現在の位置

高度地区

高度地区とは

建物の高さを規制することにより、日照・通風・採光などを確保し、住環境を保護するものです。
本市では、現在、北側斜線制限の高度地区を定めています。高度地区の種類は3種類で、住居系用途地域と同地域に隣接するその他の用途地域の一部に指定しています。

 

高度地区による高さ制限(PDF:1.2MB)

第一種高度地区

建築物の各部分の高さ(地盤面からの高さによる。以下同じ)は、当該部分からの前面道路の反対側の境界線または隣地境界線までの真北方向の水平距離に0.6を乗じて得たものに5メートルを加えたもの以下とする。(ただし、建築物の高さは10メートル以下)

指定地域

  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域(100/50)

第二種高度地区

建築物の各部分の高さは、当該部分から前面道路の反対側の境界線または隣地境界線までの真北方向の水平距離が8メートル未満の範囲にあっては、当該水平距離に1.25を乗じて得たものに5メートルを加えたもの以下とし、真北方向の水平距離が8メートル以上の範囲にあっては当該水平距離から8メートルを減じたものに0.6を乗じて得たものに15メートルを加えたもの以下とする。(ただし、第二種低層住居専用地域(150/60)については、建築物の高さは12メートル以下)

指定地域

  • 第二種低層住居専用地域(150/60)
  • 第一種中高層住居専用地域(一部を除く)
  • 第二種中高層住居専用地域
  • 第二種住居地域の一部

第三種高度地区

建築物の各部分の高さは、当該部分から前面道路の反対側の境界線または隣地境界線までの真北方向の水平距離が8メートル未満の範囲にあっては、当該水平距離に1.25メートルを乗じて得たものに10メートルを加えたもの以下とし、真北方向の水平距離が8メートル以上の範囲にあっては当該水平距離から8メートルを減じたものに0.6を乗じて得たものに20メートルを加えたもの以下とする。

指定地域

  • 第一種中高層住居専用地域の一部
  • 第一種住居地域
  • 第二種住居地域(一部を除く)
  • 準住居地域
  • 近隣商業地域(80/200)
  • 近隣商業地域(80/300)の一部
  • 商業・準工業・工業地域の一部

お問い合わせ先
都市活力部都市整備室 都市計画課(都市計画グループ)
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所6階)
電話番号072-784-8067 ファクス072-784-8062

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。