現在の位置

個人質問の要旨(9月18日、19日、20日、24日)

議事の都合により、発言時間が変更となることがありますのでご注意ください。

個人質問の要旨
発言順位 質問者 質問方法 質問開始日時 発言の要旨
1 杉一議員 総括方式 9月18日(水曜日)午前10時から

1.公共施設マネジメントの進捗について
 本市では、公共施設マネジメント基本条例の制定、公共施設等総合管理計画や公共施設再配置基本計画や公共施設白書を作成し、公共施設の整理・統合を図りつつ、建てるべき必要な施設は、時代の要請に応じて建設しており、公共施設マネジメントの取り組みは先導的に取り組んでこられた。
 1.公共施設マネジメント進展に向けての課題について
 2.市民への説明について
 3.公共施設マネジメント進展に向けた目標設定について

2.大河ドラマ「麒麟がくる」について
 1.阪急伊丹駅及びJR伊丹駅の活用について
 2.博物館及びことば蔵など社会教育施設の活用について
 3.JR伊丹駅前市バス待機場を観光バス待機場として活用できないか
 4.効率的効果的に市としてできること
 5.軍師官兵衛の際の反省点は

2 加藤光博議員 総括方式 9月18日(水曜日)午前10時50分から

1.伊丹市が抱える課題と今後における市政運営の方向性について
 *今後の伊丹市においてどのような行政課題が生じるとお考えなのか
 *今後の課題にどのように対応しようとされるのか

2.幼児教育の充実策について
 *平成30年度の取り組み内容と質の向上をはじめとするそれぞれの成果は
 *課題と解決策は、また、今後の取り組みは
 *今後の待機児童の見通しは
 *幼児教育の無償化が与える保育ニーズへの影響と無償化がない場合の保育ニーズへの影響は

3.子どもの居場所事業について
 *子どもの居場所事業の現状と今後の展開は

3 高橋有子議員 一問一答方式 9月18日(水曜日)午後1時から

公立幼稚園等跡地の活用の方向性について

(1)財政調整基金の処分について
(2)「伊丹市立幼保連携型認定こども園条例等の一部を改正する条例」の修正議決に対する附帯決議について
(3)跡地利用という施策立案時の根拠とプロセスについて
(4)地域への説明について

4 小西彦治議員 一問一答方式 9月18日(水曜日)午後1時50分から

1《 まちづくり 》
 (1)スーパーシティ構想について

2《 スポーツ振興 》
 (1)トップアスリートが多い現状について
 (2)タレント発掘事業・県との連携について

3《 教育 》
 (1)ギフテッドという存在について
 (2)その対策について

5 川井田清香議員 総括方式 9月18日(水曜日)午後3時10分から

1.会計年度任用職員制度について
・本市の嘱託職員と臨時職員の現状
・会計年度任用職員への移行について
  1.給料・報酬・各種手当
  2.休暇制度の拡充(年次有給休暇・育児休業等)
  3.業務の範囲
  4.服務規定
  5.人事評価と名簿登録方式の導入
・募集と任用について
  1.募集・任用時の勤務条件と任用根拠の明示
  2.年齢制限
  3.再度の任用時の空白期間と任用回数の制限

2.幼児教育・保育の無償化について
・幼稚園等跡地活用の方向性と今後の予定
・幼児教育無償化の先行実施の効果
・国の保育料無償化の対象人数と本市への影響
(認可保育所、認定こども園、公立幼稚園、新制度移行幼稚園、私学助成を受ける幼稚園、地域型保育事業施設、児童発達支援施設、認可外保育施設)
・預かり保育の無償化の対象人数と本市への影響(公立幼稚園、新制度移行幼稚園、私学助成を受ける幼稚園)
・実費負担について
・認可保育施設の実態把握

6 久村真知子議員 総括方式 9月18日(水曜日)午後4時から

1.耐震性を満たしていない市営住宅の入居者との意見交換会に関して
 (1)3か所の市営住宅入居者との意見交換会やアンケートで出された内容はどの様なものか。
 (2)様々な意見はどのように生かされるのか。
 (3)転居先とするエレベーター付きの住宅や、民間賃貸の借り上げ住宅への入居希望者は全員入居できるのか。計画はどうなっているか。
 (4)転居に関して問題が起これば、相談先は管理センターなのか。

2.安心して住める市営住宅の在り方に関して
 (1)耐震化やエレベーター設置が予定されている。すべての市営住宅にエレベーターの設置を求めるが、見解をうかがう。
 (2)耐震化やバリアフリーのために県や他の自治体などは建て替えを行っているが、伊丹市はなぜそうしないのか。中野北県住の跡地での建替えはどうか。
 (3)現在入居している住居の修理に関しては、伊丹市が責任もって行うのか。

3.「伊丹市路上喫煙及び吸い殻の散乱防止条例」について

7 竹村和人議員 総括方式 9月19日(木曜日)午前10時から

1.地域医療について
~医療・介護を活かした機能や役割分担で地域完結型医療を~
(1)市立伊丹病院の今後のあり方に関する説明会について
(2)市立伊丹病院と民間病院との連携強化について
(3)かかりつけ医について

2.医療と介護サービスの提供体制について
~地域包括ケアの構築へ住み慣れた場所で暮らせる社会に~
(1)在宅医療と介護サービス連携強化について

3.風疹対策について
~無料クーポンを活用し拡大防げ~
(1)受診の見込み・状況、取り組みについて
(2)今後の取り組みや周知、啓発について

8 鈴木久美子議員 総括方式 9月19日(木曜日)午前10時50分から

1.伊丹市の小学校登下校見守りボランティアの活動実態
 (1)見守りボランティア活動者への市の認識
 (2)安堂寺町で発生した見守りボランティア自転車事故について
 (3)地域・保護者の要望と今後の安全対策について

2.都市計画道路山田伊丹線昆陽泉町工区の事業について
 (1)測量実施をめぐる住民との対立、その経緯からみる問題点
 (2)住民の意見・要望に答える情報提供のあり方

3.小・中学校の体育館の安全管理について
 (1)今夏、小学校体育館で発生した熱中症搬送について
 (2)管理方法の矛盾点
 (3)学校施設に関する要望書の取り扱いについて

9 高塚伴子議員 一問一答方式 9月19日(木曜日)午後1時から

<6月17日に起こった、自転車と人との重大事故を受けて>

1.教育委員会の対応について
・事故を生徒児童にどのように伝えたのか
・今後事故が起こらないように、どのような取り組みをしたのか
・自転車の安全利用についてどのように取り組んでいるのか

2.通学路の安全対策について
・登下校時の見守りの現状をどう把握しているのか
・通学路の現状はどうなっているのか
・通学路の安全確保には、今後どのように取り組むのか

3.自転車の安全利用について
・自転車事故は増えているのか、減っているのか、その特徴は
・自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の推進に関する条例について、制定に至った理由と制定による効果と取り組みは
・自転車等対策審議会の必要性について

10 山薗有理議員 一問一答方式 9月19日(木曜日)午後1時50分から

妊産婦やこどものための産前から産後までの一貫したケア拡充を目指して

 (1)母子手帳交付事務について
 (2)多胎児妊婦への妊婦健康診査受診費用追加助成の必要性と今後の対応
 (3)もうすぐパパママ教室の実施状況
 (4)妊婦訪問の実施への見解
 (5)産婦健康診査・乳房ケア指導への助成費用の現状と今後の対応
 (6)新生児訪問とこんにちは赤ちゃん事業の今後の展望
 (7)市立伊丹病院での産後ケアに向けて

11 大津留求議員 一問一答方式 9月19日(木曜日)午後3時10分から

1.生活困窮者への就労支援について
 (1)活動実績
 (2)今後の課題

2.「子どもへのあらゆる暴力を許さない」CAP講習会について
 (1)小学3年生に実施する意義と今後の課題
 (2)就学前の子どもや保護者にもCAP講習会を

3.防災体制について
 (1)市立障がい者福祉センターを自主避難所として開設すべきでは
 (2)緊急災害情報の多言語化

12 里見孝枝議 総括方式 9月19日(木曜日)午後4時から

1.児童虐待について
 1.虐待発生時の通報経路・関係機関との連携
 2. 子ども総合支援拠点
 3. 発生予防
 
2.統合保育における保育アシスタントについて
 1. 統合保育の現状と事業導入の経緯
 2. 統合保育に関する研修等
 3. 統合保育の担当職員との連携

3.防災・減災について
 1.安全・安心な避難所運営について
 (1)スフィア基準
 (2)災害関連死・2次健康被害を防ぐ対策
 2.避難行動要支援者の安否確認について

13 土井秀勝議員 総括方式 9月20日(金曜日)午前10時から

1.「伊丹市健康づくり計画」に関する件
 (1)「今日までの成果と課題」について
 (2)「熱血!いたみ健康づくり応援団」の今後の展望について
 (3)「成人の健診受診者数の向上」について
 (4)「若い世代の健康づくりの意識低下」について

2.「人と動物が調和し、共生する社会づくり」に関する件
 (1)「イエローカード作戦」の成果と課題について
 (2)「ドッグラン」等によるストレス発散について

3.「入札制度」に関する件
 (1)「入札制度」の課題と取り組みについて
 (2)「入札参加者数」について
 (3)「予定価格の公示」について

14 吉井健二議員 総括方式 9月20日(金曜日)午前10時50分から

はなさと幼稚園跡地の存続について

1.風致地区内にある幼稚園を売却する際の風致地区の規制内容は、どのようなものか。

2.幼稚園跡地の売却額は。また、園舎を解体し更地にすることで、新たに費用が発生するのではないか。

3.幼稚園跡地を売却せず園舎を残し、選挙の投票所や地域交流、消防団の活動場所等、地域活動の拠点として活用できないのか。

15 永松敏彦議員 総括方式 9月20日(金曜日)午後1時から

1.プラスチック製容器包装収集における異物混入について
 ・在宅医療器具、そのなかでも注射針の混入により手選別従事者の刺傷事故が起こっている事態を受けて、伊丹市としての啓発の状況をお聞かせ下さい。

2.まちなかミマモルメの利用について
 ・発信器の利用対象は伊丹市在住(住民登録者)に限定されていますが、住民登録の無い伊丹市一時居住者は利用ができないのでしょうか。

3.伊丹市としてのSDGsの取り組みについて
 ・H30年12月議会の答弁にて「第6次総合計画の策定にSDGsの要素を踏まえて見直しを進める」との答弁がありましたが、進捗状況を可能な範囲でお聞かせください。

16 花田康次郎 一問一答方式 9月20日(金曜日)午後1時50分から

1.行政財産の目的外使用について
 (1)現在の活用状況について
 (2)活用可能財産の精査について

2.市有地の有効利用について
 (1)広畑バス駐車場の土日の利用率について
 (2)いきいきプラザ利用者への開放等について

17 安藤なの香 総括方式 9月20日(金曜日)午後3時10分から

1.障がいがある子どもを持つ親の未来
 1)伊丹市における障がい者の実態について
 2)障がい者、またその親や家族への支援について
 3)障がいがある子どもを持つ親が持つ不安と、親の亡き後に伊丹市はどう取り組むのか

2.一冊の日記から始まるエターナルストーリー
 1)晩婚化、未婚化に対する行政の認識とその対策について
 2)新たな出会いを行政が支援する事業について
 3)男女を結ぶ交換日記、「結日記」

18 篠原光宏 総括方式 9月20日(金曜日)午後4時から 1.老朽化していく共同利用施設の今後について
 ・補修や改修工事が必要となった場合どの程度手を加えていくのか
 ・今後老朽化に伴って現状維持が難しくなってきた場合の対応について

2.高齢者の安全運転支援や免許返納後の移動手段について

3.生活困窮者自立支援事業の認定就労訓練事業について
 ・これまでの就労支援に関わる事業費の状況について
 ・随意契約した業務内容や契約金額などについて
 ・当事業の成果、相乗効果などについて
 
19 岸田真佐人 総括方式 9月24日(火曜日)午前10時から

1.給食のアレルギー対応に係る教員の負担ついて
 学校におけるアレルギー対応は、「アレルギー疾患対策基本法」に示されるとおり、学校が主体的にとりくむべき責務である。しかし、学校現場ではアレルギー対応に必要なプランや書類の作成、日々のアレルギーについての確認等を、主に担任や学年の教員、養護教員、給食担当が行っている。また、急病や怪我の対応で保護者に連絡を取らないといけない場合など突発的な問題が起こることもある。教職員はさまざまな業務を同時進行でこなしている現状があり、子どもたちの命に関わるアレルギー対応が大きな負担になっていることは確かである。そこで、アレルギー対応を安全・確実に実施していくための改善策が必要であると考えるが、教育委員会の見解を伺う。

2.教職員が通学路の安全確保業務をすることについて
 公立小中学校では、不審者情報があった時や警報発令前後などに教職員が登下校の安全確保活動を行うことがある。しかし、それによって授業の準備をする時間が削られる。また、不審者対応という名目で登下校の安全確保活動をする場合、相手が刃物などを持っていたらどう対応するのかという点もあいまいである。来年度の政府予算の内訳をみると、通学路の安全確保に地域の力を借りる予算がつけられていた。教職員の本務は授業であり、国が示すように登下校に関する対応は、基本的には学校以外が担う業務である。通学路の安全確保に教職員を動員しなくても済むような施策が必要だと考えるが教育委員会の見解を伺う。

3.任意団体行事への教職員の関わり方について
 ここ10年以上、一斉パトロール中に小中学生を見かけることはほとんどない。さらに、7月や12月という学期末は教職員が忙しい時期でもある。そんな時期の平日夜を一日束縛されるのは、授業準備の点でも、学期末事務処理の点でも非常に負担が大きい。また、互礼会への出席を負担に感じている教職員も多い。授業準備などの本来業務に集中し負担を軽減するために、連合PTAなど任意団体行事への教職員の関わり方について検討する必要があるのではないか。

4.保育士確保について
 昨今、公立・民間を問わず、保育士の退職者は少なくない。保育士の退職者を減らすための施策が必要ではないか。

20 齊藤真治議員 総括方式 9月24日(火曜日)午前10時50分から

1.伊丹空港の有効利用について
 1)関西空港や神戸空港の有事の対応について
 2)10市協のあり方について
 3)発展する関西の航空需要について

2.みどりの政策について
 1)中心市街地における西台中央線の街路樹について
 2)みどりのネットワーク形成について
 3)都市農業のこれからについて

3.健康政策について
 1)いたみ健康チャージポイントについて
 2)「熱血!いたみ健康づくり応援団」について

21 佐竹璃保議員 総括方式 9月24日(火曜日)午後1時から

1.第2の人生生きがい作り
 (1)働き口の確保としてのシルバー人材センターへの支援
 (2)生涯学習施設における長期学習の場としての活用実績と今後の生涯学習での取り組み

2.犠牲者ゼロを目指して。もしもの避難所、もっと身近に
 (1)避難所での要援護者への対応
 (2)避難所防災グッズの備蓄状況と備蓄物資の補充の流れ
 (3)電信柱や掲示板での避難所の案内

3.つどいつながる地域の居場所、その広がりを行政から
 (1)団体代表や主催者同士の横のつながり作りへの支援体制
 (2)指定管理者選定における今後の支援強化と運営方法

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。