現在の位置

一般質問の要旨(12月8日~13日)

・議事の都合により、開始時刻が変更となることがありますのでご注意ください。

発言順位 質問者 質問方法 質問開始日時 発言の要旨
1 北原 速男議員 総括方式 12月8日(木)10時00分から

1 大学等入学支度金支給事業について
(1)事業についての状況
(2)今後の取り組みについて  

2 こどもの医療費助成について 

2 川上 八郎議員 総括方式 12月8日(木)10時50分から

1.9月20日と10月5日の台風による学校園の休校・休園措置について

2.就学前の子どもにつけるべき力は何か?

3.学校図書館の蔵書の管理について

3 保田 憲司議員 一問一答方式 12月8日(木)13時00分から

1、骨髄ドナー登録の推進について

2、「引きこもり」の実態と対策について

3、学校推奨の自転車ヘルメットについて

4、スピードストップ(ハンプ)の設置について

4 加藤 光博議員 総括方式 12月8日(木)13時50分から

1.児童虐待について
*伊丹市における児童虐待(疑わしいも含む)の実態について
*部局や関係機関との連携を踏まえた伊丹市の対応と児童虐待を起こさないための取り組みについて
  
2.子どもの貧困対策について
*子どもの貧困対策は、国を挙げて取り組む課題と認識するが当局の見解について
*子どもの貧困対策での伊丹市のこれまでの取り組みについて
*今後、考えられる効果的な取り組みについて

3.ふるさと寄附(納税)について
*さらに魅力ある伊丹市のふるさと寄附となるためには、どのような方策が考えられるのかについて

5 泊  照彦議員 総括方式 12月8日(木)15時10分から 1.『親水性豊かな資源開発を目指す上で必要な要素を見つけ出すには、専門性の分野が必要と考える』
 今年度で、14年目を迎えた北河原地区、北っ子広場事業の魚の掴み取りが今年度も、無事、終了することができた。今夏は特に保護者や児童が多く参加され、120名を超える地域の方々に参加いただいた。特に毎年、昆虫館館長に第2部で駄六川の水生動植物のお話やこの川から蛍を飛ばすにはどういった環境整備が必要なのかといった、講話をお願いしてきた。年々、増え続ける参加者には、館長自ら昆虫館に来館のPRをされてきた。その結果、日経プラス1に関西でNO.1の昆虫館としてランキングされた。今後、市外からの来館が増えるのでは。
2.『柿衞文庫は伊丹市にとって宝となっているのか、市としての財政規模に見合った施設となっているのか』
 総務政策常任委員協議会のおりに公益財団法人柿衞文庫の事業概要や予算・決算概要の説明を受け、意見をさせて頂いたが、伊丹市から、事業費約1千万円、管理費約2千万円、給与費約3千3百万円が、補助金として支出されている。
 伊丹の上島鬼貫を始めとする日本の3俳人の一人として、参考文献等の資料を保管し広く市民や全国の俳諧に興味をお持ちの方々にユーチューブ等の媒体を経由して、PRするなどの工夫をされているのかどうか。伊丹市として管理する必要があるのかどうか。
3.『外国人が訪れやすく、住みやすい伊丹市になるために必要なことは』
 伊丹市に訪問される外国人や伊丹市在住の外国人の方々から、病気をしたときのご自分の思いを伝えられない言葉の壁や市内広告の案内文に日本語だけが、記載されている点が不満であると伺ったことがあります。いかにも日本で生活するのだから、日本語を習得するべきだと言わんばかりだと思えると聞かされました。
公共施設の案内だけでも最低5ヶ国語の記載が必要と思えるのですが、いかがか?
4.『伊丹市職員となる人材の確保について』
来年度の就職希望で公務員離れが一段と増す中で、優秀な人材をどのように確保し、伊丹市の採用試験を受験してもらうのか。伊丹市に一旦奉職し、定年前に退職していった職員数はどうなのか。公務員が不人気になった理由とは、また、退職していった職員の離職理由は。そういったデータの集積が、今後の採用基準の参考になると考えられないのか。職員が定着し、市民の要望、満足度をかなえる仕事をしてもらうには、どういった人事制度が必要だと思われているのか。
5.『近現代史の真実を実証し、中学・高校生にどういった指導が必要なのか』
 明治維新から大正・昭和に掛けての近現代史の本質を揺るがす、本当の真実とはとの命題で数々の参考本や教科書まで、見直そうという動きや声を聞く。
教育委員会として、より正確な歴史認証を施された教科書や参考書等の選定や生徒への指導が大事だと考えます。改めて、今後の歴史教育をどういった指導で臨まれようとしているのか。
 
6 高塚 伴子議員 総括方式 12月8日(木)16時00分から

 1. 伊丹市が目指す住民自治について
(1) 地域提案制度の目的、内容の総括、効果、今後の展開
(2) 地域ビジョンの策定の過程と今後の展開
(3) 自治会の位置づけと今後
(4) 地域住民参加の担保
(5) 地域自治協議会と行政(市)の役割分担
(6) 全市への展開と条例化

 2. フェミニストカウンセリング事業について
(1) フェミニストカウンセリングの現状
(2) フェミニストカウンセリングの効果、施策への反映
(3) 他の相談事業との違い、連携
(4) フェミニストカウンセリングの今後の在り方

7 竹村 和人議員 総括方式 12月9日(金)10時00分から

1、行政情報の市民へのわかりやすい情報発信について
(1) 情報発信の現状について
(2) 発信情報の共有について
(3) 印刷物とデジタル情報の融合(AR導入)について

 2、認知症の早期発見・早期対応について
(1) もの忘れ検診について
(2) 早期発見の相談体制について
(3) 早期受診の支援体制について

 3、学校現場でのアレルギー対応について
(1) 情報の把握・共有について
(2) 事故防止について
(3) 緊急時の対応について
(4) 研修について

8 西村 政明議員 一問一答方式 12月9日(金)10時50分から 1.パブリックコメントの意義について
 
2.伊丹市火災予防条例の一部改正について
 
3.人権課題当事者によるカミングアウトについて
 
9 山薗 有理議員 総括方式 12月9日(金)13時00分から 1、身体障害者補助犬専用のトイレ設置について
(1)全国・兵庫県・伊丹市内の補助犬総数
(2)伊丹空港に補助犬専用のトイレについて設置予定はあるのか
(3)設置を予定していない場合、関西エアポート株式会社への要望は予定をしているのか
2、ヘルプマーク配布・周知
(1)全国に広がりをみせる「ヘルプマーク」、伊丹市としても配布・周知に取り組むべきと考えるが見解は
3、小中学校での色覚検査受診率
(1)平成25年度から平成27年度の市内小中学校の色覚検査受診率
(2)兵庫県から受診率や取組の現状についてヒアリングは実施されたのか
4、「電子母子手帳」導入への見解
(1)子育て応援・災害対策として電子母子手帳の導入への見解
10 林   実議員 一問一答方式 12月9日(金)13時50分から

1・市営斎場の臨時駐車場として以前使われていた市保有の土地が資産台帳に登載されていなかった事について
(1) 何故このような事になってしまったのか?
(2) このような資産は他にないのか?
(3) 今後の対応策は?

2.指定管理者の従業員の車を市営斎場の駐車場及び市の土地に駐車していた事について
(1) 市職員が市の施設や土地に通勤用の車を駐車する事について、現状どうなっているのか?
(2) 市営斎場の指定管理の契約の際、市営斎場の駐車場及び、市の土地に指定管理会社の車をとめる事を条件に謳っていたか?

11 里見 孝枝議員 総括方式 12月9日(金)15時10分から

1.. 若年無業女性への自立支援について
(1) 若年無業女性の社会参加への啓発について
(2) 就業相談窓口、支援体制について

2.. 「伊丹市立こども発達支援センターあすぱるの充実」について
(1) 現在の体制と今後の課題について
(2) 社会性発達評価装置「ゲイズファインダー」について

3..がん教育について
(1)本年度のがん教育における取り組み状況について
(2)今後の小中学校のがん教育について

12 加柴 優美議員 一問一答方式 12月9日(金)16時00分から

【どうなる介護保険制度】
1、国のさらなる負担増、給付減の動きをどうみるのか
 厚生労働省は先月11月25日、介護保険制度の見直しに向けたとりまとめ案を社会保障審議会介護保険部会に示した。とりまとめ案では、「現役並み所得者」( 単身者で年金収入のみで383万円以上)の自己負担を2割から3割に引き上げ、 「高額介護サ-ビス費」による自己負担上限額を7,200円引き上げ月額44,400円とする方針が打ち出されていることについて。

2、介護予防・日常生活支援総合事業の実施に向けての課題と問題点現時点で介護予防サ-ビス利用者への周知状況、訪問介護緩和サ-ビスを実施する場合の需要予測、事業者指定の意向状況、事業所とシルバ-人材センタ-との委託・雇用関係と内容などについて伺う

13 川井田清香議員 一問一答方式 12月12日(月)10時00分から 1. 学校給食におけるアレルギー食の対応について 
・児童生徒における食物アレルギーの現状
・アレルギー食の内容と調理から喫食までの提供の流れ
  
2.児童くらぶについて
・夏休み中の給食提供
・伊丹市学童保育連絡協議会の要望への対応
14 服部 好廣議員 総括方式 12月12日(月)10時50分から

1. 伊丹市における再生可能エネルギー発電、特に太陽光発電の推進について
(1) 伊丹市における再生可能エネルギー発電の現状
(2) 伊丹市の再生可能エネルギー活用政策
(3) 伊丹市における太陽光発電の可能性―公共施設への設置状況
(4) 学校園に対する設置状況と文科省の制度の活用について
(5) 防災の面から見た太陽光発電設備設置の必要性について
(6) 一般住宅・中小事業所への設置助成で太陽光発電の推進をすべき
(7) 再生可能エネルギー推進で市のイメージアップを図るべきでは

2. 伊丹市地域振興条例の制定を
(1)循環型経済による地域振興について
(2)大型商業施設の出店抑制と、地域中小企業・商店の育成が必要では
(3)伊丹市地域振興条例で地域経済の活性化を図るべきでは

15 大津留 求議員 総括方式 12月12日(月)13時00分から

1、障害者差別解消法施行から9ヶ月
*障がいを理由とする差別が発生した場合に対応できる相談窓口へ市民の方から寄せられる相談について
*地方公務員法の欠格条項について

2、2017年4月から始まる「介護予防・日常生活支援総合事業」の基準緩和型サービスについて

3、伊丹市が自衛隊に、2011年度以降、約2万3千名以上の個人情報をデータで渡し続けていることについて
*今後の対応について

16 久村真知子議員 総括方式 12月12日(月)13時50分から 1、 高齢化社会が進む中、住みよい街づくりのため買い物弱者対策を
・市内に大型店舗が多く開店している中で身近な商店が閉店となってきている。市内の状況についての現状の把握と見解は。
・県営伊丹西野第6住宅の住民から買い物弱者への対策の声があるがその現状と対策についてはどうか。
2、大型店舗立地で交通の安全は確保されているか。    
・大型店イオン伊丹昆陽がオープンするまでの交通計画と実際の集客の交通状況についての問題点が見受けられるのではないか。改善された点や危険な状況の箇所などはどうか。
・鴻池4丁目に大型店が来年オープン予定とされているが、店舗の周辺は、鴻池小学校や天王寺川中学校の通学路となっている。
また、伊丹特別支援学校、障がい者地域生活支援施設「いたみ杉の子」の児童・生徒の通行にも使われている。車道・歩道の現状は狭いため交通量が増えれば大変危険になる。安全対策はどのようにするのか。
・開発業者は街路樹を伐採する計画を持っているが伊丹市としてはどうか。
 
17 櫻井  周議員 一問一答方式 12月12日(月)15時10分から

1.伊丹病院の経営強化

2.猫にかかる諸問題への対策
(1)野良猫対策
(2)高齢者の猫飼育

3.出生増に向けての取り組み

4.子育てしやすい社会

18 上原 秀樹議員 総括方式 12月12日(月)16時00分から

1.子どもの貧困対策に関して、市長と教育長の見解を問う


2.伊丹市の文化政策について
1)伊丹市文化振興ビジョン(提言)について
○国の文化芸術分野の政策的発展の上に立って、伊丹市文化振興ビジョン(提言)を見直すことについて見解を伺う。
○伊丹市文化振興ビジョン(提言)に「推進にあたって」の項目があるが、ビジョン策定後どのように推進体制として機能してきたのか。

2)公益財団法人伊丹市文化振興財団について

○文化振興財団は伊丹市の文化政策を推進する実施主体なのか。
○文化政策推進、人材育成等のための財源は十分と考えるのか。
○市職員の派遣をどう考えるか。

 

19 篠原 光宏議員 総括方式 12月13日(火)10時00分から

1. 貧困の連鎖を断ち切るための教育支援について
1-1 生活保護世帯や生活困窮世帯の子供が高校へ進学する際に受け取れることの出来る奨学金はどのようなものがあるのか

1-2 平成27年4月までに行われた生活扶助基準の見直しに伴い、就学援助の所得基準に影響を受ける方への配慮として平成28年度には特別措置を講じ前年度の所得基準に該当する方を引き続き援助対象者としています。
29年度以降どのような対応を考えているのか?

2.住宅の確保に配慮が必要な高齢者や障がい者が民間住宅へ円滑に入居できる為の住宅支援について

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。