現在の位置

子どものオンラインゲームトラブル

平成29年6月15日号の広報伊丹に掲載

事例

クレジットカード会社から利用料金が30万円を超えていると連絡があった。
驚いて家族に確認したところ、中学2年生の息子が、勝手に父親のクレジットカード番号を入力してスマートフォンのオンラインゲームでアイテムを購入していることがわかった。
支払わなければならないか。 (40代 女性)

請求書を見て驚く女性のイラスト

助言

消費生活センターから息子本人に聞き取りをしたところ深く反省していました。
相談者に、ゲーム会社とカード会社などに経緯を伝え、未成年者契約の取り消しを申し出るように助言しました。

未成年者が法定代理人(親権者など)の同意を得ずに小遣いの範囲を超える契約をした場合は、原則として、契約を取り消すことができます。しかし、成人であると嘘をついたり、法定代理人の同意を得ていると偽ったりした場合は、取り消すことができません。オンラインゲームでは、実際に未成年者が利用したことの証明が難しいことや、既に購入したゲームやアイテムを利用していることなどから、必ずしも契約の取り消しに応じてもらえるとは限りません。
また、一般的なクレジットカードの会員規約では、カードを本人以外の人に貸したり、使用させたりすることを禁止し、適切に管理しなければならないと規定されているため、カードの管理責任を問われる可能性もあります。 

 

トラブルを防ぐために

  1. 子どもが利用する機器やゲームの仕組みなどを理解し、保護者が利用を制限する機能(ペアレンタルコントロール)を活用する。
  2. 課金する場合は「必ず保護者に相談する」など、ルールを決める。
  3. 過去に入力したカード情報がそのまま利用可能になっていないか確認する。
  4. クレジットカードは、子どもの目につかない場所に保管する。
  5. 利用明細は毎月必ず確認する。など

 

 

お問い合わせ先
市民自治部まちづくり室 消費生活センター
〒664-0895 伊丹市宮ノ前2丁目2番2号伊丹商工プラザビル1階
電話番号072-772-0261 ファクス072-775-3811

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。