現在の位置

代表質問の要旨(6月13日、14日)

※議事の都合により、発言時間が変更となることがありますのでご注意ください。

発言順位 会派 質問方法 質問開始日時 質問の要旨
1 フォーラム伊丹(相崎佐和子議員) 一問一答方式 6月13日(火)午前10時から

1、市長の伊丹市政への見解

2、重点施策1.幼児教育の無償化

(1)取り組む理由

(2)具体的な内容と時期

(3)進め方とスケジュール

(4)経費の積算と捻出先

(5)就学前児童施設の再整備(財源の捻出先)についての具体的な内容と時期

(6)就学前児童施設の再整備についての進め方とスケジュール
(7)教育の質の向上

3、重点施策2. こども医療費助成対象の拡大

(1)具体的な内容と時期

(2)経費の積算と捻出先

(3)他自治体での縮小方向に対する見解

(4)過剰診療への対策

4、重点施策3. 高齢者市バス無料パスの継続

(1)高齢者無料パス分の補助額(5億3000万円)の変更の有無

(2)高齢者の市バス利用促進

(3)無料パス対象者が増加し乗車料減収が予測される中での交通局の経営状況の見込み

5、重点施策4. 高度医療・救急体制の充実

(1)阪神北医療圏域に3次救急対応の高度急性期医療施設が存在しない課題への市の見解と取り組み

(2)市立伊丹病院の機能強化

6、重点施策5. 伊丹空港の国際化

(1)伊丹空港国際化の必要性

(2)市の具体的なアクション

(3)基本方針見直しの見通し

(4)基本方針見直し後の想定

7、その他の施策 市庁舎建て替え耐震化

(1) 取り組む理由

(2)具体的な内容と時期

(3)進め方とスケジュール

2 公明党(山内 寛議員) 総括方式 6月13日(火)午後1時から

1.市長4期目、4年間の所信表明について

2.伊丹市の財政状況について
1)新たな行財政プランの進捗状況について
2)マニフェスト5つの重点施策と各種施策の財源確保の見込みについて

3.幼児教育の無償化について
1)幼児教育の質の担保と充実等について
2)公立幼稚園の在り方と考え方について
3)今後のスケジュールと財源確保について

4.こども医療費助成対象の拡大について
1)経済的負担軽減の制度の設計について
2)財源の見込みと実施予定時期について

5.高齢者市バス無料パスの継続について
1)無料乗車証の継続による効果について
2)市バスサービスの維持、利便性の向上の課題について

6.高度医療・救急体制の充実について
1)3次救急医療に対応可能な高度急性期医療提供体制の検討について
2)市立伊丹病院の機能強化と今後のあり方について

7.伊丹空港の国際化について
1)各関係機関に対しての具体的な取り組みと要望活動の内容について
2)空港を生かしたシティプロモーションについて

8.まちなかミマモルメ無償化(小学校1年生)について

1)全体と小学校1年生の利用実態、効果等について

2)利用者からの要望と無償化の拡充等について

9.手話言語条例の制定について

1)条例化に向けた具体的なスケジュール等について

2)条例制定後の事業展開について

10.こども食堂等支援等こども居場所づくりについて

放課後等のこどもの活動場所としての居場所づくりについて

11.子育て支援センター利用者支援事業について

妊娠、出産から子育てまでの一貫した支援の内容について

12.企業立地支援事業の拡充・推進について
1)事業の広報展開、交渉等について
2)実施計画と拡充・推進の目途について

13.転入促進事業の推進について

1)平成28年度の実績と効果、事業利用者の評価について

2)今後の取り組みの工夫と啓発等について

14.新庁舎の建て替え耐震化について

1)現時点での具体的なスケジュールについて

2)建て替えの手法、周辺の公共施設の関連について

15.地域猫対策の充実について

1)寄付金の活用と支援金の拡充について

2)市民や関係団体等の理解、協力の推進について

16.空家等対策事業の推進について

1)特定空家等の実態について

2)事業の積極的な取り組みと空き家の利用促進について

3 創政会(佐藤 良憲議員) 総括方式 6月13日(火)午後3時20分から

1 住みたいまち伊丹の実現を目指して

・市長の4期目を迎えた所信表明から今後の計画について

・市長の公約と行政計画について

2 行財政改革

・基金の運用状況について

・債権の放棄について

3 職員採用

・臨時、嘱託職員等から年齢制限を緩和した正規職員への採用について

4 地域ビジョン

・地域自治組織の現状と活動の推進及び市の関与について

5 教育・子育て支援

・待機児童と保育所整備について

6 防災・防犯

・伊丹市の災害対策について
7 福祉

・「障害者差別解消法」の施行から1年経過し、伊丹市の現状について
8 都市基盤整備

・自転車レーンの整備計画と利用状況について

9 都市ブランド・観光

・インバウンド戦略について

10 ボートレース事業

・今後の経営計画について

11 市立伊丹病院

・高度医療、救急体制の充実と市民との関係について

12 市営バス

・経営状況と補助金による黒字化について

・事故件数と早急な対応策

4 日本共産党伊丹市議会議員団(上原 秀樹議員) 総括方式 6月14日(水)午前10時から

1.情勢認識について
1)市長の「ニッポン一億総活躍プラン」に関する認識を問う。
2)市長の安倍首相の改憲発言に対する認識を問う。
3)教育長の教育勅語に対する認識を問う。

2.幼児教育段階的無償化、幼児教育ビジョン策定等について
1)幼児教育無償化と(仮称)幼児教育推進条例の制定について
(仮称)幼児教育推進条例の理念とは。無償化は伊丹市が作成する「カリキュラム」に同意することが条件なのか。見解を問う。
2)子どもの貧困対策として充実すべきことについて
子どもの医療費無料化の対象拡大について見解を問う。
3)今後の幼児教育のあり方に関する「基本方針」「実施計画」について
・伊丹市の公立幼稚園で3歳児保育をすることについて見解を問う。
・学教審答申で言う「1クラス20人以上が望ましい」の根拠を問う。
3.公共施設再配置について
1)市役所本庁舎の建て替えについて
・改めて計画変更の理由を問う。

・.庁舎新築の財源、国の「公共施設等適正管理推進事業債」に関して見解を問う。
・「PFI導入可能性に係る検討」についての見解を問う。
2)中央公民館、女性・児童センターの機能移転について
これらの施設は現在地での建て替えはせず、機能移転をするとされている。
その計画期間は、2020年(平成32年)までとされており、計画の周知と建て替えか機能移転かの議論を市民・利用者で行う時期ではないか。
・中央公民館に関する見解を問う。
・女性・児童センターに関する見解を問う。
3)市営住宅の建て替えについて
・今年度見直しの「住生活基本計画」と「公共施設再配置計画」に関する見解を問う。
・「市営住宅として民間住宅を借り上げる条件はあるのか」を問う。
・「市営住宅の耐震化対策は何もしないままでいいのか」を問う。
4.部落差別の解消の推進に関する法律について
1)市長の現段階での部落問題の到達点について
日本国憲法のもと、基本的人権と民主主義の前進を図る国民の不断の努力を背景に、「社会問題としての部落問題」は基本的に解決したといえる到達点にあるというべきと考えるが、見解を問う。
2)1986年の地域改善対策協議会の意見具申で指摘された「新たな差別意識を生み出す新しい要因」に対する認識について
3)「部落差別の解消の推進に関する法律」における参議院での付帯決議に対する見解について

5.国民健康保険の県単位化について
1)兵庫県の「納付金」「標準保険料率」公表時期について
2)一般会計からの法定外繰り入れを増やすことに対する見解について
3)子育て・低所得者世帯への減免・軽減制度拡充に対する見解について
6.介護保険事業について
本年度「新総合事業」が始まったが、懸念していた「基準緩和」による訪問介護等、現要支援1・2の人のサービス水準は維持できているのか、実態把握はされているのかを問う。

7.都市計画道路山田伊丹線の延伸について
2015年策定の「伊丹市都市計画道路整備プログラム」にもとづく都市計画道路山田伊丹線に関して、改めて周辺住民の意見を聞き、計画を見直すことへの見解を問う。

5 新政会(戸田 龍起議員) 総括方式 6月14日(水)午後1時から

1.  マニフェストの意義とは市長の見解を伺う
2.  幼児教育の無償化について
1) 質の高い教育とは具体的に何か
2)すべての幼児とは、公私立幼稚園、保育所、在宅の幼児との理解でよいか
3)財源を確保する方法は何か
4)完全無償化までのスケジュールをどのように考えているのか
5)公立幼稚園の統廃合の時期はいつか
3.  こども医療費助成対象の拡大について
1)どのような家庭を対象にどこまで拡大するのか
2)財源と実施時期はいつか
4.  市バス事業について
1)市バス維持にさらなる支援はあるのか
2)市の負担金の見直し時期はいつか
5.  高度医療・救急体制の充実について
1)市立伊丹病院の果たすべき役割とは何か
2)医師の確保など救急受入体制をどのように充実させるのか
6. 伊丹空港の国際化について
1)3空港一体運用となれば神戸空港は伊丹空港より非常に有効に活用できると考えるが見解は
2)今後、どのような働きかけをするのか
3)国際化により本市にどのような変化があるのか

7.  グローバル化に向けた英語教育の推進について
1)17小学校すべてにどの程度のネイティブスピーカーを派遣するのか
2)英語を担当する教員の養成や人材確保は十分な状況にあるのか
3)地域人材を活用することへの見解は
8. 認知症対策について
1)これまでの認知症対策の成果と課題は何か
2)今後の取り組みはあるのか
3)どのような予防策を展開していくのか
9.  転入促進事業について
1)実施期間はいつまでか
2)総合戦略と総合計画期間のどちらを優先するのか
3)計画期間以降の実施の考えはあるのか
4)今年度の目標と現時点での実績と見込みは
5)空き家対策としての効果が出ているか
6)40歳未満の年齢制限の見直しの可能性はあるのか
7)新たな周知方法は何か
8)補助メニューの今後の展開があるのか
10. 商店街等活性化支援について
1)どのように空き店舗対策を強化するのか
2)商店街を担うひとづくりとはどのような対策をとるのか
3)地域特性に応じた商業展開とは商店街をどのように分析し、対策をとるのか
11. 市庁舎の建て替えについて
1)現在の敷地を活用するのか
2)短縮された事業スケジュールの根拠は何か
3)建築費の見込みとその財源をどのように確保するのか
4)新庁舎は現庁舎と同規模それとも10%削減されるのか

6 いたみ未来ネット(高塚 伴子議員) 総括方式 6月14日(水)午後3時20分から

1.都市計画道路 山田伊丹線について
(1)路線存続を決定した理由の詳細を聞く
(2)整備効果の数字的な裏付け
(3)反対意見と地元との話し合いについて
(4)今後の進め方をどう描いているのか

2.市長の考える「女性が輝く社会」とは

3.市長マニフェストについて
(1)第5次総合計画との整合性は
(2)行財政プランへの影響は、財源不足への対応は

4.伊丹空港の国際化とインバウンド対策について
(1)伊丹空港の国際化を巡る社会情勢の変化をどう見ているのか
(2)民間企業への働きかけは、企業への圧力とならないのか
(3)伊丹市にとってインバウンドとは

5.市庁舎の更新について
(1)候補地について
(2)建設費の財源構成は
(3)建て替え時期を急ぐ理由と影響
(4)庁舎の更新が公共施設再配置計画に与える影響について

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。