現在の位置

「猪名の笹原モデル園」

「猪名の笹原モデル園」について

「猪名の笹原」は、かつて伊丹市周辺に広がっていたと伝えられる草原です。小倉百人一首に選ばれた和歌

有馬山 ゐなのささ原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする
(大弐三位(だいにのさんみ;紫式部の娘))

などによって全国に知られる名勝でした。

市では、古き伊丹の風景をイメージでき、生物多様性への関心を高める場所となることを期待して、兵庫県立大学 服部 保 名誉教授のご指導および、「兵庫県立人と自然の博物館ジーンファーム」のご協力のもと、瑞ケ池公園内に「猪名の笹原」モデル園(約200平方メートル)を整備しました。
また、伊丹市役所本庁舎横にも、約20平方メートルのモデル園を整備しています。
 

「猪名の笹原モデル園」パンフレット(PDF:11.6MB)

瑞ケ池公園内「猪名の笹原モデル園」

瑞ケ池公園内「猪名の笹原モデル園」

伊丹市役所本庁横「猪名の笹原モデル園」写真

伊丹市役所本庁舎横「猪名の笹原モデル園」

「猪名の笹原」の植生

歴史的資料や植生調査などから、「猪名の笹原」はススキ-ネザサ群集による草原であったと考えられます。草原の合間には、ハギ類やカワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウなどの秋の七(くさ)をはじめ、スミレ、ヒガンバナ、チガヤ、ヒオウギといった万葉植物や、ユウスゲ、ワレモコウ、ツリガネニンジン、ホタルブクロなど、様々な野草が花を咲かせていました。この中には、現在の市内では見られなくなった野草も多くあります。

季節の花

ウツボグサ

ウツボグサ(5~6月)

ホタルブクロ

ホタルブクロ(5~6月)

カワラマツバの写真

カワラマツバ(5~7月)

キキョウの写真

キキョウ(6~9月)

カワラナデシコの写真

カワラナデシコ(6~9月)

オミナエシの写真

オミナエシ(7~10月)

ヒオウギの写真

ヒオウギ(7~10月)

地図情報

お問い合わせ先
市民自治部環境政策室 みどり自然課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-780-3521 ファクス072-784-8149

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。