現在の位置

政策目標3 にぎわいと活力にあふれるまち

政策目標3の説明図

これからは個性と魅力のある創造的なまちづくりによって都市の活力を高めていく時代です。

農業、工業、商業などの産業をはじめ芸術文化や歴史、景観や環境、福祉など、さまざまな事業活動や市民活動が連携し、空港をはじめとする地域資源を最大限に活用することにより、伊丹の魅力、強み、にぎわい、新たな仕事などを生み出す仕組みづくりを進めます。また、その担い手となる意欲を持った人材や団体などを支援します。同時に、市民、事業者が主体となって伊丹の魅力を発信して来訪者を誘引し、交流を深めながら、社会的・経済的活力を高めます。

施策目標1 個性とにぎわいあるまちづくり

市民や事業者、市が、地域資源を最大に活かしながら、伊丹の魅力と個性を全国に向け発信する「都市ブランド戦略」を推進します。ともに体験し共感する中で、市民が伊丹のまちを誇りと自信と愛着を持って支え、「住みたい・訪れたいまち」をつくります。

これまでの歴史や集積された都市機能を活用し、利便性に優れた、歩いて暮らせ、歩いて楽しい、質の高い中心市街地のまちづくりに向け、市民・事業者などの力を中心としてイベントや魅力ある商業機能の拡充などを通じて活性化事業を推進します。

地域の歴史・文化に根差した多彩な事業を各関連団体と市民が協働して実施するとともに、文化財の活用にも取り組み、学術・地域振興の両面から情報発信を拡充していきます。

また、市民の活発な文化・芸術活動を、市民生活のうるおいとまちの個性・魅力を醸し出す地域資源として発展させるとともに、市民とまちが創造性を強く発信できるまちづくりを目指します。

施策目標2 活力ある地域産業の振興と創出

商業、工業、サービス業など産業を振興するため、時代の変化に対応できる意欲と競争力のある事業者を育成、支援、誘致します。また、伊丹の強みや魅力を発揮できるよう事業者間の交流や連携を進め、地域内経済循環に視点を置いた産業活性化の方策を検討します。

農業の担い手を支援し、農業者と消費者の「顔が見える」安全・安心で伊丹らしい都市農業を守り育てます。市民農園、体験農園などの整備拡充や市民と農業者の交流事業などを通じて、市民が広く親しみ支える「農」を活かしたまちづくりを進めます。

就業機会の拡大と創出のために、情報提供、啓発、相談や職業能力向上への取り組みなどを国、県等と連携して行います。だれもが働きやすい環境づくりと勤労者福祉の向上を図ります。また、市民力・地域力による地域雇用創出を誘導するとともに支援します。

施策目標3 空港を活かしたまちづくり

国内でも有数の利便性が高い空港は大切な地域資源として重要な役割を果たしています。「大阪国際空港と共生する都市宣言」を基本方針として、引き続き国が責任を持って、安全・環境対策には万全を期すことを前提に、空港機能の活用や空港へのアクセス改善などを図ります。

空港周辺に整備された施設等も含め、全国各地からの交流拠点である空港を地域資源として、地域との調和を図り、最大限に活用したまちづくりを進めます。空港の様子のイラスト

 

お問い合わせ先
総合政策部 政策室
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所2階)
電話番号072-784-8007 ファクス072-784-8008

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。