現在の位置

20万人市民 いたみまるごと 防災訓練( 緊急メール一斉送信 )

訓練は無事、終了しました。ご協力ありがとうございました。
 


 

訓練参加表明フォーム(ここをクリック!!)

訓練メイン会場スケジュール(ここをクリック)(PDF:918.7KB)

 

1月24日 確定    参加表明者数  50、559人  (5万人を突破!)
皆様からの参加表明をお待ちしております。

訓練参加リスト(PDF:534.3KB)

シェイクアウト

   これがシェイクアウトだ!!

正面玄関 横断幕

    正面玄関前 横断幕設置

消防防災航空隊

    消防防災航空隊(イメージ)

消防隊

     消防隊(イメージ)

 
 南海トラフ巨大地震の発生に備えて、市内全ての家庭、自治会、自主防災会、学校、事業所など、全市民が一斉に防災行動を展開する”20万人市民 いたみまるごと防災訓練”を実施します。20万人の全市民がそれぞれの立場で参加し、防災意識を高めることを目的としており、市のさらなる防災力強化を目指します。
 この訓練は、屋外拡声器、学校等緊急放送設備、FMいたみ、いたみメール、エリアメール、緊急速報メールによって市内全域に地震発生を伝達し、これを合図に開始します。

日時 

平成28年1月24日(日曜日)午前10時~

想定

南海トラフ巨大地震の発生(マグニチュード9.1、震度6弱)

 

訓練の詳細(リーフレット)(PDF:716.2KB)

訓練への参加表明を募集しています

 この訓練は、20万人の全市民がそれぞれの立場で参加し、防災意識を高めることを目的としています。「メールの着信音を確認する」「身を守る行動をとる」「訓練を見学する」など出来る範囲で参加して下さい。
 ご参加いただける個人・団体の方は下記の「訓練参加表明フォーム」、または危機管理室まで連絡をして下さい。

訓練参加表明フォーム

訓練内容

スワンホールと昆陽池公園をメイン会場に、市内の様々なところで実施

スワンホール(10時15分~11時40分)
・地域住民を避難者役として避難所開設運営訓練(HUG)を行います。また、自衛隊
による炊き出しや、非常食の配布も行います。

避難所開設運営訓練(PDF:371.2KB)


昆陽池公園(11時40分~12時20分)
・消防と警察、消防防災航空隊(ヘリコプター)が多目的広場で救出着陸訓練を行います。 
 着陸後はヘリコプターを近くで見学していただけます。
 ※離発着時には一時的に交通規制を行います。


その他の訓練
・要援護者安否確認訓練(鈴原小学校地区)
・災害情報伝達訓練(防災センター)
・シェイクアウト訓練、避難訓練(市立小中学校)※直近平日(1月22日)に実施
・多数傷病者受入訓練(市立伊丹病院)
・全小学校における避難所開設訓練(17小学校)
・福祉避難所開設訓練(アイ愛センター他)
・応急給水訓練、物資調達・搬送訓練(昆陽池公園)
・モデル校での避難訓練(松崎中学校)
・マンホールトイレ設置訓練(笹原公園)
・被災調査・応急復旧訓練(市内各所)
※訓練内容は予告なく変更する場合があります。雨天決行。荒天中止(市ホームページでお知らせします)

いたみまるごと防災訓練に合わせ 阪神間7市1町で一斉メール配信訓練を実施≪初≫

 1月24日(日曜日)午前10時ごろ、阪神間(伊丹市・西宮市・尼崎市・芦屋市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町)にいる人の携帯電話・スマートフォンがマナーモードにしていても一斉に着信音が鳴ります。 (※対応機種のみ)  
※鳴らしたくない場合は電源をお切りください。

目的

・エリアメール、緊急速報メールの周知
・災害初期行動について考える「きっかけ」とし、防災意識を高める

エリアメール・緊急速報メールとは

 エリアメール(NTTドコモ)・緊急速報メール(au , softbank)の携帯ユーザーに対して、災害情報等を一斉配信するサービスです。
 エリアメール・緊急速報メールの受信者は該当機種をご使用であれば、申込不要、月額使用料や通信料は無料ですが、携帯電話の設定が必要となる場合があります。
 気象庁の発表する緊急地震速報や国・地方公共団体の発表する災害・避難情報等を特定のエリアの携帯電話に一斉配信する携帯電話会社のサービスです。

エリアメール・緊急速報メールについて(PDF:165KB)

お問い合わせ先
総務部 危機管理室
〒664-8503 伊丹市千僧1-1伊丹市防災センター(伊丹市役所東館)
電話番号072-784-8166 ファクス072-784-8172

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。