現在の位置

一般質問の要旨(12月6日~11日)

議事の都合により、発言時間が変更となることがありますのでご注意ください。

一般質問の要旨
発言順位 質問者 質問方法 質問開始日時 発言の要旨
1 山内 寛議員 総括方式 12月6日(木曜日)午前10時から

1、 伊丹市の住みやすいまちづくりについて
1)安心で安全なまちづくりはどこまで進んでいるのか
2)市民の満足度、喜びは拡大出来たか

2、シティプロモーションについて
1)伊丹市の歴史・文化の発信と取り組みについて
2)酒、なぎなた、俳句、桜などの具体的な取り組みについて

3、消防局の体制と市民の防火意識向上への取り組みについて

2 加柴 優美議員 一問一答方式 12月6日(木曜日)午前10時50分から

1.小学校の英語教育について
―学習指導要領改訂により、2020年4月からの本格施行を前にして
(1)英語教育の目的をどのように捉えているのか
(2)「外国語活動」(3、4年生)、「外国語科」(5、6年生)それぞれの内容
と違いについて
(3)移行措置期間から本格実施に向けて時間数の確保、指導体制等について

2.地域包括支援センターの現状と今後のあり方
(1)業務量の増大にともなう人員体制強化の必要性と対策について
(2)介護予防ケアプランの作成に関して
(3)認知症等への対応について

3 山薗 有理議員 一問一答方式 12月6日(木曜日)午後1時から

1.学校現場でのICTの更なる利活用を目指して
(1)ICT支援員の活用
(2)プログラミング教育に向けた取り組み
(3)情報モラルへの指導

2.多様性を認め合う社会の実現を目指した性的マイノリティへの理解と支援
(1)公文書の性別欄削除について
(2)市営住宅の入居要件の見直し
(3)LGBT支援宣言への見解
(4)学校現場での取り組み

4 西村 政明議員 一問一答方式 12月6日(木曜日)午後1時50分から

1.市民意識調査について
・実施頻度を毎年にした理由と効果
・「わからない」の回答割合に対する見解と対応
・子ども・若者を対象とした調査の必要性

2.人事評価、人材育成について
・人事評価を人材育成にどう活かしているのか
・面談の頻度、非正規職員の面談の実施状況
・「360度評価」に対する見解
・適材適所の現状
・自己申告書の運用状況
・スペシャリストとゼネラリストの配分

3.インフラ通報システムについて
・今後の活用策

5 大津留 求議員 一問一答方式 12月6日(木曜日)午後3時10分から

1、2019年10月から予定されている国の「幼児教育の無償化」の制度設計と、市が4月から始めている「無償化」の制度が異なった場合の対応について。

2、保育士・幼稚園教諭の待遇について
・なぜ、教育委員会所管で「行政職給料表」を適用するのか。
・いつから変更されるのか。

3、2015年に厚生労働省が「最低ライン」として施行した、放課後児童クラブ
(学童保育)職員基準を、事実上、撤廃する方針を発表したことに対する市の見解について。

6 泊 照彦議員 総括方式 12月6日(木曜日)午後4時から

1.『新庁舎建設に向けてデザイン重視なのか、電子市役所を目指すうえで設備機能を優先するのか、それとも職員の能力を発揮できる機能を活かした市役所となるのか』

2.『JR宝塚線北河原第一踏切の事故防止策と安全管理措置をどう考えるのか』

3.『狭窄地内に立地した中高層集合住宅の火災対応と避難訓練状況は』

4.『サンシティホールのパイプオルガンの適切な管理方法とは』

5.『市内中学校のグラウンド整備計画についての今後の予定は』

7 久村 真知子議員 総括方式 12月7日(金曜日)午前10時から

1、朝食抜きの子どもが依然として多いことについて
(1)伊丹市内では、朝食をとらずに登校する子供たちはどの程度いるのか。
(2)欠食の理由については、どのようにとらえているのか。
(3)朝食をとらないことは、健康にどのような影響があるのか。
(4)どの程度改善され、どのような変化が見られたのか。
(5)朝食をとっていない子供たちに、他市では様々な方法で朝ごはんを学校で食べられるようにしているところがあるが、伊丹市ではいかがか。
2、公立幼稚園の応募状況と今後の教育の在り方はどのように行うのか。
(1)統廃合が予定される中で、今回の応募時の保護者の反応はどうであったか。
(2)応募者数の少ないところは、教育環境としてはどうか。保護者の心配もあると思うが、どのような体制で行うのか。
3、スクールソーシャルワーカーの配置を増やすことが必要ではないか。

8 相崎佐和子議員 一問一答方式 12月7日(金曜日)午前10時50分から 1、デジタル化による業務改善
(1)「市民サービスの向上」「業務の効率化」「職員の働き方改革」を目的に、市役所業務におけるデジタル化を推進したいが見解は?
(2)庁内のデジタル化を最終目標とし、まずは現状分析と導入内容の検討からスタートしたいがいかがか?
(3)新庁舎建設がデジタル化のチャンスになる中、情報化を推進するワーキングチームがあると聞くが現状と今後の見通しは?
(4)具体的な取り組みとして、まずナビゲーションシステムを導入してはどうか?
2、男女共同参画センターと地域子育て支援拠点のあり方
(伊丹幼稚園「むっくむっくルーム」を新男女共同参画センターに移転する案を受けて)
(1)市立伊丹幼稚園内の地域子育て支援拠点「むっくむっくルーム」について、移転案の経緯と候補地検討はいかに?
(2)男女共同参画センターについて、設置目的を遂行するために必要なハードは?
(3)現在の移転案が、男女共同参画や子育て支援の停滞につながらないのか?
9 服部 好廣議員 総括方式 12月7日(金曜日)午後1時から

1.ごみ分別、充電式電池とプラスチックごみの回収に関して
(1)充電式電池・水銀回収ステーションが少なすぎないか
1)3Rセンター搬送コンベア火災急増の原因である充電式電池の混入をどう防ぐのか
2)本来、製造者、販売者に製造物責任として充電式電池を回収させるべきでは
(2)プラごみの分別方法、分別はなぜ必要か(分別の必要性と売電収入増に向けて)
1)プラスチックごみによる地球環境汚染を防止するために何をなすべきか
2)容器包装の分別回収の向上のため、市はさらに丁寧な説明をすべきでは
3)国の回収制度が立ち遅れているもとで、市としてプラごみ削減をどう進めるべきか

2.路上たばこ喫煙規制の強化を求める
1)2017年6月議会での質問で禁止区域の拡大を求めたが、検討状況を確認する
2)条例の趣旨に反する開放型喫煙所を規制すべきではないか
3)期限を定めて条例改正を検討し、規制強化を図るべきでは

10 高塚伴子議員 総括方式 12月7日(金曜日)午後1時50分から

伊丹市のお墓事情について
(1)引き取り手の無い遺骨の現状
・その数と分類
・身寄りのない人が亡くなった場合の市の対応
・無縁社会を作らないための取り組み

(2)伊丹市の墓地のこと
・市内の墓地墓苑の数とお墓の数
・うち市営墓地墓苑の数と墓石の数
・市営墓地の募集状況と応募状況
・市の墓苑整備の考え方
・市民ニーズをどう把握するか
・市民ニーズにどう対応するか

11 竹村 和人議員 総括方式 12月7日(金曜日)午後3時10分から

1.防災・減災対策について
~相次ぐ自然災害!災害発生前の備え一層の普及を! ~
(1)タイムライン(防災行動計画)について
(2)マイ・タイムラインについて
(3)市交通局における災害発生前の備えについて

2.食品ロス削減について
~意識啓発で大きく減らせる食品ロス~
(1)ゴミ減量・資源化の現状について
(2)食品ロス削減の取り組みについて
(3)フードバンクの活用について

12 篠原 光宏議員 総括方式 12月7日(金曜日)午後4時から

1-1 空き家を登録制にして災害時に借り上げ仮設住宅として運用できるようにすることについて
1-2 空き家を活用した共同利用施設の運用について
1-3 空き家除却後の減税措置について

2、JR伊丹駅と阪急伊丹駅の間を統一した景観の通りにしていくための現状の取り組みと今後の見通しについて

3、小中一貫教育や義務教育学校の導入について伊丹市の見解は?

13 上原 秀樹議員 総括方式 12月10日(月曜日)午前10時から

1.学校における教職員を増やし、異常な長時間労働の是正を
1)政府・自民党が打ち出した「1年単位の変形労働時間制」の導入について
教育委員会は中央教育審議会で議論されている1年単位の変形労働時間制について、伊丹市内の公立学校の実態を踏まえ、どのような認識をされているのかお聞きする。
2)具体的な改善策について

2.市立伊丹病院あり方検討委員会について
1)第4回の検討委員会の議論について
2)市立伊丹病院と近畿中央病院の単独による建て替え、相互の連携が議論の俎上に載っていないのはなぜか。
3)今後の問題として伊丹市としてどのように議論を進めるのか。

3.市営住宅の建て替えを求めてきたことについて
耐震診断の結果が出ていると思うが、その結果を踏まえてどのような方向性を出すのかお聞きする。

14 加藤 光博議員 総括方式 12月10日(月曜日)午前10時50分から

1. 市民意識調査について
・市の施策の「満足度」「重要度」「認知度・関心」を設問する理由について
・市民意識調査実施の意義について

2.2025年に開催予定の「大阪万博」について
・2025年の大阪万博を踏まえ、今後、伊丹市にどのような影響が考えられるのか
・伊丹市として何をすべきなのか、何ができるのか
・伊丹空港の有効活用策について

3.待機児童対策に伴う保育士人材の確保について
・待機児童解消の観点から、保育士人材確保のための現状の取り組みと今後の対応策について

15 里見 孝枝議員 総括方式 12月10日(月曜日)午後1時から

1.SDGs(持続可能な開発目標)について
1)SDGsの基本理念にたいする認識と対応について
2)職員・市民への周知について
3)教育委員会としてSDGsの副教材をどのように活用されるのか

2.健康寿命を延ばす為のフレイル(虚弱)予防について
1)健康寿命を延ばす施策について
2)フレイル(虚弱)予防の具体的な取り組みについて
3)普及・啓発

3.放課後児童くらぶについて
1)現状と課題
2)職員研修について
3)職員基準改正後の取り組みについて

16 川上 八郎議員 一問一答方式 12月10日(月曜日)午後1時50分から

1.「出入国管理法改正案」が成立すれば、今後伊丹市在住の外国人が増えると考えられる。
(1)伊丹市の外国人市民の現在の国別人数と、今後どのように推移していくと考えているか?
(2)外国人市民が共生していくために(ア)日本語教室 (イ)幼・小・中学校に「日本語適応指導員」の配置(ウ)出会いの広場「伊丹マダン」等が実施されている。その現状と課題について

2.障がい者就労支援事業所10施設の共同店舗「ぷちばとー」について
・現状と課題

17 川井田 清香議員 総括方式 12月10日(月曜日)午後3時10分から

1.待機児童の解消対策と保育料について
・待機児童の発生状況と解消する方法
・3歳未満児の保育料の軽減策、無償化

2.新庁舎整備事業について
・新庁舎整備事業費について
・現在の食堂の運営条件、家賃・光熱費等の経費と今後の営業予定
・新庁舎に食堂を設置しない理由

3.学校給食から発生する食品ロス対策について
・食品廃棄物(調理残さ、食べ残し等)の発生状況
・残食調査と残食率
・処理・再生利用の状況
・発生抑制としてリデュース、完食指導、食育・環境教育等に関する取り組み

18 戸田 龍起議員 総括方式 12月10日(月曜日)午後4時から

1.エレベーターの地震防災対策
1)本市のエレベーターと地震時管制運転装置の取り付け状況について
2)既存不適格エレベーターの改善策と普及啓発について
3)災害時におけるエレベーター閉じ込め事案への消防局の対応について

2.本市の廃棄物処理
1)一般廃棄物の減量への課題と対策について
2)災害廃棄物への対応について

3.認知症予防と支援
1)若年からの認知症予防への取り組みについて
2)認知症初期集中支援チームの支援と成果について
3)認知症高齢者等SOSネットワーク事業の周知と構築について
4)地域での見守り体制の強化方法について

19 杉 一議員 総括方式 12月11日(火曜日)午前10時から

総合計画について
計画始動までの進行管理について
職員意見の聴取について
市民意見の聴取について
総合調整としての総合計画について

管理職について
人事当局が課長級、次長級に求めるもの
課題とこれから取り組みたいことについて

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。