現在の位置

一般質問の要旨(3月7日、8日、11日、12日)

質問開始時間は多少前後することがございます。

発言順位 質問者 質問開始日時 発言の要旨
1 久村真知子議員 3月7日(木)午前10時00分から

1、子どもへの体罰のない学校を
(1)子どもが安全で安心して学べる学校にするために、地域の人々、保護者が学校運営に協力をしていくことが必要ではないか。
(2)現在報道されている学校での体罰問題に関しての見解をお聞きする。
(3)体罰の無い指導のあり方に関しての取り組みはどのようにされてきたのか。
(4)伊丹市内での体罰の実態はどのように把握しているのか。
(5)文科省からのアンケートはどのように取り組んでいるのか。その結果は伊丹市の教育指導にどのように反映されるのか。
(6)体罰の実態把握は今後どのように行うのか。相談窓口の設置等を行い早く対処できる体制の充実が必要ではないか。
(7)「子どもの権利条約」にそっての子どもの意見表明権尊重のために、生徒の声はどのように取り上げるのか。また教師の意見はどう反映されるのか。
(8)体罰をなくしていくための教育長の考えはどうか。

2、生活保護制度の見直しに関して、受給者に対する指導のあり方、基準引き下げによる就学援助への影響について

2 篠原光宏議員 3月7日(木)午前10時50分から

1.学校の教師やスポーツ指導者による体罰問題に関連して
(1)学校教育法11条の「児童、生徒及び学生」に加えることの出来る「懲戒」について教育長はどのように考えているか。
(2)教職員が体罰などの暴力行為に及ばないように、教育長としてどのような方針で指導を行っていくのか。
(3)「教職員の意識改革と資質の向上を目指した各種講座および研修会」について


2.学校施設の非構造体の耐震性の向上について
(1)伊丹市における学校施設内の非構造体について、耐震点検はどの程度実施されているのか。
(2)耐震点検によって補修や改修が必要と判断されたものについては今後どのような計画で耐震化を実施していくのか。

3 加藤光博議員 3月7日(木)午後1時から

1.市民特別賃貸住宅(特優賃)に係る若年世帯等への家賃補助制度の問題点について
(1)基準外家賃補助額について
・若年世帯への家賃補助額について、平成13年度から平成23年度までの収入基準超過分および収入不足分の各累計額と平成24年度予算および平成25年度予算案における収入基準超過分および収入不足分のそれぞれの補助金額はいくらなのか。
・子育て世帯への家賃補助額について、平成19年度から平成23年度までの収入基準超過分と収入不足分および対象期間超過等の各累計額と平成24年度予算および平成25年度予算案における収入超過分および収入基準不足分のそれぞれの補助金額はいくらなのか。

(2)この基準外補助金を支給していた実態をいつ把握し、どのように対応しようと考えていたのか。

(3)平成23年度の国の会計検査においてこの補助金の返還を求められ、平成23年12月の補正予算で返還金を専決処分されたときに、なぜ、是正しようとされなかったのか。

(4)昨年12月に不適切な事務処理事案を発表されたときに、なぜ報告されなかったのか。

(5)平成25年度予算案において基準外家賃補助金の返還金の歳入が組み込まれていない理由と職員措置請求に基づく損害の補てんをどのように考えているのか。

4 市川薫議員 3月7日(木)午後1時50分から

1教員の早期退職について
(1)本市における教員の早期退職者
(2)3月の早期退職者の欠員対応

2体罰問題について
(1)体罰の認識
(2)体罰の実態
(3)調査からでてきた体罰
(4)体罰についての教員への指導

3運動部活動について
(1)運動部のあり方

5 櫻井周議員 3月7日(木)午後3時10分から

1.教育委員会の公開性
(1)次回の教育委員会の人事は4月1日の教育委員長人事であるが、この協議から公開すべきだと考えるところ、教育委員会の見解如何?
(2)「教育委員長の選任についての会議の公開につきましては、当日の出席委員によりその可否を決する」というのではなく、予め非公開とする場合のルールを定めておくべきと考えるが教育委員会の見解如何?

2.体罰について
(1)教育長と学校教育部長は、以前、教員をされていましたが、体罰をしたことはあるか?
(2)文部科学省からの通達により、各学校における体罰の実態調査を実施したと理解するが、伊丹市における体罰の実態如何?
(3)体罰の実態調査において体罰が発見された場合、体罰を行った教員の処分は行ったか?
(4)当然のこととして、学校には治外法権が認められていないが、刑法208条や刑事訴訟法239条2項は学校においても貫徹しているのか?
(5)体罰はやってはならない、体罰では児童は育たない、と散々言われても、それでも体罰がなくならないのは何故だと教育委員会は考えるか?
(6)ライフスキル教育の観点からも、体罰はやってはならないことが言えるが、こうした考え方を現場の教員に広めるための教育委員会の取り組み如何。
(7)体罰容認論・体罰必要論は根強くあるが、こうした現状に対して、教育委員会の見解如何?
(8)体罰が無意味であることを、現場の教員に対して理論的に説明することが、体罰をなくしていくために必要だと考えますが、教育委員会の見解如何?
(9)体罰問題やイジメ問題へ対応するために、川西市こどもの人権オンブズパーソンのような、こどもを救済する機関を設ける必要があると考えるが、市当局の見解如何?
(10)地域住民と学校との絆を強化することで、体罰問題やイジメ問題の解決に繋がるとともに、学力向上にもつながると考えるが、教育委員会の取り組み状況如何?
(11)体罰禁止を徹底すると生徒から「先生、体罰できへんやろう。殴ってみろや!」という生徒の挑発などが想定されるが、こうした生徒の問題行動へは教員はどのように対処すればよいか?
3.教育とは何か?
(1)生徒が中心の教育、生徒に自主性を重んじる教育、そのためには生徒にやる気と自主性が必要になるが、そうしたものを含めて育む教育を行うべきと考えるが、教育委員会の見解如何?

6 西村政明議員 3月7日(木)午後4時から 1.いじめの対応
(1)昨年実施された2回目のアンケート調査結果
(2)「伊丹市いじめ対策リーフレット」の内容
2.学校評価の活用
(1)児童生徒の声は活かされているか
(2)PDCAサイクルはうまくまわっているか
(3)公表の形は適切か
3.都市計画道路整備計画
(1)整備の優先順位のつけ方
(2)公表の形は適切か
(3)住民参加の仕組みはあるか
7 上原秀樹議員 3月8日(金)午前10時から

1.伊丹市市民特別賃貸住宅における若年世帯等家賃補助に係る問題について


2.木下教育長の2012年12月議会一般質問に対する答弁について
「自己中心的な考え…このような状況を生んだ背景には、戦後、戦争につながったと考える規範や日本古来の伝統で占領政策にそぐわないものはすべて排除をされ、かわって平和主義、自由主義、個人主義を国の方針にしたことに一つの原因があるのではないかと思っています…」と答弁された件について、どういう意味なのか理解できない。

(1)「戦争につながったと考えられる規範や日本古来の伝統」とは。

(2)「平和主義、自由主義、個人主義を国の方針にしたこと」が原因とは。

(3)戦後教育がめざしたものはなんだったのか。

8 北原速男議員 3月8日(金)午前10時50分から

1.日本経済再生に向けた緊急経済対策を活用した15カ月予算案について

(1)防災減災政策における老朽化した社会のインフラ整備について市長の見解を問う

(2)経済活性化・雇用対策の視点からみた継続性についてはどう考えるのか

2.子ども医療費助成について

(1)実施時期について

(2)子育て支援施策として各自治体間の格差について

(3)県の行革等により予算の縮減等がなされた場合の本市の対応について

3 自転車の損害保険の促進について

(1)本市における自転車事故の実態について把握しているのか

(2)今後の取り組みについて

9 小西彦治議員 3月8日(金)午後1時から

1.ふるさと納税について

(1)過去の実績と使途について

(2)定着するための働きかけ、施策をどうお考えか

2児童の登下校安全管理について
(1)登下校通知システム『ミマモルメ』の導入

3トップアスリートを活かしたスポーツ普及活動について

10 竹村和人議員 3月8日(金)午後1時50分から

1、劇場や音楽堂等の活性化の取り組みについて
(1)伊丹市に於ける劇場法に該当する劇場や音楽堂等について
(2)劇場や音楽堂等の施設の使い道について
(3)伊丹市と各芸術団体との連携について
(4)劇場や音楽堂等からの創造発信事業について
(5)市民の皆様に広く認知される取り組みについて

2、胃がん予防について
(1)胃がん予防の取り組みについて
(2)胃がん検診について
(3)胃がん検診を定期的に受診する取り組みについて
(4)ピロリ菌検査について

11 加柴優美議員 3月8日(金)午後3時10分から

1、市の県政要望について
(1)2013年度要望の結果、県の当初予算に反映されているのか

(2)単独事業において市町村負担を求める県のあり方について

(3)今後の対応について

2、インタ-ネットカフェの開店(山田6丁目地先)に関して
(1)店舗の特徴や利用方法等の掌握について

(2)兵庫県青少年愛護条例による規制に関連して

(3)インタ-ネットカフェにかかる諸問題への対応について

(4)地域周辺環境への影響等について

12 山本恭子議員

3月8日(金)午後4時から

1.「ハ-ト・プラス」マ-クについて
・「ハ-ト・プラス」マ-クの取り組みについて

2.子宮頸がん検診について
・細胞診とHPV-DNA検査併用について

3.自殺防止対策について
・自殺防止への取り組みについて

13 相崎佐和子議員 3月11日(月)午前10時から

1、「自転車安全利用条例の策定」
~自転車王国伊丹でも「自転車安全条例」と「計画」の策定を!~
(1)全国で急増している「自転車安全利用条例(仮称)」を、自転車利用が多い伊丹でも策定をと求めるが見解は?
(2)条例と同時に具体的な対策を盛り込んだ「自転車利用安全計画(仮称)」も策定するのがベターと考えるが見解は?
(3)条例化するなら、市民も交えた検討委員会を発足させて議論するのがベターと考えるが見解は?
2、「就学前のこどもの施設」
~いよいよH25年度から当課題の協議がリスタート。詳細を問う!~
(1)こども未来部に問う
・就学前のこどもの施設の、現状と課題をどう認識しているか?
・「子ども子育て支援事業計画(策定義務付け。H27年4月~)について、既存の「次世代育成支援行動計画(愛あいプラン)」との整合性はいかに?
・「ニーズ調査」(H25年度実施予定)について、国のひな形(8月頃提示予定)に加えて市独自の内容も盛り込むべきだが?
・「地方版子ども子育て会議」(設置は努力義務)について、市には既に次世代育成支援推進協議会が存在するが住み分けはいかに?
(2)教育委員会に問う
・就学前のこどもの施設の、現状と課題をどう認識しているか?
・学校教育審議会(H25年度実施予定)について、
諮問内容は?預かり保育等は諮問するのか?スケジュールはいかに?
(3)総務部に問う
・就学前のこどもの施設について、国では内閣府で一括管轄とされるが、市では組織体制をいかに構築するのか?

14 新内竜一郎議員 3月11日(月)午前10時50分から

1.伊丹市市民特別賃貸住宅の家賃、支給について
(1)住民監査請求について
(2)会計検査の結果、その後の処理、対応について

2.市民が主体となったまちづくりの実現
(1)小学校区単位の地域組織の充実
(2)コミュニティビジネスの推進について

15 佐藤良憲議員 3月11日(月)午後1時から 1.中学校給食について
・ぜひとも実施すべきだが、これまで検討すらしなかった当局の方針転換に疑問が残る。今後の確実な実施時期、方法、財源等の確認

2.カラス対策と委託金の随意契約について
・特定のNPO法人に随意契約する選定理由
・県の緊急雇用創出事業の補助はあるが、県内雇用に繋がっているのか
・また委託することによる効果

3.特定優良賃貸住宅(特優賃)について
・住民監査請求の内容
・実態調査もせず認めると言う事は以前より認識していたのか
・会計検査院の実地検査でも指摘されていた事
・入居者には職員・議員等やその縁故者はおられるのか
・その他、特優賃全般について
16 山薗有理議員 3月11日(月)午後1時50分から

1、平成25年度当初予算ホームページ運用事業について

(1)本市ホームページはどのようなコンセプトを持って運営なされるのか
(2)試験的に運営されたフェイスブックについて問題点や今後の展望について
(3)市民サービス向上のため、職員の意識形成を図る全職員向け研修を導入してみてはいかがか。
(4)ホームページを利用したシティーセールスの展望について

2、平成26年度NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に関連する観光振興について

(1)大河ドラマゆかりの地として、全国へ「伊丹」をPRする絶好の機会であるが黒田官兵衛と荒木村重を今後どのようにPRを進めるのか。
(2)位置情報サービスやインターネットに対応した観光案内についてどのような展開を予定されているのか。

17 川上八郎議員 3月11日(月)午後3時10分から

1.公共施設が景観に果たす役割について
(1)学校の外壁の塗装について
(1)無機質な薄いベージュ色1色からツートンカラーの外壁が増えているがその意図はなにか?
(2)今後、どうしていくのか?

(2)公共施設の外観が、地域の景観に果たす役割について
(1)H25年度予算で、市営住宅の外壁塗装工事費や人権センターの外壁改修工事費等が計上されているが、外壁の色について、どう考えているのか?
(2)小学校区単位の街づくりを進めていくにあたって、公共施設の外観や色彩をどう考えていくのか?

2.学力・学習状況調査について
(1)同じ子どもで調査するなら、取り組みの効果の判断の材料になるが、違う子どもで調査することで何がわかるのか?
(2)進学塾に、大半の子どもが行っている学校と、大半が行ってない学校がある。学力テストの点数が、あたかもその学校だけの教育の結果のごとく扱われることについて、どのように考えているのか?

3.「引きこもりの若者」施策について
(1)12月議会での答弁にあった、「6月から11月の半年間の庁内における引きこもり及び若年無業者(ニート)に関する相談の実態」調査の結果について
(2) 伊丹市青少年問題協議会で、調査結果に基づいて
(1)どのような議論がなされたのか?
(2)今後の施策方針について

18 中田慎也議員 3月11日(月)午後4時から

1.伊丹市職員の給与制度に関して
(1)行政職給料表について
(2)各種手当等について
(3)技能労務職員の給与水準および事業の効率化について

2.伊丹市のブランディングおよび広報戦略の策定に関して
(1)本市のブランディング戦略について
(2)本市が発信する広報物の戦略について

19 杉一議員 3月12日(火)午前10時から

1.リスク管理について
市民から信頼される市役所づくりのためにコンプライアンスの徹底が必要である。そこで下記の点を質問する。

(1)コンプライアンスを守るためにはどのようなリスクがあるのかを知る必要がある。そこで、地方公共団体が起こしうると想定されるあらゆるリスクの洗い出しをしていかなければならないと考えるがその現状と見解と問う。

(2)リスクに対して的確な対処をしていくために洗い出されたリスクの分析(頻度・影響度、そしてリスクごとの対処法)についてどのようにしていこうとしているのか?

(3)リスクを洗い出し、分析した結果、今まで行っていた事務処理等のルールを整理しなければならないこともありうると思うがその見解を問う。

(4)想定されるリスクを全職員が知り、コンプライアンスを守る職場作りが必要と考えるが、その研修方法について見解を問う。

(5)リスクを管理し、職員にコンプライアンスを徹底しても事務ミスや不祥事等は発生する可能性がある。そこで、専門的資格を有する方との連携について見解を問う。

2.来年実施される大河ドラマ「軍師官兵衛」を活かすことについて

(1)より多くの市民に関わっていただくことでまちが盛り上がるのではないかと考える。そこで、どのようにして市民と協働して諸事業を実施するのか組織作りを中心に見解を問う。

(2)他市よりお越しいただいた方に視覚的アピールが必要と考えるが、市内各所への誘導及び展示物についてどこでどのように見せることができるのか見解を問う。

(3)他市からお越しいただく方は鉄軌道及び空路にて来伊される方が多いと思われるが、鉄道会社・空港・航空会社との連携について見解を問う。

20 戸田龍起議員 3月12日(火)午前10時50分から

1.神津支所の今後のあり方について
(1)所有権問題の進捗は
(2)神津こども園隣地の活用は
(3)こども園建設費に充てる幼稚園と保育所の売却額は

2.保育所の耐震化計画と就学前児童施設との関係
(1)荻野保育所の耐震化は
(2)就学前児童施設の再編に関係があるのか

3.中学校給食について
(1)実施する場合の課題は

4.特優賃問題について
(1)住民監査請求の内容と今後の対応について

21 保田憲司議員 3月12日(火)午後1時から

1、特別賃貸住宅の若年世帯等家賃支援について
(1)要綱の遵守状況について
(2)特優賃制度の目的とルールとの整合性について
(3)損害の発生等について
(4)特優賃制度の問題について
(5)今後の展開について

2、防災施策の取り組み状況について
(1)学校と地域が一体となった避難訓練について
(2)企業と連携した災害対策について
(3)緊急時における職員体制について

3、教育委員会の公開について

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。