現在の位置

街路灯100%LED化の効果検証について公表します

市内街路灯のLED化が完了しました

 伊丹市では、電気料金の削減や二酸化炭素排出量の削減等を目的として街路灯のLED化を実施し、市内約14,000灯の100%LED化が完了しました。事業完了後の1年間におけるCO2、電気代の効果検証を実施したため、ご報告致します。

施工前後

CO2排出量、電気料金の年間削減効果

 平成28年度は平成22年度と比べてCO2排出量を69.9%(約2,000t),年間電気料金を62.7%(約6,600万円))削減することができました。

 CO2削減量は甲子園球場約141個分の面積の森林が吸収する量に相当し、地球温暖化対策に貢献しております。

削減効果

削減効果図表

光熱水費に占める街路灯電気料金の削減効果

 平成28年度の伊丹市全体の光熱水費は約443,300千円でした。もしLEDを導入しなかった場合、削減額約66,600千円を加えた約509,900千円かかる見込みとなり、約13%を削減できたことになります。経常的経費の削減にも大きく貢献しました。

平成28年度削減効果

LED導入は本当にコスト削減につながるの?

 LEDの寿命は約15年程のため、導入前後にかかるコストを15年にわたりシミュレーションしました。LED化に伴いランプ交換が不要になった費用に加え、市民からの問い合わせに対応するための人件費も著しく減少(約2,300件減)し、併せて約1,000万円削減できました。LED化の初期費用は約3億3千万円かかりましたが、その後の維持管理費・人件費の低減により初期費用を約4.5年で回収することができ、導入後の15年間で見れば約6億9千万円の削減となります。

15年間コストシミュレーション

関連リンク

お問い合わせ先
都市交通部 道路室 道路保全課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所5階)
電話番号072-784-8058 ファクス072-784-8138

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。