現在の位置

台風シーズンに備えよう

 7月から10月は、台風や梅雨前線の影響で、大雨・洪水・暴風による自然災害が発生しやすい時期です。最新の気象情報を入手するなど、早めの防災行動を取りましょう。
 また、家庭内でいざという時の対応について話し合い、家庭内備蓄や非常持出し品、避難所なども事前に確認しておきましょう。

風水害に備える

風水害に備えるために必要なことは次の通りです。

側溝などのゴミの除去

 道路の側溝や雨水ますにゴミが詰まると雨水が流れにくくなり降雨時に溢れます。日ごろからゴミなどを取り除き清掃をしておきましょう。

非常用持ち出し品などの常備

 停電や水道の断水などに備えて、懐中電灯や予備の電池、携帯ラジオ、食料や飲料水などを準備しましょう。

風で飛ばされやすい物などは移動を

 家の周りの飛ばされやすい物は家の中に入れましょう。浸水が心配される地域では土のうを用意し、貴重品や家電などは高い場所へ移動させましょう。

洪水浸水想定区域の確認を

 河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域「洪水浸水想定区域」について、市はホームページと防災マップ&市民べんり帳を公表しておりますので確認しておきましょう。

洪水浸水想定区域を見直しました

 県は、水害による被害の軽減を図るため、県が管理する河川(武庫川など)について、6月に想定区域を見直しました。

兵庫県が所管する河川の想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域図(兵庫県)

集中豪雨に注意

 集中豪雨は、積乱雲の発達が数十分単位で変化するため、予測することが困難です。十分注意し、万全の対策を取るようにしましょう。
 また、河川の氾濫や内水氾濫による浸水被害の可能性があり、これらの災害は一気に起こるため、避難が遅れると命にかかわりますので、早めの避難行動を取ることを考えましょう。
 内水氾濫など避難所までの移動が危険な場合は、自宅や近隣の建物の高い所へ移動(垂直避難)するなど、安全確保に努めましょう。

 

お問い合わせ先
総務部 危機管理室
〒664-8503 伊丹市千僧1-1伊丹市防災センター(伊丹市役所東館)
電話番号072-784-8166 ファクス072-784-8172

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。