現在の位置

伊丹市災害時要援護者避難支援制度について

伊丹市災害時要援護者避難支援制度とは

地震等の大規模災害が発生した時には、被害状況や人的体制の問題から、行政の公的支援活動が制約されることも予想されます。

災害発生初期に、要援護者(地域におられる自力での避難が困難な方)の安否確認や初期避難について、地域住民のみなさんで助け合っていただく制度です。

要援護者お一人につき、近隣の地域住民の中で支援協力員お二人をあらかじめ決めていただき、災害時に要援護者の安否の確認をしていただいたり、避難所に一緒に避難していただくなどの支援をお願いしています。

伊丹市災害時要援護者避難支援制度のイメージ図

※現在、稲野、摂陽、鈴原、神津、桜台、池尻、昆陽里の7小学校区で立ち上げが行われています。
 また、自治会ごとに立ち上げを行っている地域もあります。                        

※このしくみは、あくまで地域の助け合いで、支援協力員の方に責任を課すものではありません。

災害時要援護者とは

災害が発生した時に自力で避難することが難しい方、
たとえば、

  1. 概ね65歳以上である高齢者で常時お一人で生活されている方
  2. 障がいをお持ちでご家族による支援を受けることができない方
  3. その他、何らかの理由により避難支援を必要とする方

支援協力員の活動とは

 災害の発生初期に、要援護者の安否確認や避難誘導等の支援にあたっていただきます。

支援協力員の活動のイメージ図

緊急告知FMラジオについて

災害時に、避難等の災害に関する正確な情報をいち早く入手していただくために、制度に申し込まれた要援護者・支援協力員の方々に対して、緊急告知FMラジオを無償貸与いたします。

緊急告知FMラジオの写真

ラジオの特長

  • 避難勧告や避難指示などの災害情報にかかる緊急放送時には、電源がオフとなっていても自動的に起動し、大音量で放送を聴くことができます。また、その際にはライトが点灯します。
  • 停電時などの暗闇で、ライトとして利用できます。
  • ラジオの受信局は「FMいたみ」のみです。

テスト放送について

毎月1日の12時30分(元旦は除く)より、自動起動テストを行っています。本体の充電をしたうえで、電源がオフであってもラジオが起動するかご確認をお願いしています。

お問い合わせ先
総務部 危機管理室
〒664-8503 伊丹市千僧1-1伊丹市防災センター(伊丹市役所東館)
電話番号072-784-8166 ファクス072-784-8172

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。