現在の位置

ウメ輪紋ウイルス病の発生と対応について

ウメ輪紋病とは

ウメ、モモなどに感染して被害を与える病気で、葉に緑色の薄い部分ができる症状(退緑斑紋)やドーナツ状の輪ができる症状(輪紋)を現すことがあります。

外国では、果実が変形して、収穫量が大きく減少するなどの被害が報告されており、放置すれば、国内の果樹生産に影響する恐れがあります。

また、この病気は、アブラムシが媒介しますので、アブラムシの適正防除をお願いします。

万一、ウメ、モモなどの葉や実などに見慣れない症状が見つかった場合には、速やかに次の問い合わせ先にご連絡ください。

 

農林水産省神戸植物防疫所(国内検疫担当)

電話 078-389-5320

 

発生確認の経緯

平成24年7月、農林水産省神戸植物防疫所による調査で、本市で栽培されていたウメ、モモなどの苗生産園地のウメ苗から、植物防疫法に基づく緊急に防除が必要とされるウメ輪紋(りんもん)ウイルスの感染による植物の病気(ウメ輪紋病)の発生が確認されました。

このウイルスは、ウメ、モモなどに感染して被害を与えるウイルスで、国内では平成21年4月に東京都青梅市で初めてその感染が確認されており、今回兵庫県内で初めて本市で確認されました。

 

本病の特徴

病害名 ウメ輪紋病
病原ウイルス ウメ輪紋ウイルス(Plum pox virus:PPV)
対象植物 ウメ、モモ、スモモなどの核果類の植物

病徴及び被害

ウメでは葉に退緑斑紋や輪紋などを生じ、花弁に薄赤色のふ入り症状を呈することがあります。外国では、モモやスモモなどで果実の表面にややくぼんだ輪紋を生じたり、成熟前に早期落果するなどの被害が報告されています。このウイルスは果実からウメ、モモなどの植物へ感染することはありません。

このウイルスは植物に感染するものであり、ヒトに感染しません。また、果実を食べても健康に影響はありません。

 

農林水産省令により規制対象地域に指定された地区

(大字名)荒牧、荒牧南、池尻、伊丹、鋳物師、梅ノ木、大鹿、大野、荻野、荻野西、奥畑、春日丘、北伊丹、北河原、北園、北野、北本町、行基町、鴻池、御願塚(※)、昆陽、昆陽池、昆陽泉町、昆陽北、昆陽東、昆陽南、桜ヶ丘、清水、下河原、鈴原町、千僧、高台、中央、寺本、寺本東、中野北、中野西、中野東、西台、西野、野間、野間北、東有岡、東野、平松、広畑、藤ノ木、船原、堀池、松ヶ丘、瑞ヶ丘、美鈴町、瑞原、瑞穂町、緑ヶ丘、南鈴原、南本町、宮ノ前、山田

(※)西日本旅客鉄道山陽新幹線以北の地域に限る。

兵庫県における緊急防除の防除区域(地図)

防除区域

農林水産省の「ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の防除について」のページ(外部リンク)

植物防疫所の「ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除について」のページ(外部リンク)

兵庫県ホームページ「ウメ輪紋病まん延防止にご協力をお願いします」(外部リンク)

 

伊丹市の苗木産地 再生への取り組み

 

 

伊丹市の苗木産地 再生への取り組み(PDF:821.1KB)

 

ウメ輪紋病に関する県のお問い合わせ先

  • 兵庫県農政環境部農林水産局農業改良課(電話078-362-9206)
  • 兵庫県病害虫防除所(電話0790-47-1222 )
  • 兵庫県阪神北県民局阪神農林振興事務所(電話079-562-8848) 《現地相談窓口》

 

お問い合わせ先
都市活力部産業振興室 農業政策課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所6階)
電話番号072-784-8050 ファクス072-784-8048

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。