現在の位置

SNSを活用した伊丹市水防図上訓練を官民連携で実施

平成30年台風第21号の被害を再現し、SNS情報の有用性を徹底検証!  (新たな避難行動要支援者の安否確認モデルの運用イメージも検証)

1  目的

 風水害時の初動において、本市が行うべき状況判断、意思決定、役割分担、情報集約及び情報発信について確認を行う事で、水防活動体制に万全を期することを目的とする。
 想定する災害は、平成30年台風第21号における市内各所で停電が発生しライフラインの供給停止に係る情報システムの停止、被災状況が市災害対策本部で情報収集が出来なかった経験や、避難行動要支援者への電話による安否確認の経験を踏まえ、LINE防災チャットボット、SNS(LINE及びTwitter)の情報収集システム(DISAANA/D-SUMM)を効果的に活用した災害対応を含めた訓練を実施しました。

「LINE防災チャットボット」、「DISAANA(ディサーナ)」、「D-SUMM(ディーサム)」のシステム説明は、「8 システム概要説明」をご覧ください。

2  実施日時

2019年5月31日(金曜日) 13時15分~17時30分
 

3 実施場所

伊丹市防災センター(市役所東館) 2階災害対策室及び市内各所(フィールドワーク)
 

4  訓練参加者

伊丹市職員約50名 ほか協力団体

5 協力団体

・ 関西電力株式会社


・ 内閣府SIP「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」「避難・緊急活動支援統合システムの研究開発」「対話型災害情報流通基盤の研究開発」の実施3機関による研究開発チーム

 ・国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)

 ・株式会社ウェザーニューズ(WNI)

 ・国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)

 ・ (協力機関)LINE株式会社

6 訓練概要

(1) SNSを活用した図上訓練

 昨年度の台風第21号の発生を踏まえた図上訓練を実施する。気象状況や停電情報などの外的要因については、当時の状況を使用、「DISAANA(ディサーナ)/D-SUMM(ディーサム)」によるツイッター情報により、どのようにその情報が活用できたか検証を行うとともにLINE防災チャットボットを活用した情報処理訓練。また、関西電力株式会社との情報連携訓練を合わせて実施。

(2)ロールプレイング方式による図上訓練(状況再現)

 昨年度の台風第21号で実際に災害対応した状況再現を訓練課題とし、電話対応、指令書の作成、各対策部への指示、連携、情報共有等をロールプレイング方式にシナリオを展開し、その対応について再検証

(3)LINE防災チャットボットによる災害情報収集訓練

 災害対応や停電発生時の対応などについて、LINE防災チャットボットを活用した情報収集を行い、その情報をD-SUMMでの閲覧を行うことで、今まで実施してきたアナログな情報伝達方法と比較検討し、SNSの情報が有効かつ今後の災害に生かすことが出来るか検証


(4) 新たな避難行動要支援者の安否確認モデル事業の運用イメージ検証訓練。

 LINE防災チャットボット×D-SUMMを活用した、新たな避難行動要支援者の安否確認のモデル事業の取り組みに向けた検証を実施。この訓練では、市職員が仮想要支援者として、LINE防災チャットボットを通じて安否確認を実施しD-SUMMで集計し、集計イメージと活用方法を検討する運用イメージ検証訓練を実施。

7 訓練のSNS活用イメージ


 SNS活用イメージ

 

8 システム概要説明

LINE防災チャットボット×D-SUMMを活用した、新たな避難行動要支援者の安否確認の取り組みについて(伊丹市モデル事業)

 本訓練のうち、「LINE防災チャットボット×D-SUMMを活用した、新たな避難行動要支援者の安否確認」については、内閣府SIP「国家レジリエンス(減災・防災)の強化」事業※1の一環として開発されているLINE防災チャットボット及びNICTのD-SUMMを活用した、伊丹市発の新たな安否確認モデル事業として、官民連携で研究開発を進める予定です。この事業は、SIPと連携することで、伊丹市モデルが軌道に乗れば、全国的な普及も視野に協力・研究しています。

 

 

 

さらに詳細が知りたい方は、下記の資料をご覧ください。

新たな安否確認モデル(PDF:1.7MB)

お問い合わせ先
総務部危機管理室
〒664-8503伊丹市千僧1-1伊丹市防災センター(伊丹市役所東館)
電話番号072-784-8166 ファクス072-784-8172

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。