現在の位置

一般質問の要旨(12月9~11、14日)

発言順位 質問者 質問方法 質問開始日時 発言の要旨

1

高塚伴子議員 一問一答方式 12月9日(水)10時00分から

 伊丹市の中小企業振興策について
 1.入札における中小企業支援
(1) 市内企業の応札状況は
(2) 市内企業の落札状況は
(3) 市内企業の優遇策は、また優遇策が与えるメリット・デメリットは

 2.伊丹市産業振興ビジョンに基づく中小企業支援
(1) アクションプログラムの実施による効果は
(2) 伊丹市企業立地支援条例に基づく支援の実額と効果は
(3)商業振興特定誘致地区補助事業の実額と効果は
(4) 県の中小企業振興条例制定を受けて、市はどのような取り組みを行うのか

 3.女性の活躍を活かした中小企業支援
(1) 伊丹市男女共同参画計画の取り組みは
(2) 女性活躍推進法を新たな行動計画にどのように反映させるのか

2 吉井健二議員 総括方式 12月9日(水)10時50分から

路上等の喫煙及び吸い殻の散乱防止について

(1)路上における受動喫煙及びポイ捨て防止の効果を高めるために、喫煙所が必要と考えるが、その見解について
(2)喫煙者、非喫煙者双方に配慮し、完全分煙の喫煙所を設置することについて
(3)違反者に対する過料について
(4)喫煙所の整備等、JTとの協力関係の構築について
(5)タバコ税、約13億円の使途について

3 北原速男議員 総括方式 12月9日(水)13時00分から

1 安全・安心見守りネットワーク事業ついて
  (1)先行三小学校区の進捗状況
 (2)なぜ阪急阪神ホールディングスとの締結協定なのか
 (3)公園や県住、市住ヘの設置が必要
 (4)認知症高齢者の負担軽減策は

2 地方創生について 
 (1)産学連携の観点から(大学との連携について)

3 通常学級に在籍する発達障害等のある児童・生徒に対する個別の支援について
 (1)発達障害等のある児童・生徒の実態について
   (2)保護者等への認識はどのようにされるのか
 (3)具体的な今後の取り組みについて

4 戸田龍起議員 総括方式 12月9日(水)13時50分から 1.教育の課題について
 1)学力向上への新たな取り組みについて
 2)阪神間の上位市との学力の違いと原因について
 3)福井県への視察で取り入れるべき学力向上の取り組みについて
 4)社会経済要因が学力に与える影響とその学習支援について
 5)児童生徒の体力強化策について
 6)中学校の部活動顧問体制について
  -1.外部指導員の必要性 
  -2.外部指導員が全市で20名に固定化されている理由
  -3.顧問の適切な指導が行われているか
 7)公立幼稚園の統廃合について
  -1.未就園児の保護者への説明方法について
  -2.神津こども園の評価
  -3.基本方針と実施計画のスケジュール
  -4.統廃合の方針転換の可能性
 
5 櫻井周議員 一問一答方式 12月9日(水)15時10分から

1.人口ビジョン実現に向けての具体的施策

2.教育の充実のための具体的施策
(1)幼児教育の充実
(2)保育園での幼児教育
(3)非認知能力の重要性
(4)家庭教育の重要性
(5)学力調査分析の活用
(6)学校支援地域本部事業
(7)「考える」教育
(8)グローバル人材の育成

6 加藤光博議員 総括方式 12月9日(水)16時00分から

1、シティプロモーションについて
*伊丹市への移住を見据えた「魅力ある伊丹」とは
*地域の人々の参加・協力については
*対象ターゲットを絞り、戦略的な展開とは
*効果検証と見直しについては

2、(仮称)児童発達支援センターについて
*施設・機能を統合することで、これまでと違いどうよくなるのか

3、ことば科について
*10年間の取り組みの総括としての検証と評価は
*ことば科の今後の展開は

7 小寺秀和議員 総括方式 12月10日(木)10時00分から

1.子どもの貧困と教育支援について
(1) 本市における子どもの貧困の状況と市の施策
(2) 教育バウチャー(塾代等助成事業)
(3) 給付型奨学金

2.公会計改革への対応について
(1) 組織体制
(2) 人材育成
(3) 専門家の利用
(4) 外部監査の実施

8 泊照彦議員 総括方式 12月10日(木)10時50分から 1.『伊丹市の財産である河川の水質汚染の原因追求と対策は誰が対応し監視するのか』
 歴史ある駄六川の景観を守り、子どもたちに昔ながらの川遊びや親水性豊かな川に蘇るように毎年、魚の掴み取りや水生動植物の探求等をし、いつかは蛍が舞い飛ぶ川にしようと子どもたちは夢をもち続けている。だが現状では、小規模工場から生活排水が流され、土日には、土木汚水やごみの不法投棄までが、漫然と罷り通っている。誰が取り締まるのか。
2.『伊丹小学校の教室確保と地域間の通学路の安全安心は誰が守るのか』
 伊丹小ブロックの各地域では、企業や工場が撤退すれば分譲マンションや住宅が立ち並らぶ、住居が増えれば子どもや車両も増える。保育所、小学校、安全な歩道が不足する。
3.『市内中学校の生徒のためのクラブ活動の充実を目指すうえで必要なものとは』
 クラブ活動数が少ない為に、本当に活動したいクラブに入れず、余り興味のないクラブに無理をして入部している生徒がいるとするならば、楽しさが半減するのではないのか。
4.『今後、伊丹市に乱立する分譲マンションの景観に配慮した規制強化が必要では』
 市内に乱立するマンション群、景観上の街並みに支障やマイナスの影響が出ている。今後、人口の減少が見込まれる中で今以上のマンションが必要なのかどうか、これからは災害に強い防災マンションの建築が必要では、そのための条例、要綱の見直しを図るべきだ。
 
9 林実議員 総括方式 12月10日(木)13時00分から

1.公共施設マネージメントについて
 1)公共施設マネージメントに、道路や橋りょうが入らない理由は?
 2)2030年までに学校施設は何%くらい減らせるのか?
 3)市営住宅の床面積は現状維持と考えるのか?
 4)2030年までに、60000平方メートルの床面積を削減できるのか?
 5)建築物の維持更新費用に1年間でどれだけ使うのか?
 6)60年後に床面積をどれだけ減らすのか?
 7)施設は築30年以上が70%を占めるが、どう平準化していくのか?
 8)より市民負担が公平となる手法とはどんなものか?

2.都市計画道路の見直しについて
 1) 未着工都市計画道路13路線のそれぞれの事業費はいくらか?
 2)何故、今見直しなのか?
 3) ガイドラインが出来て今までと何がどう変わったのか?
 4)13路線中2路線が廃止になった理由は何なのか?

 5) 存続11路線の整備の優先度はどのように決まり、どうなったのか?

 6) 存続候補11路線を、いつまでにどの順番で作るのかという全体的な計画はどうなっているのか?

3.JR伊丹駅前の整備について

 1) 公共施設マネージメント後には、ほかの施設整備が少なくとも50年くらいは出来ないのではないのか?

 2) JR伊丹駅前の整備はどうするのか?

10 山薗有理議員 一問一答方式 12月10日(木)13時50分から

1.学校現場での性的マイノリティへの理解と支援について
(1)文部科学省からの「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細やかな対応の実施等について」の通達について
(2)この通達に対して、教育長の所見を伺う

2.公共施設のトイレについて
(1)オストメイト対応トイレについて

3.色覚検査について
(1)色覚検査廃止後の課題と支援

11 竹村和人議員 総括方式 12月10日(木)15時10分から 1、ICT(情報通信技術)を活用した取り組みについて
~~芸術や歴史・文化財、地域資源を活かした魅力あるまち伊丹のPRを~~
1)地域の歴史・文化財などのPRについて
2)伊丹市の観光戦略について
3)観光拠点の情報提供、環境整備の充実や情報発信について
 2、介護サポーターポイント制度について
~~介護サポーターポイント制度のさらなる普及や拡充で健康増進を~~
1) 介護サポーターポイント制度の現状について
2)高齢者の社会参加について
3)介護サポーターポイント制度の普及や拡充について
3、学校施設の維持管理について
~~ 子どもたちが安心して学べる環境整備の充実を~~
1) 建築点検について
2)学校施設の劣化状況、設備の異常等について
3)維持管理の計画について
 
12 川上八郎議員 総括方式 12月10日(木)16時00分から

1.子どもの貧困対策について
 (1)伊丹市での取り組みは?
  (2)伊丹市の小・中学生について
   1)「子どもの貧困」に該当する率と人数は?
      2)就学援助を受給している率と人数は?
   3)「スクールソーシャルワーカー」について

2.特別支援教育について
  (1)特別支援学級の学級数と在籍児童・生徒数の推移について
  (2)支援するための伊丹市の取り組みは?
    1)支援員や介助員の配置について
    2)教室の確保について

13 篠原光宏議員 総括方式 12月11日(金)10時00分から

1.高齢化社会に応じた市バスの停留所の環境整備について

2.税金滞納者対策について
・滞納者への対応はどのようなプロセスで行っているのか
・滞納者に対して滞納金を確実に返済できるようにする為に生活設計や税への意識向上に関してファイナンシャルプランナーなど専門家による相談ができる体制について

3.介護する家族の方への簡易な訪問介護指導について

14 加柴優美議員 一問一答方式 12月11日(金)10時50分から

1、国民健康保険における高額療養費の「申請主義」について
(1)法的根拠はどこにあるのか、なぜ後期高齢者医療制度等と違いがあるのか
(2)年間の対象者件数、申請割合など本市の実態と対応についてうかがう

2、都市計画道路網の見直し(案)及び整備プログラムの改定(案)について
(1)今回の見直しのなかで、廃止候補が13路線中わずか2路線となった理由は何か
(2)総合交通計画と今回の見直しとの関連は?
(3)山田伊丹線(昆陽泉町工区)を2018年度(平成30年度)までの着手予定路線とした理由について

15 西村政明議員 一問一答方式 12月11日(金)13時00分から

1.職員の給与改定について

2.ネットいじめの対策について

3.部落差別の解消について

16 保田憲司議員 一問一答方式 12月11日(金)13時50分から

1、保育行政における課題と今後の方針について
  (1)保育士の確保について
 (2)統合保育事業について

2、18歳選挙権と主権者教育について
 (1)主権者教育を進める上での環境整備について
 (2)主権者教育の具体的な進め方について

17 川井田清香議員 一問一答方式 12月11日(金)15時10分から

1、よりよい学校給食を目指し、伊丹市としての取り組みについて       
  ・異物混入の状況と対策、公表基準
  ・炊飯業務と児童へ提供される時間
  ・今後の学校モニタリング事業の必要性
  
2、保育所給食の安全対策について
  ・異物混入の発生状況と安全対策
   ・保育所給食で使用する牛肉に関する通達と本市の状況

3、伊丹市の観光施策と観光客の動向について
    ・これまでの施策から学ぶ観光客誘致への効果的な方法
    ・大型観光バスの安全な乗降場所と駐車場の確保

18 久村真知子議員 総括方式 12月11日(金)16時00分から

1.燃やす大型ゴミ収集の廃止計画は中止すること。
1) この計画でゴミの減量化、リサイクルの推進にどのようにつながるのか。
2) 燃やす大型ゴミの有料化で高齢者等に、経済的負担を与えることをどう考えるのか。

2.朝ごはんに関しての食育推進状況について。
1)「朝ご飯を食べよう」という呼びかけはされているが、児童・生徒の現状はどうか。学校生活や健康面等でどのような影響があるか。
2)食育の観点から、朝食欠食ゼロの取組みが必要ではないか。

3.性犯罪被害者の相談窓口の設置や支援のあり方について。
1)性犯罪の被害者となっている約4割が未成年であり、警察への通報、相談は4.3%との調査結果から、相談しやすい窓口の設置、支援のあり方等考えるべきではないか。

19 大津留求議員 総括方式 12月14日(月)10時00分から

1、男女共同参画施策について
 1)男女共同参画施策に対する市の見解、及び「伊丹市男女共同参画施策市民オンブード(以下、市民オンブードと略)」の位置付け、その成果に対する認識は。
 2)市民オンブードに対する市民の認知度が低い現実を、どう考えているか。
 3)市が目指す社会を描いた、仮称「男女共同参画基本条例」を策定すべきではないのか。

2、監視カメラ及びビーコンを設置する「伊丹市安全・安心見守りネットワーク事業」について
1)「防災用」カメラの早期設置が求められるが、設置時期は。
2)「防犯用」カメラ先行設置3小学校区の現状について。 通学路に設置予定は何割か。
3)警察との覚書 第4条「緊急かつやむを得ないと認められるとき」は、どんな時か。
また、第5条「甲(市)が特別の理由があると認めるとき」は、どんな時か。
4)ビーコン使用対象者(小中学生・認知症高齢者・しょうがい者)の具体的な申込方法。
5) 4)以外の方法で、ビーコン発信機を入手するのは不可能、との認識でよいか。
6)ビーコンの使用対象でなくなった場合、また必要なくなった場合は、どうするのか。
7)ビーコンの目的外使用でトラブルになった場合、市の責任はどのように認識しているか。
8)ビーコンの説明会(再度のカメラ説明を含む)は、いつ頃に開催予定か。

3、性的マイノリティ施策について
1)性的マイノリティに対する市の認識は。
2)昨年12月議会で前向きに施策を進める旨の答弁をされているが、具体的な進捗状況は。

20 上原秀樹議員 一問一答方式 12月14日(月)10時50分から

1.街路樹のあり方について
○市道西台中央線のクスノキ伐採に対する市民の反応を当局はどう受け止めたか。

○市が掲げる街路樹、沿道緑化に関する計画と今回のクスノキ伐採との整合性をどう考えるか。今後これらの計画をどう進めるのか。
(第5次総合計画、都市計画マスタープラン、みどりの基本計画、中心市街地トータルデザイン)


2.選挙権年齢の18歳以上への拡大に伴って今後の教育で考えるべきこと
 ―― 人権と主権者教育を軸に ――
○文部科学省による「高等学校等における政治的教養の教育と高等学校等の生徒による政治的活動等について」に対する見解を問う。
・生徒の学校内外の政治的活動について
・教職員の「指導上の留意点」について

21 服部好廣議員 総括方式 12月14日(月)13時00分から 1、伊丹空港周辺地域の安全と環境の改善を
○関空がコンセッション会社に移行する。地元自治体が「大阪国際空港撤去宣言」の精神を堅持し、環境基準の早期達成と安全の確保をしっかり発言することを求める。
○10月2日のANA事故等、重大事故に至る可能性がある事故が多発している。原因究明と再発防止に向けて厳しい対応を求める。
○重大事故につながる不具合が続発する要因に航空機の整備・検査等の整備工場の移転などコスト優先の体質に対し地元自治体として厳しい対応を求める。
○航空機の離着陸コースが微妙に変化し、騒音が増加している地域がある。騒音低減への取り組みを強化すべき。
○住宅や公共施設の防音・空調設備の更新時の自己負担や自治体負担を軽減する措置を国に求め、自己負担は市が軽減措置を講ずることを求める。
2、若者をはじめとした非正規就業者の労働環境の改善を
○派遣労働法が改悪され、派遣は「臨時的一時的」という大原則が破壊される中で、伊丹で働く若者の雇用状況も悪化しているのでは。伊丹で働く非正規労働者の実態をどこまで把握しているか。
○保育士は5割、図書館職員は7割、ハローワークの職員は6割。先月のNHKスペシャルで紹介された非正規で働く人が増加している。伊丹市における保育士、図書館職員の非正規職員を正規職員へ任用する努力を求める。
○ルネサスの撤退により、市バスの減便など地域経済の衰退が現実のものとなった。このことを教訓として、企業「リストラ」や撤退に対して地域経済と従業員・市民の雇用と暮らしを守る立場から適切な対応を求める。
3、荻野小の通学路の安全確保について
○荻野小学校の通学路に関して、以前通行していた安全な近道が地主とのトラブルで通行できなくなり、通学時に通勤で混雑する危険な道路を500mも遠回りしている実態を早期に解消すべき。今までの取り組みと今後の解決見通しを問う。
 
22 里見孝枝議員 総括方式 12月14日(月)13時50分から

1父親の子育て参加について
1)本年度、行っている『父親の育児参加事業』の現状について
2)伊丹市のイクメンの取り組み、告知について
3)父子手帳について

2在宅医療体制に向けての看護師確保について
1)潜在看護師の実態について
2)また復職するための支援はあるか
3)特定行為研修を受講できる環境整備は出来ているか

3がんサバイバーについて
1)本市のコール・リコールの推進と成果について

2)治療と仕事の両立に対して支援はどのようになっているか

23 杉一議員 総括方式 12月14日(月)15時10分から

1.拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律が平成18年に制定され、第三条に地方公共団体の責務として地方公共団体は、国と連携を図りつつ、拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民世論の啓発を図るよう努めるものとする。とあり、第四条には北朝鮮人権侵害問題啓発週間として国民の間に広く拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題についての関心と認識を深めるため、北朝鮮人権侵害問題啓発週間を設ける。2北朝鮮人権侵害問題啓発週間は、十二月十日から同月十六日までとする。3国及び地方公共団体は、北朝鮮人権侵害問題啓発週間の趣旨にふさわしい事業が実施されるよう努めるものとする。とあります。
本市の取り組みについて。

2.後期五カ年実施計画及び同期間中の行財政プランについて
 1)後期五カ年実施計画及び同期間中の行財政プランの方向性について
 2)後期五カ年実施計画における官官連携の検討について
 3)次期行財政プランにおける資金運用方針について

3.新地方公会計制度導入に向けて
 1)指標を設定するなど、市民に分かりやすく伝えることについて
 2)職員の人材育成について

4.防災について
 1)南海トラフ地震発生に際しての尼崎市との連携について
 2)危機管理室への自衛隊出身者を採用することについて

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。