現在の位置

伊丹市公共交通会議

検討の背景

 伊丹市では、昭和24年から市営バス事業をスタートさせて以来64年の歴史を有し、今日まで、順次路線の充実を図り、市内全域をほぼくまなく網羅する路線網を整備するなど、市民生活を支える基盤サービスのひとつとして、また、まちづくりの担い手として大きな役割を果たすとともに、伊丹における基礎的な公共交通として発展してきました。

 しかしながら、公営バス事業を取り巻く経営環境は、モータリゼーションの進展や本格的な人口減少時代における超少子高齢化といった人口構造変化の影響を受け、輸送人員の減少傾向に歯止めがかからず一層厳しさを増しています。

 こうした中、交通局においては、伊丹市交通事業経営健全化計画(平成16年度~平成22年度)や交通事業第2次アクションプラン(平成23年度~平成27年度)を策定し、経営改善に取り組んでまいりました。また、伊丹市も一般会計から不採算公共路線補助のほか福祉施策としての高齢者市バス特別乗車証を交付するなど、市の施策として交通局と連携していますが、市の財政も非常に厳しい状況にあることから、これまで以上の財政負担は困難になっています。

公共交通の存在意義

 全国的に、自動車社会の進展、少子高齢化の進行等の影響により、鉄道、バス、タクシーといった公共交通の利用者は年々減少しており、このままの状況で推移すると、公共交通は地域住民の移動手段としての機能を果たすどころか、その存続さえ危うい状況になることが予想されています。
 しかしながら、今後の高齢社会の進行、活力あるまちづくり、環境保全などに適切に対応していくためには、公共交通は極めて有効な手段であり、また、子ども達が公共空間のルールに触れ合える貴重な場として、その維持確保を図る必要性は、これまで以上に高まっています。

本会議のねらい

 こうした状況の中、本公共交通会議では、伊丹市を取り巻く公共交通に関する現状を踏まえ、市と交通局との関わりや、更なる利用促進策について議論し、持続可能な市バス事業とするための方向性や、今後の市政運営、市バス事業の改善に反映するための検討資料をとりまとめていくものとしています。

開催状況

平成24年度は、以下のとおり3回開催しました。

第1回

日時:平成25年2月1日(金) 午後1時30分~午後3時30分
場所:いたみホール 会議室1

第2回

日時:平成25年2月26日(火) 午前10時~午前11時50分
場所:伊丹アイフォニックホール 小ホール1

第3回

日時:平成25年3月29日(金) 午前10時~午前11時30分
伊丹アイフォニックホール 小ホール1
 

検討結果

市営バス事業のさらなる利用促進策についてご議論いただきました。

検討結果報告書(PDF:151.1KB)

お問い合わせ先
都市交通部 交通政策室 交通政策課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所5階)
電話番号072-784-8052 ファクス072-780-3531

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。