現在の位置

女性が活躍しやすい議会へ(出産の規定整備)

会議規則を改正しました

 伊丹市議会では、平成27年10月7日本会議最終日において、より女性が活躍しやすい議会にするため、議員提出議案として、会議規則の一部改正を全会一致で可決しました。

 さらに、伊丹市議会独自のものとして、会議規則の改正とともに、具体的な運用について、内規を定めました。内規で詳細に明記している事例は、未だ少ないところです。

○目的

 性別にとらわれず、すべての議員が活躍できる環境を整備して議会を活性化するため。

○改正内容

 今年5月、全国市議会議長会が、市区議会が規則を取り決める際に参考とする「標準市議会会議規則」を改正したことを受けたもので、これまで本会議や委員会に出席できない場合「事故」として扱われていた「出産」や「疾病」を正当な理由として明記しました。

 さらに、伊丹市議会独自の内規として、産前産後だけでなく妊娠障害や出産補助(男性議員にも該当)も正当な理由として内規に規定しました。

○期待される効果

 ・出産する議員の欠席が公に認められることになる。

 ・パートナーが出産する議員も、出産に主体的に関わることができる。

 ・出産のため、出席できない議員への理解が共有化される。

 ・地方議会への進出が促進される。

 ・社会全体として、女性の社会進出の促進の寄与につながる。

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。