現在の位置

両替の難しい海外通貨の購入にご注意を!

平成23年10月15日号広報伊丹掲載

事例

数日前、業者から「預貯金よりも利率の良い話がある」と、電話がかかってきた。

興味があったので、昨日、業者を自宅に呼んだ。

「アフガニスタンのお金を持っておくと、将来、政情が安定したときにお金の価値が上がり、今よりももっと高く買い取ってもらえる」

「1000アフガニ20枚を100万円で両替する」

との業者の説明を聞いて、了承した。

手元に100万円がなかったので、業者に言われるまま、一緒に銀行へ行き、100万円を用意した。

帰宅後、両替書に記入した。

業者は、持参した封筒に、アフガニ紙幣と両替書を入れ封をした。そして、「半年ぐらいは開封せずにこのまま置いておくように」と言い、帰った。

しかし、よく考えるとおかしな話なのでやめたい。どうしたらいいか。

(70歳代女性)

助言

貨幣はクーリングオフの対象外です。

消費生活センターで、中身を確認するために、相談者に封筒を開けてもらうと、両替書には業者の自主的なクーリングオフの記載がありました。

そこで、業者あてにクーリングオフのはがきを出すように助言したところ、後日、全額返金されました。

事例の場合、業者の言うとおり開封せずに、封筒を半年間、放置していたら、クーリングオフの記載に気がつかないおそれがありました。

中東の紙幣は日本での両替が非常に困難です。

なお、1000アフガニは、2011年9月14日現在、1587円の価値です。

その他、スーダンポンド、イラクディナールなどについても、同様の相談があります。

トラブルにあわない為に、次のことに注意しましょう。

  • 安易な儲け話などを信じない。
  • 必要のない勧誘ははっきりと断る。
  • お金はすぐに支払わない。
  • 書面の内容はすぐに確認する。
  • 一人で考えず周りの人に相談する。
お問い合わせ先
市民自治部まちづくり室 消費生活センター
〒664-0895 伊丹市宮ノ前2丁目2番2号伊丹商工プラザビル1階
電話番号072-772-0261 ファクス072-775-3811

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。

契約トラブル関係