現在の位置

ごみ減量化事業

ごみ減量化事業

年々、増加するごみの減量と資源の有効利用を目的に、家庭から排出されるごみの中から資源物として再利用できる空き缶・びん・ペットボトル・プラスチック製容器包装・新聞・雑誌等を分別排出することにより、快適な生活環境を創造するとともに資源循環型社会を目指すことを目的としています。

資源化率

平成26年度 18.4% 平成27年度 16.6% 平成28年度 18.0% 平成29年度 17.3%平成30年度17.3%

A=集団回収+資源ごみ+中間処理施設(クリーンランド)

B=ごみ総量+集団回収+資源ごみ(空き缶・びん・ペットボトル・プラスチック製容器包装・新聞紙など)

資源化率=A÷B

空き缶・びん・ペットボトル・プラスチック製容器包装回収事業

「容器包装リサイクル法」施行に基づく空き缶・びん・ペットボトル・プラスチック製容器包装回収事業を実施し、平成30年度空き缶は142.86トン、びんは1,042.40トン、ペットボトルは440.20トン、プラスチック製容器包装は1,663.70トン回収しました。

古紙類回収事業

地域環境美化並びにごみの減量化・資源の有効利用のため、市内全域で新聞・雑誌などの回収を実施し、平成30年度2,543.89トンを回収しました。

集団回収事業

集団回収事業の内容ついてはページ下部のリンクからご参照ください。

拠点回収事業

拠点回収事業の内容についてはページ下部のリンクからご参照ください。

 

拠点回収事業・ごみ減量リサイクル相談

再生資源集団回収について

お問い合わせ先
市民自治部環境政策室環境クリーンセンター
〒664-0843伊丹市岩屋2-2-8
電話番号072-782-0968 ファクス072-775-3179

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。