現在の位置

竜巻から身を守るために

竜巻とは

竜巻とは、積乱雲や積雲に伴って発生する強い上昇気流をもった激しい渦巻きのことをいいます。

雲の底からたれ下がるように、漏斗状や柱状の雲(漏斗雲)ができ、海面や地面から巻き上げた水滴やちりや砂などが尾のように立ち上がり、これらが繋がって、漏斗状の雲の軸がまっすぐ、または曲がりくねった形で見えます。

竜巻の中心付近は周りよりも気圧が低く、そのため地表付近では竜巻の中心に向かってらせん状に風が吹き、中心に近づくほど急速に風が強くなっていき、上昇気流となって周囲の空気や物を巻き込みながら移動していきます。

※ 台風や寒冷前線、寒気の流入など、局地的に大気の状態が非常に不安定な場合に多く発生しています。
※ 竜巻やダウンバーストなどによる激しい突風が予測されるときには、気象庁より「竜巻注意情報」が発表されます。

竜巻注意情報とは

竜巻注意情報とは、「今まさに竜巻などの激しい突風の発生しやすい気象状況になっている」と判断された場合に、気象庁より県単位で発表される情報です。

発表の中では、いつまで注意が必要かも明記しています。

「竜巻注意情報」が発表されたときの注意事項

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなど、安全確保に努めてください。また、人が大勢集まる屋外行事のように、避難に時間がかかると予想される場合には、気象情報や雷注意報にも留意し早めの避難開始を心がけてください。

次のような状況になると、竜巻の発生するような発達した積乱雲が近づいてきている可能性があります。

  • 真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる
  • 雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする
  • ヒヤッとした冷たい風が吹き出す
  • 大粒の雨や「ひょう」が降り出す

竜巻が迫ってきた時の避難行動

屋外

  • 頑丈な構造物の物陰に入って、身を小さくする
  • 物置や車庫・プレハブ(仮設建築物)の中は危険です

屋内

  • 家のシャッターを閉める
  • 窓やカーテンを閉め、窓から離れる
  • 家の1階の窓のない部屋に移動する
  • 丈夫な机やテーブルの下に入るなど、身を小さくして頭を守る

その他

気象庁のページ (外部リンク)

お問い合わせ先
総務部 危機管理室
〒664-8503 伊丹市千僧1-1伊丹市防災センター(伊丹市役所東館)
電話番号072-784-8166 ファクス072-784-8172

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。