 39 30 29
平成30年 19 29 31 37 36 39

7月から12月の件数

  7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
令和2年 24 39 27 27 37 36 337
令和元年 34 31 46 35 44 44 420
平成30年 26 37 38 34 29 29 384              

 「交通事故統計」兵庫県警察本部より
 

【減少要因】                                            

令和2年4月、政府より新型コロナウイルス感染症対策にかかる緊急事態宣言が発令され、外出の自粛によって交通量が減り、伊丹市のみならず県全域においても交通事故が減り、それに伴い自転車事故件数も減少したと考えられます。

 

道路形状別発生状況

交差点及びその周辺 約80%発生

 交差点では、信号をまもる

 信号がなくても、一時停止「止まれ」がなくても

  止まって、左右の確認

 

交差点及びその周辺 単路 その他
件数 構成率 件数 構成率 件数 構成率
令和2年 274 81.3% 58 17.2% 5 1.5%
令和元年 329 78.3% 76 18.1% 15 3.6%
平成30年 320 83.3% 58 15.1% 6 1.6%

「伊丹の自転車事故発生状況」伊丹警察署より

 

市内での自転車の主な違反

指定場所一時不停止 令和2年59件

 「止まれ」の標識がある交差点で止まらない違反

交差点安全進行義務違反 令和2年66件

 信号機のない交差点等を通行するとき、他の車両の進行を妨害しないよう徐行する
 交差点内を通行するとき、他の車両や歩行者に注意して、できる限り安全な速度と方法で進行するなどの違反

安全運転義務違反 令和2年32件

「ながら運転」

 携帯電話やスマートフォン等を使用しながらの運転による前方不注意

 傘を差しながらの不安定な片手運転

 運転上必要な周りの音や声が聞こえない音楽を聴きながらの運転

ながら運転  

これらの違反が事故につながっていますので、今一度、交通安全意識を高めての安全利用をお願いします。

 

違反別発生状況の詳細については、下記の伊丹警察ホームページでご確認ください。

 

事故に遭わないために

この季節、日没が早まっております。夕暮れ時と夜間は、車などの運転者から歩行者や自転車が見えづらく、重大事故が増加する傾向があります。外出時には、自転車のライトを早めに点灯し反射材などを身につけ、自分の存在を周囲に知らせましょう。
 

交通ルールを守り、思いやりのある安全運転を心がけましょう。   

                                               

伊丹市内自転車関連事故発生場所は、警察の情報を基に作成しており、実際の発生場所と異なる場合があります。

 

令和3年伊丹市内自転車関連事故発生場所マップ

令和2年伊丹市内自転車関連事故発生場所マップ

令和元年伊丹市内自転車関連事故発生場所マップ

平成30年伊丹市内自転車関連事故発生場所マップ

平成29年伊丹市内自転車関連事故発生場所マップ

平成28年伊丹市内自転車関連事故発生場所マップ

伊丹警察ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ先
都市交通部交通政策室都市安全企画課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所5階)
電話番号072-784-8055 ファクス072-780-3531

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。