現在の位置

政策目標2 未来を担う人が育つまち

政策目標2の説明図

子どもが心豊かに育ち、若者がいきいきと活躍するまちづくりのために、子どもの最善の利益を尊重し、家庭を原点に地域など社会全体で子どもの「育ち」を支える環境づくりを進めます。

豊かな人間性を育み、確かな学力を付ける学校教育と、若者が生きがい・働きがいを持って社会に参画するための支援を充実します。すべての世代が自尊感情を持って社会の中で自己実現ができるよう、生涯にわたる学びを支援し、まちの活力と未来を支える人材の育成を図ります。

施策目標1 子ども・若者・家庭・地域がともに育ちあう環境づくり

乳児、幼児、児童といった子どもの個々の成長と発達に応じて、保健、医療、福祉、教育などが連携してきめ細やかに支援します。また、就学前の子どもの保育や幼児教育の充実を図ります。

市民が安心して子どもを産み、子育ての喜びが実感できるよう支援を充実するとともに、子育ての大切さが広く理解されるよう啓発を進めます。家庭、地域、学校、事業者、行政などがそれぞれの立場で役割を担いながら、社会全体で子どもを育み、子育てを支援する環境づくりを進めます。

子どもが健全に成長する環境づくりとともに、社会生活を営む上で困難を有する子ども・若者への支援に取り組みます。

施策目標2 子どもの生きる力を育む魅力ある学校教育

国際化、情報化など変化の激しい社会の中で、一人ひとりが自立し、志を抱いて自らの夢の実現に向けて、自己の可能性を切り拓いていくため、確かな学力、豊かな人間性、健康・体力のバランスのとれた「生きる力」を育む学校教育を推進します。そのため、教職員の資質の向上を図り、あわせて家庭での学習習慣の確立への取り組みを行います。また、伊丹ならではの「ことばと読書を大切にする教育」を推進し、子どものことばに対する感性を磨き、豊かな表現力や優れたコミュニケーション能力を育てるとともに、ことばを通して考えを深める子どもを育てます。

生き方や思いやり、命を大切にする道徳教育などの心の教育や体力づくり、食習慣・生活習慣の改善の支援に取り組み、心豊かなたくましい伊丹っ子の育成を目指します。

地域住民の学校支援や学校運営への参画を進めるとともに、地域の教育環境づくりや子どもを守る地域ネットワークの構築など「地域が誇れる学校」づくりを行います。

施策目標3 ライフステージごとに学び活躍する人づくり

社会教育施設や地域の文化遺産をはじめとする「学び」の資源を活用して、市民の主体的な学習や自主的な活動を支援します。これらの学習や活動を世代や地域を越えたネットワークへと広げる中で、まちづくりに積極的に参画する人づくりを進めます。

伊丹のまちを一つの大きな図書館とする「伊丹・本の杜」構想の実現に向け、「ことば」に気軽にふれあい、大切にする環境を整備します。

子どもから高齢者まで幅広い年齢層の市民が、身近にスポーツ活動に取り組み、健康の保持・増進や体力の向上を図りながら仲間づくりのできる、元気でいきいきとした地域づくりを進めます。また、地域資源を活かした特色あるスポーツの普及を図り、とりわけ伊丹の地域資源の一つである伝統のなぎなた競技の裾野を広げ、その魅力を強くアピールしていきます。

保育の様子

お問い合わせ先
総合政策部 政策室
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所2階)
電話番号072-784-8007 ファクス072-784-8008

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。