現在の位置

【地域主権一括法関係】バリアフリー法による特定公園施設の設置に関する基準について

1.法改正の概要

地域主権戦略大綱に基づく「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」いわゆる「第二次一括法」の制定により、義務付け・枠付けの見直しが行われ、同法による高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の改正により、特定公園施設(※)の設置に関する基準について条例で制定することとされました。

2.法・基準省令の概要

特定公園施設(※)の設置に関する基準について、「移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める省令」で定める基準を参酌して、条例で定めることとされました。

〔参酌すべき基準の主な内容〕

  • 出入口の基準:幅120cm以上(やむを得ない場合は90cm以上)
  • 通路:幅180cm以上(やむを得ない場合は120cm以上)、
  • 縦断勾配5%以下(やむを得ない場合8%以下)
  • 階段:手すりが両側(やむを得ない場合はこの限りでない)、傾斜路を併設
  • 傾斜路:縦断勾配8%以下他

(※)特定公園施設 とは

(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律施行令第三条)

法第二条第十三号の政令で定める公園施設は、公園施設のうち次に掲げるもの(法令又は条例の定める現状変更の規制及び保存のための措置がとられていることその他の事由により法十三条の都市公園移動等円滑化基準に適合させることが困難なものとして国土交通省令で定めるものを除く。)とする。

一 都市公園の出入口と次号から第十二号までに掲げる公園施設その他国土交通省令で定める主要な公園施設(以下この号において「屋根付広場等」という。)との間の経路及び第六号に掲げる駐車場と屋根付広場等(当該駐車場を除く。)との間の経路を構成する園路及び広場

二 屋根付広場

三 休憩所

四 野外劇場

五 野外音楽堂

六 駐車場

七 便所

八 水飲場

九 手洗場

十 管理事務所

十一 掲示板

十二 標識

3.条例改正の概要

法改正に伴い、伊丹市高齢者,障害者等の移動等円滑化のための特定公園施設の設置基準を定める条例の制定について平成24年9月議会に提出し、原案どおり可決されました。以下は、条例案提出時の内容です。

  • これまで、国の基準に適合した特定公園施設の新設、増設、改築を行ってきました。今後も、市内の全ての公園において、バリアフリー化を進める必要があることから、省令に定める参酌基準を基に整備すべきと考えます。

改正の概要:省令に定める参酌基準と同一とします(2の通り)

 

お問い合わせ先
市民自治部環境政策室 公園課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-784-8134 ファクス072-784-8149

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。