現在の位置

平成27年度男女共同参画川柳の入賞作品が決定

 第6回男女共同参画川柳は、伊丹市内に在住・在勤・在学の方より、平成27年6月8日月曜日から9月4日金曜日まで募集しました。

 応募総数は「一般の部」38点、「小・中学生の部」273点の計311点で、兵庫県川柳協会の協力を得て、1次・2次審査を行い、「一般の部」で4句、「小・中学生の部」で7句が優秀賞となり、各部から1句最優秀賞が選ばれました。 

 優秀作品については、絵手紙講師が挿絵を添えて、色紙を作成。男女共同参画推進市民フォーラム内で行われました表彰式にて展示後、伊丹市立図書館1階ロビーにて12月5日土曜日から12月13日日曜日まで展示されました。

 

 

平成27年度男女共同参画川柳入賞作品

一般の部

最優秀賞

『パパとママ エプロン並ぶ 夕の膳』  水口 美喜子さん

優秀賞

『飛び立とう 内助の殻を 脱ぎ捨てて』 津田 幸三さん

『我が家には 主婦と主夫 二人居り』  大鹿 新次さん

『夫婦とて 元を正せば 他人なり』   山口 正夫さん

小・中学生の部

最優秀賞

『男女とも 自分らしさを 大切に』     松浦 咲季さん

優秀賞

『家事仕事 夫婦の役目 共にあり』   内田 弘太さん

『職業の 性別勝手に 決めつけない』    川元 柚南さん

『コーヒーを さし出す父に 母笑顔』    鈴木 里菜さん

『なにげなく 役割分けを しないでね』   渋谷 恵汰さん

『男女とも 同じ立場に 立つ未来』         中村 はるかさん

『男女共 無限に広がる 可能性』            後藤 拓音さん

 

 

平成27年度男女共同参画推進市民フォーラム参加者特別賞

平成27年12月5日土曜日、男女共同参画推進市民フォーラム内の表彰式の後に表彰者のインタビューが行われ、作品に込められた思いなどをお話しいただきました。インタビューの後、市民フォーラム当日参加者の投票により、参加者特別賞が選ばれました。

市民フォーラム参加者特別賞受賞作品

『夫婦とて 元を正せば 他人なり』   山口 正夫さん

 

 

男女共同参画川柳入賞者集合写真

お問い合わせ先
市民自治部共生推進室 同和・人権推進課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所3階)
電話番号072-784-8077 ファクス072-780-3519

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。