現在の位置

池部会

活動について

 昆陽池の一部を区切った「オニバス池」で、貴重種オニバスの保護・増殖を行っています。また昆陽池の周辺に、池の原風景であるヨシ原を再生しようとしています。
 活動は月1回程度です。

オニバスとは

 スイレン科に属する大型の水草で、葉は直径2mを超えるものもあります。8月末頃には、3~5cm程の小さな紫色の花を咲かせます。古くから日本で親しまれてきた水草ですが、生息地が減少しており絶滅が心配されています。

オニバスの花

オニバスの花

オニバス

水面に葉を広げるオニバス

オニバスの保護活動

 伊丹市のオニバスは、2002年に鴻池地区の西池・黒池で確認されたのを最後に姿を消してしまいました。池部会では、池に残っていた種を育てて数を増やし、昆陽池公園内「オニバス池」で復活させようとしています。
 外来生物対策をはじめとする試行錯誤の結果、2010年頃から、多くの年でオニバスが花を咲かせるようになりました。例年8月末頃には、観察会を実施しています。

オニバスの種まき

種まきの準備

オニバスの観察会

オニバス観察会のようす

外来生物対策について

 外来生物がオニバス保護の障害になっています。アカミミガメ(ミドリガメ)やアメリカザリガニは、オニバスの種を食べたり、芽を切ってしまいます。また、外来水草のアゾラやナガエツルノゲイトウは繁殖力が強く、オニバスが育つ場所を奪います。
 池部会では、オニバスの周囲をネットで囲ったり、外来水草をこまめに取り除いたりすることで、外来生物による被害を減らそうとしています。

オニバス保護ネットの設置

オニバスの周りにネットを設置し、カメやザリガニの侵入を防ぎます

アゾラの除去

オニバス池を覆ったアゾラを取り除きます

ヨシ原の再生について

 昔の昆陽池周辺には、ヨシの草原が広がっていました。昆陽池の原風景であるヨシ原や、かつてヨシ原に住んでいた多くの生物を取り戻すため、池の周囲にヨシを植える活動を行っています。ヨシには、池の水を浄化する効果も期待されています。

ヨシ植え

昆陽池のほとりにヨシを植えています

成長したヨシ

大きく成長したヨシ

ご支援・ご協力

 この活動には、現在、尼崎信用金庫の2支店(桜台支店・鴻池支店)と兵庫県立伊丹北高等学校自然科学部のご参加およびご協力をいただいています。

お問い合わせ先
市民自治部環境政策室 みどり自然課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-780-3521 ファクス072-784-8149

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。