現在の位置

フランドルの鐘(カリヨン)

フランドルの鐘について

伊丹市の国際姉妹都市 ベルギー王国・ハッセルト市が提携5周年と伊丹市制施行50周年を記念して1990年(平成2年)に伊丹市へ寄贈されました。

伊丹市はJR伊丹駅西側広場に記念塔(一般公募により「フランドルの鐘」という愛称が決定)を建設して、周囲を西欧風の公園に整備し、市民の憩いの場になっています。

記念塔の上部に演奏室があり、大小43個の鐘を手動バトン(鍵盤)により4オクターブの音色を奏でることができます。

屋内には照明装置を備えており、夜間はJR伊丹駅前の街を美しく彩ります。

毎年8月15日(終戦記念日)の「平和の鐘・カリヨンコンサート」をはじめ、各種演奏を実施し、市民の皆様にベルギー本場の音色を楽しんでいただいております。

カリヨンって何?

カリヨン(Carillon=組鐘。ラテン語で「4個で1組」が語源)とは、中世フランドル地方(現在のベルギー・オランダを中心とする低地地方)の繁栄を背景に15世紀頃から登場したもので、教会の塔や鐘楼に設置された複数の鐘を巨大なシリンダー式のドラムで自動演奏したり、奏者が鍵盤とペダルで演奏する楽器です。

世界中で演奏可能なカリヨンが約650ほど存在しており、ベルギーやフランス北部のカリヨンは世界遺産にも指定されています。

本市のカリヨンは「世界カリヨン連盟(WCF)」に登録されています(日本では他に滋賀県、長崎県ハウステンボスにあります)。

概要

所在地

伊丹市伊丹1丁目(JR伊丹駅西側周辺)

竣工年月日

1990年(平成2年)11月9日

鐘の数

青銅製43個(総重量2,018kg)4オクターブの音域

最大のもの直径873mm、重量445kg

最小のもの直径156mm、重量  13kg

塔の規格

高さ15m、幅3m平方、5階層(各層高さ2.5m×5層+屋根)

延べ床面積 61.25平方メートル、鉄筋

カリヨンの写真

カリヨンのプレートの写真

カリヨンの中の様子

2017年度(平成29年度)カリヨン演奏予定

  全て参加無料

1.「国際カリヨンの日」記念演奏 6月17日(土曜日) 午後1時30分~2時15分

荒天の場合は中止 延期なし

2.平和の鐘・カリヨンコンサート 8月15日(火曜日) 午後6時30分~8時30分

荒天の場合は中止 延期なし

3.秋のカリヨン演奏 [日時未定]

荒天の場合は中止 延期なし

4.「フランドルの鐘の日」記念演奏 11月9日(木曜日) 午後1時30分~2時15分

荒天の場合は中止 延期なし

5.冬のカリヨンコンサート 12月23日(土曜日) 午後1時30分~2時15分

荒天の場合は中止 延期なし

お問い合わせ先
市民自治部共生推進室 国際・平和課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-784-8148 ファクス072-780-3519

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。