現在の位置

平成20年5月1日の住民基本台帳法、戸籍法一部改正

住民基本台帳法、戸籍法の一部改正に伴って、住民異動届出時における本人確認の厳格化と、各種証明の請求者が限定されます。

何卒、ご理解のほど、よろしくお願い致します。

住民異動届提出時について

本人提出時

なりすましや虚偽の届出を防止するために、窓口に来られた方は運転免許証、パスポート(旅券)保険証等の本人確認書類の提示が必要となります。

代理人・使者

原則代理人や使者の方については、委任状などの書面により代理権限を確認させていただきます。あわせて、代理人・使者の方についても本人確認書類の提示が必要になります。

委任状用紙(WORD:20KB)

本人確認書類を提示していただく際、複数の書類を確認させて頂く場合があります。

住民票の写し・戸籍謄抄本等・諸証明の請求について

(1)   住民票の写し・諸証明について

請求できる方・・・原則本人もしくは、同一世帯人の申請になります。

(2)   戸籍謄抄本等について

請求できる方・・・原則戸籍に記載されている方、又はその配偶者、直系の親族

上記いずれの場合も、(1)及び(2)の請求できる方に該当する方々の申請を使者・代理人が申請する場合には、委任状などの書面により代理権限を確認させていただきます。

委任状用紙(WORD:20KB)

また、上記の(1)及び(2)の請求できる方以外の方が請求される際には、正当な理由を明示・提示していただく場合がございます。

各種証明書請求の際は、現行どおり本人確認書類の提示が必要となります。

本人確認書類の例

運転免許証・パスポート(旅券)・健康保険証・住民基本台帳カード・年金手帳・介護保険証・社員証・学生証・定期券・預金通帳・キャッシュカード・病院の診察券等

お問い合わせ先
市民自治部まちづくり室 市民課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所1階)
電話番号072-784-8038 ファクス072-780-2451

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。