現在の位置

伊丹市多文化共生事業「五感で楽しむ世界の文化」を開催しました

令和元(2019)年7月30日(火曜日)から8月4日(日曜日)の6日間、新たな伊丹市多文化共生事業「五感で楽しむ世界の文化」を図書館「ことば蔵」で開催し、子どもから大人まで延べ3,200人以上の方が各イベントに参加しました。

参加者は、パネル展で伊丹市の外国人市民の現状や出身国の文化について学習したり、さまざまな国の文化を体験したり、日本人と外国人でお話しして交流を深めたりされました。

 

開催イベント一覧

朴一さん講演会

兵庫県生まれの在日韓国人3世の講師朴一氏より、「外国籍住民の人権について考える」というテーマで講演いただきました。

世界の民族衣装を着てみよう!

アオザイやサリーなど日本を含む16カ国・地域の民族衣装の試着体験コーナー。お友達同士や家族同士で、写真撮影コーナーもにぎわいました。

パネル展「伊丹で暮らす外国人」

2019年4月1日施行の改正入管法により、特定技能という在留資格での受け入れが決まった9カ国の文化等や、在日コリアンの家族の物語を紹介しました。

また、伊丹市内の日本語教室で日本語を勉強している外国人の皆さんに、「日本の好きなところ」「母国の好きなところ」などのアンケートの答えを書いてもらって展示しました。

外国の文化プチ体験

1日目は、外国の絵本の読み聞かせと、絵本に出てくる外国の衣装の試着体験を実施しました。

2日目は、カンフーの実演と体験会を実施しました。ちなみに、伊丹市の国際友好都市である中国の佛山市は、カンフーのふるさとです。

3日目は、イギリスの伝統的な蛇腹楽器・コンサティーナとクロマチックアコーディオンの演奏会を実施し、楽器の伴奏のもと、みんなで一緒に歌いました。

日本人も外国人も!みんなで話そう交流カフェ

14種類の外国の飲み物を飲みながら、外国人と日本人でお話をする交流の場としました。お互いの国の言葉や暮らしについて、お話が弾みました。

世界のおもちゃ・楽器コーナー

8カ国18種類のおもちゃと、13カ国20種類の楽器に実際に触れられる体験コーナー

学ぼう!やさしい日本語ってなぁ~に?

外国語が話せなくても外国人とお話しできるコミュニティーツールとして、「やさしい日本語」について教えていただきました。実際に日本語を勉強している外国人に来ていただき、外国人にとってどのような日本語がわかりやすいか、シミュレーションも行いました。

世界の文化を知ろう!作ってみよう!

オーストラリアの先住民・アボリジニの文化であるドットペインティングと、中国の佛山市の伝統的芸術である切り絵の体験講座

両国出身の講師によるドットペインティングと切り絵の紹介の後、体験ブースは多くの親子連れでにぎわいました。

民族衣装を着ている写真

中国服を着て写真撮影♪

民族衣装を着ているところ

サリーと中東地域の民族衣装を着て記念撮影

浴衣を着る外国人

日本の浴衣を着たフィリピン人の方々

パネル展

たくさんの方がパネル展にお越しくださいました

パネル展

外国の文化・風習についてのクイズにチャレンジ中

パネル展のようす

パネル展に来ていた子どもたちと

パネル展のマネキン

外国人市民人口TOP3の国の民族衣装(韓国朝鮮、中国、ベトナム)

パネル展「外国人に聞きました」

外国人から見た日本や伊丹の魅力、母国の好きなところについて、直筆のアンケート回答を展示

パネル展「在日史」

ある在日コリアン家族の物語「つないで、手と心と思い」

外国の絵本の読み聞かせ

外国の絵本の読み聞かせ

インドなどの民族衣装・サリーの着付け

サリーの試着体験♪大人気で行列ができました

カンフー体験の様子

カンフー体験のようす

外国の楽器演奏の様子

伝統的な蛇腹楽器・コンサティーナとクロマチックアコーディオンの演奏

日本人と外国人の交流カフェ

交流カフェは様々な国の方が参加され、お話が弾みました

日本人と外国人の交流カフェ

母国の民族衣装を着て参加された方もいらっしゃいました

やさしい日本語講座のようす

「学ぼう!やさしい日本語ってなぁ~に?」

やさしい日本語講座2

どうすれば外国人に「やさしい日本語」が伝わるか実践中

ドットペインティングを作っているようす

オーストラリアのドットペインティングを作成中

完成した切り絵

中国の切り絵、漢字の「福」が完成!

伊丹市多文化共生事業チラシ(PDF:1.2MB)

伊丹市多文化共生事業ごあいさつ文(PDF:281.9KB)

お問い合わせ先
市民自治部共生推進室国際・平和課
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-784-8148 ファクス072-780-3519

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。