現在の位置

ハガキによる架空請求にご注意を!

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと書かれたハガキが自宅に届いたという相談が、多数寄せられています。
 差出人は「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」や「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」などと記載されていました。
 「給与等の差し押さえ」や「財産の差し押さえ」を強制的に執行するなどと不安をあおる内容で、訴訟取り下げ最終期日が書かれており、本人からの連絡を求める内容になっています。
 
 これらのハガキは、法務省をかたった架空請求です。
 このようなハガキが届いても、ハガキに書かれている電話番号には絶対に連絡しないでください。
 電話をかけてしまうと、さらに個人情報を聞き出され、お金を支払うよう誘導されてしまいます。

 ご自身での判断が難しい時や、不安なときは、すぐに消費生活センターへご相談ください。

 

架空請求ハガキの見本

独立行政法人国民生活センター「利用した覚えのない請求(架空請求)が横行しています」

見守り新鮮情報310号「架空請求心あたりのない請求は無視」(PDF:233.2KB)

法務省「法務省の名称等を不正に使用した架空請求により被害が発生しています」

お問い合わせ先
市民自治部まちづくり室 消費生活センター
〒664-0895伊丹市宮ノ前2-2-2伊丹商工プラザビル1階
電話番号072-772-0261 ファクス072-775-3811

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。