現在の位置

一般質問の要旨(12月8日~12月11日)

質問開始時間は多少前後することがございます。

発言順位 質問者 質問方法 質問開始日時 発言の要旨
1 市川  薫議員 総括方式 12月8日(月)午前10時から

 1. 伊丹市の学力の現状と対策について          
(1) 学校における取組     
(2) 新通学区域に対応した進路指導の状況
(3) 伊丹市立伊丹高等学校の現状

 2. 中学校の部活動について
(1) 部活動の現状
(2) 部活動の課題
                
  3.  空き家対策について               
(1) 空き家実態調査を終えて、空き家の実態
(2) 今後の空き家対策

2 加柴 優美議員 一問一答方式 12月8日(月)午前10時50分から (仮称)安全・安心見守りカメラの設置について
  通学路を中心として、市内各所や水害が発生しやすい箇所などに、市民の安全・安心を確保するための予防措置と監視体制が必要として、市による防犯カメラの設置を検討していることについて
1.検討するとした背景、設置規模の想定、設置への手順について
2.現在市内の監視カメラの設置状況について
3.教育委員会は現在の通学路の安全性についてどのように認識しているのか
4.監視カメラに関して、肖像権・プライバシ-権の侵害または自由意志による移動を萎縮させるなど危険性を指摘する声が多いことについて
3 櫻井  周議員 一問一答方式 12月8日(月)午後1時から 1.解散総選挙による悪影響への対処
2.新たな行財政プランの策定
3.公共施設マネジメントにおける学校の校舎の位置づけと地域課題への取り組み
4.高齢者の健康づくりにおける民間活力の活用
5.財政制度等審議会における議論の教育への悪影響
 
4 竹村 和人議員 総括方式 12月8日(月)午後1時50分から

1、高齢者福祉の取り組みについて
(1) 民生児童委員の負担軽減に向けた取り組みについて
(2) 高齢者の健康増進への取り組みについて
・高齢者の外出を促す仕掛けの充実について

2、児童生徒の理解の充実について
~多忙な教員、児童生徒と接する時間は十分なのか~
(1) 児童生徒の理解について
(2) 教育相談の専門家について

5 北原 速男議員 総括方式 12月8日(月)午後3時10分から

1 放課後等デイサービス事業について
 (1)平成24年度から実施されているが、利用実態について
 (2)利用者のニーズについて
 (3)今後の取り組みについて


2 土曜教育の充実について
 (1)土曜教育の取り組みについて
 (2)今後の課題と展開について

6 齊藤 真治議員 総括方式 12月8日(月)午後4時から

1.伊丹市における自転車等の施策について
1) 自転車放置禁止区域において必要とされる駐輪場の台数は何台か?
 また、今後、自転車放置禁止区域の定義をどのように説明するのか?
2)自転車放置禁止区域の中で、現在の自転車駐輪場の附置義務を満たしている建築物は何軒あるのか?
 3) 国土交通省の社会実験の結果を踏まえてどのように生かしていくのか?
4)自転車の加害者保険をどのように推進するのか?
5)不法駐輪のマナー向上や安全講習をどのように取り組むのか?

2.中心市街地の活性化について
1)まちなかバルの今後の方向性をいかに考えているのか?
2)空き店舗対策の基準は適正なのか?
3)大型小売店舗と阪急・JR伊丹駅周辺の商店街との連携は十分なのか?
4)都市観光の推進は十分なのか?

7 上原 秀樹議員 一問一答方式 12月9日(火)午前10時から

1.ルネサスエレクトロニクス北伊丹事業所の閉鎖問題について
 11月から新たに個人面談を開始し、「早期退職」募集で1,800人を削減すると発表、12月10日から19日の間には、関東・武蔵事業所への移転対象者1,000人に「早期退職」を募る予定であり、しかもその対象を「転勤困難者及び当該施策にそえないと考える者」としており、転勤可能な人にも「退職強要」を迫っている。
(1)伊丹市はこのようなひどい実態をどう把握され、認識されているのか。
(2)「退職強要」はやめるとともに、「退職強要」と本人に受け止められるような言い方をしないようルネサスに求めるべきだが、ルネサスの対応はどうか。
(3)ルネサスが、関東への移転を労働者に強いることに関し、移転できない人の再就職に最後まで責任を取ることが必要と考えるが、ルネサスの対応はどうか。

2.教育に関する問題について
1)学校図書館について
「学校図書館法の一部を改正する法律」が来年4月に施行されることに関して。
(1)法改正により伊丹市の学校図書館の利用をどう発展させようとされるのか。
(2)学校司書が法的に配置されたことでより専門性・継続性が求められるが、どうされるのか(勤務時間、身分保障)。
2)特別支援教育に関する問題
(1)介助員の増員について。
(2)特別支援学級への多学級加配、多人数加配について。

8 林   実議員 一問一答方式 12月9日(火)午前10時50分から

公営企業の会計制度が大きく変わったことを受けて
              水道料金について考えてみる

1.長期前受金の戻入益は料金原価に反映させるのか?

2.平成26年度に一時的に計上される50億円を超す利益については会計上どのように処理するのか?

3.伊丹市では「資産維持費」を料金原価の中に組み入れているが資産維持費の導入の理由は?

9 小西 彦治議員 総括方式 12月9日(火)午後1時から

1 《 都市環境整備 》
  (1)歩車分離式信号について
 
2 《 まちづくり 》
  (1)新ふるさと寄附制度(ふるさと納税)の使い道が選べることについて

3 《 福祉 》
  (1)高齢者優待カードについて
  (2)動物を活かした取り組みと助成について

10 山薗 有理議員 総括方式 12月9日(火)午後1時50分から

(1)認知症ケアの強化について
1、認知症サポーター制度の取り組みについて
2、徘徊認知症高齢者を守るためのプラスαの取り組み

(2)防災対策について
1、災害時のペット同行避難について
2、学校給食用非常食「救給カレー」を防災教育の観点として、導入するべきではないか

(3)職員意識改革に向けた取り組み
1、クレドカード導入についての見解

 

11 吉井 健二議員 総括方式 12月9日(火)午後3時10分から

1.本市における寺や神社の避難所の指定について

2.私立幼稚園の認可定員に関することについて

3.放課後子ども教室について

12 久村真知子議員 総括方式 12月9日(火)午後4時から

1、障がい者福祉の充実を
 ・入院時、緊急時にホームヘルパー・ガイドヘルパーが利用できるように

 ・障害者医療費助成制度の対象の拡大を

2、男女共同参画施策について
 ・D5.相談は、利用が増えているが、配偶者からの暴力に関しては男性の相談窓口ともなるのか。男性からの相談を受ける窓口の設置も必要ではないか。

 ・様々な理由で母子世帯が増えているが、安心して生活できる場所として、現状の母子ホームの充実が必要ではないか。

13 西村 政明議員 総括方式 12月10日(水)午前10時から

1.性的少数者を取り巻く環境について

2.人事評価制度の導入について

14 相崎佐和子議員 一問一答方式 12月10日(水)午前10時50分から 1.市立伊丹病院
(1)改革プランの総括
(2)諸課題の改善
・産婦人科の今後
・看護師の確保
・かかりつけ医との連携
・未収金の督促
・その他
2.高齢者居住施設
(1)これまでの施策の検証
(2)これからの基本方針と具体的計画
(3)諸課題の改善
・介護職員の確保
・低所得者層への配慮
・その他
15 中田 慎也議員 総括方式 12月10日(水)午後1時から

1.教育の質を向上させるために
(1-1) 教員が教育に集中できる環境づくりについて

2.安心できる地域医療を提供するために
(2-1) 市立伊丹病院の医師確保について
(2-2) 阪神北広域こども急病センターの医師確保について

16 篠原 光宏議員 総括方式 12月10日(水)午後1時50分から 1、集中豪雨時にこれまで何度か浸水被害や道路の冠水などがおきている地域では家屋への被害のみならず車両の故障など修復に高額な費用がかかっている。市民の財産を守る為に長期的な視野にたった河川整備や浸水対策などの治水計画について。
2、地域包括ケアシステム構築へ向けて
  地域力を引き出すための場所の確保について
  地域力を引き出すための人材の創出について
3、市道西台中央線等の歩道整備に関係して
  安全な歩道の面積を確保するために樹木の撤去で減少する緑化面積の確保について
 
17 佐藤 良憲議員 一問一答方式 12月10日(水)午後3時10分から 1.待機児童対策について
・現状の確認と来春の見通し
・潜在的な待機児童数の把握と対応策
・今後の方針について
2.中小企業・小規模事業者の躍進を目指して
・自民党の公約にもあるが、伊丹市での状況
・大企業の撤退による市内への影響
・雇用、労働の専門部署がある伊丹市の積極的に発信すべき施策
・その他
3.指定管理者制度について
・サービスの向上・経費の削減等、競争性の高い施設と低い施設
・競争性が発生しない場合、市営ではない事の効果と指定管理の必要性
・指定管理後の運営と責任について
・その他
18 山本 恭子議員 総括方式 12月10日(水)午後4時から

1.小・中学校における「がん教育」の推進について

2.「子ども救命士」について

3.母と子を支える「産後ケア」の充実について

19 泊  照彦議員 総括方式 12月11日(木)午前10時から 1.『これからのゲリラ豪雨に対して、どういった水防対策を講じるのか?』
  これから冬シーズンと言えども大雨が降らないとは断定できない。先だっての9月10日での豪雨災害を踏まえ、今後の対応策と恒久的な水害被害地域の安全性を確保するには、どういった手段、対策が必要なのか当局とともに考えたい。
2.『官製ワーキングプア(非常勤職員や臨時職員の処遇改善)を考慮すべきでは?』
  正規職員と同じ条件で仕事をし、中には正規職員よりも優秀で仕事をこなせるのに待遇や処遇は変わらず、賃金も安く抑えられ、退職金もない。それでも、職員同様に、市民に対しての接遇やサービスを求められる。民間のブラック企業が問題視されているが、官もブラック企業と言えるのではないか?
3.『日本語指導が必要な児童生徒の高校進学問題を考えるプロジェクトの必要性』
  兵庫県芦屋市や大阪市では、日本語指導が必要な児童生徒に対して、細々とボランティア活動が実施されている。教室を借りる費用にも困っていると言う。
残留孤児を抱える伊丹市も他人事とは思えない。伊丹市の日本語指導が必要な児童生徒数は把握しているのか、伊丹市として私塾的な活動グループに援助する気はないのか?
 

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。