現在の位置

日本遺産を知ろう いたみアピールプラン推進協議会委員の「菊正宗酒造記念館」見学レポート

「いたみアピールプラン推進協議会」委員が日本遺産『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷 』の関連施設を巡りました。そのレポートを紹介します。
(報告者:いたみアピールプラン推進協議会 松永 三知男)

菊正宗酒造記念館訪問について

令和2年10月21日、令和2年度に日本遺産に認定された『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷 』をより深く理解する為に、神戸市東灘区にある「菊正宗酒造記念館」を訪問しました。

1659年(万治2)に神戸・御影の本嘉納家本宅屋敷内に建てられた酒蔵を、現在の地に移築し、阪神淡路大震災後に、地上2階建ての耐火・耐震構造を備えた建物になり、旧酒造記念館の樹齢400年以上も経た柱や梁が随所に使われ、伝え継がれた「酒造り」の熱い思いを感じさせてくれます。
私は、事前にストーリーの構成文化財一覧表を読み、菊正宗嘉納家が伝える、近世から近代の酒造用具・酒造りの資料・復元された水車小屋・美人画ポスター・木製看板・酒器・一枚板の大看板を実際に見ようと思い入館しました。

エントランスホールには、一枚板の大看板・重ね蔵の模型・美人画ポスター・酒造りの絵図等が展示されており、酒造りの伝統と歴史を感じることができました。

次に、酒造り展示室、国指定重要有形民俗文化財「灘の酒造用具」や所蔵する小道具類が昭和初期まで実際に使われていたものが工程順に展示されていました。

1.会所場→2.洗場(洗米)→3.釜場(蒸米)→4.麹室(麹造り)→5.もと場(もと仕込み)→6.造蔵(醪仕込み)→7.槽場(圧搾)→8.囲場(貯蔵)

会所場は杜氏を筆頭に酒造りに従事する職人が生活した部屋です。

おひつ・ほうろうやかん・羽釜・はっぴ等の展示物を実際に見て酒造り当時の様子を感じることができました。

2. から8.までは酒造り工程です。

踏桶・ごんぶり桶・甑桶・大釜・盛舛・もと卸桶・下駄・かえる・酒槽・細桶等、使用した用具が展示されており、どう使われていたかを想像することによって、酒造りの工程を理解することができました。他に大砲が展示されています。

 

 

明治時代に牛車から船にかわり、西宮の宮水井戸場より船で運ばれ、宮水は浜で大砲に揚水され、馬車や牛車で蔵に運ばれます。大砲は約9石1.8リットル900本(菊正宗容量、普通は約5石です。)です。

酒造前庭には復元された水車(精米小屋)、はねつるべ等があります。2階には酒器が展示されています。

以下、展示解説のパネルと解説より抜粋

 

灘五郷を日本一の酒どころにした要因

〇六甲山から流れ出た川は傾斜のあるまま海に、水車を利用した精米に灘酒の大量生産可能にすることできた。

〇六甲山から流れ出る伏流水はミネラルを多く含み、鉄分の含有の少ない酒造り非常に適した水です。

〇冬の厳しい「六甲おろし」は寒造りに適しています。冬の最も寒い時期に酒の仕込みを行いました。

〇近隣に播州米・備前米大粒の米等良い米の産地がありました。

〇丹波杜氏・但馬杜氏の技術があります。

〇江戸時代は大消費地江戸に酒を船で運ぶのに海に面した灘地方が優位に展開した。

以上6項目を再確認し、また深く知ることが出来ました。

現在はオートメション化され、手造りの酒は少なくなっているそうです。

まとめ

酒造用具を実際に見るなど、展示物や解説により、酒造り当時の風情や街並みを偲ぶことが出来ました。菊正宗では、生もとづくりの心を今に伝えています。蒸米、麹、水を丹念にすりあわせる工程を経て、自然の乳酸菌の力を借りながら手間と時間をかけ、力強い優良な酵母をつくる、古来伝承の生もとづくりをされています。

今回の訪問で、日本酒をテーマにしたストーリーに関連した過去・現在・未来を想像することができ、継続して歴史的魅力や特色について学んでいきたいと感じました。

菊正宗酒造記念館

住所:〒658-0026 神戸市東灘区魚崎西町1-9-1

電話番号:078-854-1029

開館時間:午前9時30分~午後4時30分

休館日:年末年始(2020年12月30日-2021年1月4日)

入館料:無料

詳しくは菊正宗酒造記念館ホームページをご覧ください。

https://www.kikumasamune.co.jp/kinenkan/

『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷 』が日本遺産に認定

日本遺産を知ろう いたみアピールプラン推進協議会委員の「白鹿記念酒造博物館」見学レポート

いたみアピールプラン推進協議会について

お問い合わせ先
都市活力部産業振興室まちなかにぎわい課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所6階)
電話番号072-784-8068 ファクス072-784-8048

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。