現在の位置

森部会

活動について

昆陽池公園内の野鳥の島(日本列島)で、カワウによって枯れてしまった樹林の再生(森づくり)や池周辺の樹林帯での里山景観の創出に取り組んでいます。
活動は月2回程度、昆陽池公園を中心に行っています。

地域産苗木による森づくり

地域産苗木とは、伊丹に残る古木や周辺の山々から樹木の種子を採取し、育成したものです。
現在、昆陽南公園の苗圃で育成しています。
今後は、育成した苗木を昆陽池公園をはじめ、市内の公園などに植栽することで、より良い自然を残していきたいと考えています。
この活動には、住友電気工業株式会社伊丹製作所の参加およびご協力をいただいています。

Q なぜ、市内や周辺の山々に限定して種子を採取しているの?

A 郷土の遺伝子をもった樹木を集めているから。
  もともと地域にあった特有の植物(在来植物)で、森をよみがえらせようとしているよ。

地域産苗木

地域産樹木の苗木を育成中

苗の鉢上げ作業

苗をポットに鉢上げしているところ

成長した苗木が若い森を形成

成長した苗木が若い森を形成

移植した苗木

移植した苗木の周りを除草

お問い合わせ先
市民自治部環境政策室 みどり自然課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-780-3521 ファクス072-784-8149

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。