現在の位置

講演会「伊丹の生物多様性のシンボル フジバカマとツルフジバカマ」

講演会について

伊丹市では生物多様性いたみ戦略に基づき、古き伊丹の風景とされる「猪名の笹原」をイメージした在来植物の栽培育成に努めています。そのひとつ「フジバカマ」と、新たな元号「令和」との関わりについて講演いただきます。 あわせて、市内で見つかった絶滅危惧植物「ツルフジバカマ」をはじめ、希少植物に関するお話や、猪名川の植物相など、様々なテーマについて講演いただきます。

日時

令和元年11月23日(土曜日・祝日)13時30分~16時20分頃(13時開場)

場所

ラスタホール(伊丹市立生涯学習センター) 2階 多目的ホール

内容

講演1「万葉集と令和とフジバカマ」

講師:服部 保 氏(兵庫県立大学名誉教授)

講演2「猪名川における植物相の特徴とその変化」

講師:二神 良太 氏(復建調査設計株式会社)

講演3「草地・草原性植物の現状と保全~伊丹で見つかったツルフジバカマにも触れながら~

講師:小林 禧樹 氏(兵庫県植物誌研究会代表)

ディスカッション「伊丹で貴重な植物を保全するためには」

申し込み・参加費

不要

チラシ

講演会「伊丹の生物多様性のシンボル フジバカマとツルフジバカマ」チラシ(PDF:1.1MB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
市民自治部環境政策室みどり自然課
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-780-3521 ファクス072-784-8149

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。