現在の位置

市役所など公的機関をかたる電話にご用心!

平成27年2月15日号の広報伊丹に掲載

公的機関をかたり、
「医療費の還付金がある」などと、突然電話をかけて、お金をだまし取ろうとする「還付金詐欺」が毎年のように発生しています。
また、「個人情報の削除」などに関する電話があったという相談も全国的に急増しています。
主な手口を紹介しますので、絶対にだまされないでください。

事例

1.市役所の職員を名乗って電話があり、
「払い過ぎの健康保険料が23300円ほどある。還付申請書を送ったが届いているか」と言われた。
申請書を受け取った記憶がなかったので、
「保険料が引落される銀行口座に振り込んで欲しい」と伝えた。
その後、再び男性から電話があり、
「今日なら近くまで行くので手続きできる」と言われた。
不審に思ったので、市役所に確認したら嘘だと分かった。

2.消費生活センターを名乗って電話があり、
「あなたは通販会社3社に個人情報が登録されている。2社は解約できたが、1社だけ解約できなかったので買い取った。明日、別の者から電話があるのでお礼を言って欲しい」と言われたが、通販は利用していない。

助言

市役所など公的機関が、還付金のことで、突然皆さんに電話をかけたり、職員が出向いたりすることはありません。
スーパーなどの銀行ATMに行くようにお願いすることも絶対にありません。
また、消費生活センターから、相談されていない方に突然電話することはありません。

公的機関をかたり、
「還付金がある」「個人情報を削除してあげる」などという電話は詐欺です。
相手にせず、すぐに電話を切りましょう。
不安な時は、消費生活センターに相談してください。

電話を受けて驚く女性

お問い合わせ先
市民自治部まちづくり室 消費生活センター
〒664-0895 伊丹市宮ノ前2丁目2番2号伊丹商工プラザビル1階
電話番号072-772-0261 ファクス072-775-3811

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。