現在の位置

代表質問の要旨(6月13日、14日)

質問開始時間は多少前後することがございます。

発言順位 会派 質問開始日時 発言の要旨
1 フォーラム伊丹(相崎佐和子議員)

6月13日(木)午前10時00分から

1、市長の決意
3期目がスタートした藤原市長に、(1)目的:伊丹をどういう街にするのか、
(2)手段:どのような意識や方法で進めていくのかを、改めて問う

2、市長マニフェスト(1)中学校給食の実施
~実施の方向性よし。具体的な進め方などを問う~
(1)市長と教育長の想いと見解はいかに?
(2)教育委員長の想いと見解はいかに? また教育委員会では既に検討を始めているが、これまで如何なる議論がされてきたのか?
(3)市民から「いつから始まるの?」との質問も多い中、導入検討のタイムスケジュールはいかに予定しているのか?
(4)今回の補正予算で計上された「伊丹市中学校給食導入検討委員会」の具体的な内容は?
(1)検討するのは、導入自体の有無か?導入の具体的な方法か?
(2)構成委員の内訳と選出方法は?
(3)タイムスケジュールは?
3、市長マニフェスト(2)伊丹空港の活性化
~活性化に向け、積極的な働きかけを~
(1)市長の空港活性化についての想いと見解は?
(2)「国際便の復便」とあるが、伊丹空港からの国際便就航に規制が存在する中、伊丹市として如何なる具体的アクションをおこすのか?
(3)「国内長距離便の充実」とあるが、プロペラ機→低騒音ジェット機への柔軟運用により国内長距離便も一歩前進した中、伊丹市として如何なる具体的アクションをおこすのか?
(4)「空港関連施設を活かしたまちづくり」とあるが、具体的な方策は?
(5)兵庫県と伊丹市が連携する「大阪国際空港利用促進協議会」が発足すると聞き期待するところだが、具体的な内容は?
(6)関西国際空港の近隣自治体との連携も有意義と考えるが見解は?

4、市長マニフェスト(3)健康づくり大作戦の推進
~様々な工夫に期待。行政主導から地域活動の一環へ~
(1)「いきいき百歳体操の普及」とあるが、行政主導でなく地域主体で実施することが定着のカギと聞く中、具体的な方策は?
5、市長マニフェスト(4)自転車専用レーンの設置
~専用レーンの設置をはじめ、様々な方策で自転車安全利用の促進を~
(1)自転車専用レーンについて、具体的な該当箇所はあるのか?
(2)自転車通行帯について、新たに設置予定の場所はあるのか?
(3)自転車安全利用は、自転車専用レーンのみならず種々の方法で徹底すべきだが、その他の方策はいかに?

6、市長マニフェスト(5)市立伊丹病院の充実
~病院運営には評価&期待。看護師確保は職場環境と給与面等の整備を~
(1)「医師・看護師等の更なる増員」とあるが
(1)医師は増員の途であるが、順調な要因をいかに分析しているか?
(2)今後の医師の確保策はいかに?
(3)看護師の確保は全国的に困難である中、職場環境と給与面等の整備がカギと考えるが、いかに取り組みを進めていくのか?

7、財政運営
~いっそうの健全な財政運営を~
(1)伊丹市の財政状況を、現状いかに認識しているのか?
(2)今後剰余金が発生した際、財政基金への積み立て・特定基金への積み立て・市債の繰り上げ償還・市債の発行抑制などが検討できるが、マネジメントはいかに?
(3)市債発行のタイミングについて、長期金利の動向を視野に入れるのも一考だが、当局の見解はいかに?

8、地域提案制度
~理念は理解するも懸念多し。まずは目的の明確化と周知徹底を~
(1)目的を明確化し周知徹底することが、事業を成功させる最重要ポイントと考えるが、目的と周知方法はいかに?
(2)小学校地区によって組織体制や決定プロセスが異なる中、地域ガバナンスをどうとらえ、地域の総意として提案されるようなルールやコーディネートをいかに考えているのか?
9、中心市街地活性化
~中心市街地活性化のビジョンと方向性を明確に~
(1)中心市街地活性化基本計画がH25年3月に終了したが、成果と課題を如何にとらえているのか?
(2)阪急伊丹駅東地区について、マンション建設の話も漏れ聞く中、今後市として当該地区の課題に如何に取り組むのか?

10、本人通知制度
~早急な制度化を求める~
(1)制度の必要性・重要性について、いかに認識しているのか?
(2)導入のネックの1つはシステム改修費だが、先行市では既存のシステムで対応したところもある中、伊丹市の改修費の概算額はいかに?
(3)正当な理由で取得した人の権利もあると言われているが、通知方法を工夫することで対応可能と考える。見解はいかに?

2 新政会(吉井健二議員)

6月13日(木)午後1時00分から

1伊丹市まちづくり基本条例の理念の具現化に向けて、3期目の市民自治の推進に関して市長の見解を伺います
地域提案制度を、各小学校区1地域あたり、事業費として600万円提示されていますが、地域提案ができる事業が、限定されています。理念から外れていませんか

2政策目標1支え合いの心でつくる安全・安心のまち
(1)防災通信基盤整備事業
全国瞬時警報システム(J-アラート)について。
市民・児童・生徒に、呼びかけ、伝達し、迅速に避難できるのか
その訓練は。
又北朝鮮からの、ミサイル発射の場合の情報と避難について

3消防団について、消防ポンプ車が更新されるが、各団の団員登録されている昼間の人数は、把握されていますか、女性の登用は、考えていますか

4高齢者の健康教育事業いきいき百歳体操
自主的な介護予防の取り組みを促すことを、目標とされているが、理学療法士、保健師の確保等、又体操が、長期になるため、場所や人材の確保を、どのように企画されるのか

5防犯カメラの設置について、総論賛成、各論反対が必ず出てきます
設置場所、プライバシー問題、管理方法等々、地域にまかせますか

6脳神経外科常勤医の確保が実現したことは、市立伊丹病院の質の高い医療サービスが期待でき、市民が安心して、暮らせるひとつの要因となります。同時に、高度医療機器が導入されますが、携われるスタッフの確保等々は、万全でしょうか
7伊丹市ピアサポートプログラム(冒険教育)について
寄付を頂いて市内に4校設置されていますが、指導者の育成および要請を、どうされるのか、指導者によっては、児童の対人関係や、生きる力等々が身につくと、実践されています。見解をお願いします

8中学校給食について、90%以上の人が賛成、理由は、働く母親の負担が軽減、栄養が管理されている等々。教育委員会は、中学校給食導入検討委員会を、設置されますが、委員のメンバーの選出、他市への視察先等々、民間業者等々と決めていかれ、生徒にとって一番の給食であってほしいと思います。教育委員会としての考えを、お聞きします


9伊丹市の交通事故の現状と取り組みの重点に関する、市長の見解を伺います。
交通安全対策について、伊丹市の24年の人身交通事故件数1、238件、物損事故件数4、143件阪神間警察署内で上位です。死亡者は5名出ています。「安全・安心」は全市民の総意です。ハード・ソフト両面から抜本的に、取り組むべきだと思われます
交通安全指導員の導入により、大人から子どもまでの交通安全指導の
徹底をすべきであります。

10次期参議院選挙の選挙運動について
インターネットを、使った選挙運動が、はじめて解禁されます
若者の関心を引き、投票に繋がっていけば、よいのですが。
また、知らずに、選挙運動違反をされる事も想定されます。
今後の選挙運動のあり方、又注意事項をお尋ねします

3 公明党(北原速男議員) 6月13日(木)午後3時20分から

(1)新市長に所信を問う
・マニュフェストの実現に関して
(2)教育施策に関する教育長の所見について
・中学校給食に係る中学生の食生活の課題、給食実施にむけた見解について
・いじめ問題の現状と対策の取り組み状況、その効果、いじめ撲滅への見通しについて
(3)伊丹空港の活用について
・空港を生かした街づくりについて
・国内長距離便の増発、国際線復活についての見通しについて
(4)地域提案制度について
・提案事業決定に至るまでの透明性の担保について
・600万円の根拠と採択基準について
・3年間の事業実施後の方向性について
(5)交通事故防止への取り組みについて
・通学路の安全対策の取り組み状況について
・自転車レーンや歩道のセミフラット化に向けた整備方針について
・自転車安全利用に関する条例の制定について
(6)経済対策と財政運営との関連について
・骨太の方針案に対する見解について
・市内企業への発注及び早期発注への取り組みについて
(7)子ども子育て支援施策について
・待機児童の発生状況及び発生した要因について
・待機児童解消のための方策
・開設助成対象としている民間会社の実績等について
(8)今後の風しん予防対策について
・これまでの風しん予防対策について
・本市の感染者動向について
・予防接種実施態勢の確保について
・市民への周知方法等について
(9)都市ブランド戦略について
・これまで行ってきたブランド戦略の評価と課題について
・今後取り組むブランド戦略の方針
・具体的な取り組みについて
(10)市立伊丹病院について
・脳外科診療について近隣市立病院の状況について
・診療科新設による効果と今後の見通しについて
・脳外科の更なる診療体制強化策について

4 日本共産党伊丹市議会議員団(上原秀樹議員) 6月14日(金)午前10時00分から

1.市長の情勢認識を問う
1)アベノミクスで市民の暮らしはよくなるのでしょうか。
2)「日本の侵略戦争」に対する歴史認識、「従軍慰安婦」に対する認識を伺う。
3)自民党などの「憲法改正」論議に対する考えを伺う。

2.中学校給食は自校調理方式で
すべての生徒の健やかな心と身体の発達を支え、身近な農家の新鮮な食材が活用できき、栄養士・調理員などの職員と身近に接することができる自校調理方式が望ましいと考えるが、見解を伺う。

3.議案第54号「平成25年度伊丹市水道事業会計補正予算」(第1号)
第4期拡張事業、兵庫県水道用水受水施設整備工事の見直しが提案された。この件に関し、

(1)県営水道に不測の事態が生じたとき、千僧浄水場からの供給は可能なのか。
(2)水道事業会計への影響をどう考えるのか、について見解を伺う。

4.議案第64号「伊丹市営斎場条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第66号「伊丹市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について」それぞれの条例で、指定管理者制度を導入しようとする問題について伺う。
(1)それぞれの施設において、直営で管理するよりもその目的を効果的に達成でき、住民サービスの向上につながるとされた理由は何か。
(2)個人情報の保護という点では問題はないか。
(3)市営住宅における福祉対応、維持管理業務という点では問題はないか。

5.住宅耐震改修工事への補助制度創設について
(1)制度創設の理由、新耐震基準適合率向上との関係。
(2)住生活基本計画における環境に配慮した住まい・まちづくりという観点でのリフォ―ムをどう進めるか。
(3)戸建て住宅における太陽光発電の促進をどう進めるのか。

6.障がい者福祉について
(1)新しい法律で、障がい者の範囲に難病が加わったことについて。
(2)重度身体障がい者等が自立して生活できるために。

7.教育に関する問題について
1)いじめ問題にかかわる法制化議論での問題点について見解を伺う。
(1)法律で子どもに命令し、義務を課そうとしている問題。
(2)「道徳教育」をいじめ対策の重要な柱としようとする問題。
(3)いじめる子どもに対する「懲戒」を強調している問題。

8.空港問題について
市長の所信表明で、国内長距離便や国際チャーター便の規制緩和、さらには国際便の復便を視野に入れて働きかけるとされた。空港を活かしたまちづくりという点ではこのような提言をされているが、枕詞で言われている「安全・環境対策」での提言はないのか。「環境基準達成に向けた不断の努力」には何を働きかけるのか。

9.地域提案制度について
地域提案制度実施要綱(案)における、「地域の住民の意見を聴いて行うことが効果的であるものについて、・・・実施することにより、参画と協働による市の事業の効果的な実施と、地域の自主性の向上を図ることを目的とする」とされていることに対する基本的な考えを伺う。

5 蒼翠会(杉一議員) 6月14日(金)午後1時00分から

市長所信表明より
【市政運営の決意から】
1「現場主義」を自らの政治信念としているが、この4年間、地域活動への参加、市民との対話など、どのような手法で市民と向き合っていくつもりか。

【課題認識と市政運営の基本方針から】
2公共施設マネジメントに関する市民への周知についてどのようにしていくのか。
3市民が主体となったまちづくりについて。
(1)地域組織について。
(2)市民活動・地域活動に携わる市民を増やしていく手法は。
(3)職員と市民とのつながり。
【4年間の重点施策から】
4中学校給食について
(1)具体的な結論をいつ出す予定としているのか。
(2)中学校給食導入がもたらす教育的効果は。
(3)財源は
(教育委員会に問う)
(4)社会的企業やPPPを活かしていくことについて
5伊丹空港について、国際定期便の復便を視野に入れているが、外国への働きかけを市としてどのように考えているか。
6「人と自転車にやさしい」まちづくりの実現を目指す中で
(1)駅前駐輪問題への取り組みについて一定の強制力をより働かせるのか。
(2)自転車道を整備する中で、障がいを持たれた方への対策は。
【教育方針に対して】
7就学前教育に民間の力を活かすことについて(公立の民営化など)

【市長マニフェストより】
8公共サービスへの民間活力の導入についてこの4年間で描いているスケジュ―ルは。

【施策を遂行するにあたり】
9庁内統制について

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。