現在の位置

平成22年12月定例会の記録

◎平成22年12月定例会の日程

12月  6日  (月)  本会議(招集日)  補正予算等提案説明 
  9日  (木)  本会議(第2日)  人事案件・契約案件議決、一般質問 
  10日  (金)  本会議(第3日)  一般質問 
  13日  (月)  本会議(第4日)  一般質問、補正予算等質疑、常任委員会付託  
  14日  (火)  予備日   
  15日  (水)  付託議案審査  総務政策常任委員会・文教福祉常任委員会 
  16日  (木)  付託議案審査  生活企業常任委員会・都市防災常任委員会 
  17日  (金)  予備日   
  22日  (水)  本会議(最終日)  報告・議決 

◎12月定例会一般質問の概要(12月9日~13日)

発言順位  質問者  発言の要旨 
齊藤真治議員 

1.中心市街地活性化について

(1)猪名野神社と中心市街地の事業連携について

(2)新図書館と周辺施設及び事業の連携について

(3)まちづくり会社の設立について

(4)家主・地主の会の設立について

(5)ネオ伊丹の空き店舗対策・テナントリーシングについて

2.小学校の学習指導環境と英語教育について

(1)モンスターペアレンツの対応について

(2)教員のメンタルヘルスについて

(3)教員に対する授業力向上のための対応について

(4)小学校の英語教育について

・補助教員について

・中学校英語につながる英語の時間について 

吉井健二議員 

1.年内に、泉州市・町関西国際空港対策協議会(関空協)と大阪国際空港周辺都市対策協議会(11市協)の府内の自治体が、主になり新たな協議会に取り組もうとしていますが、11市協の会長であります市長の見解をお伺いします

2.第5次総合計画事業実施計画における公共施設の再配置について

(1)再配置計画にある防災センター、保健センター及び発達支援センター等の公共施設の早期整備について

(2)市庁舎を含む他の公共施設をどのように維持管理・運営していくのか

3.伊丹市の各小学校単位にある地区社会福祉協議会の名称が、統一されていないのはなぜか、又、各自治会の集まりのブロック長と地区社会福祉協議会の地区長の二人がいますが、なぜ統合しないのか市当局の見解を伺います

4.兵庫県の教育委員会の推進事業であります地域に学ぶ「トライやる・ウイーク」について

(1)中学2年生が5日間の地域での様々な活動や体験を通して得たものは、なにか

(2)生徒一人一人に対する、学校・保護者・地域社会(事業所)・関係機関等の協力と十分な理解を、得られていると思いますが、今後の課題は、無いのか 

加柴優美議員 

1.県政への対応について

(1)市の2011年度対県要望にかかる交渉の結果は?

(2)県の「第2次新行革プラン(企画部会案=素案)」に関して

・素案に対する市の意見をどのように反映させていくのか

・重度障害者、乳幼児・こども医療費助成事業の見直し案について

―現行は本人、配偶者、扶養義務者のうち最上位所得者で判定しているが、今回同一世帯を合算する所得判定単位へ改めようとするもの―

・見直しによる影響について

・これ以上の事業(制度)後退は認められないのでは

2.空港の環境対策について

(1)周辺対策基金にかかる助成金等の変更・廃止に関して

(2)民家防音工事など騒音環境対策にかかる国の費用負担削減への対応について

3.直結給水方式の普及・切り替えの推進について

(1)「直結給水建物階数の検討」(伊丹市水道ビジョン)など今後の具体化について

(2)高層住宅・マンション等への対策 

加藤光博議員 

1.(伊丹空港の将来)関空・伊丹の経営統合にかかる地元合意について

2.認定こども園等、就学前児童施設整備計画案の進捗状況について 

上原秀樹議員 

1.認定こども園等就学前児童施設整備計画(案)について

(1)特にすずはら幼稚園に関して、保護者・地域住民等関係者の理解を得ることができたのか。

(2)今後の見通しをどのように考えるのか。計画(案)の見直しは考えないのか。

2.地域を元気にする中小業者支援・仕事おこしについて

(1)2010年度政府補正予算における地域経済対策をどのように具体化するのか。

(2)改めて「住宅リフォーム助成制度」について問う。

(3)改めて「公契約条例」について問う。 

久村真知子議員 

1.武庫川ダム建設の白紙から新しい治水計画について

(1)武庫川ダム問題の県の方向が変化したが、市長はどのような見解か

(2)伊丹市は総合治水対策として今後どのような計画を持つのか

(3)住民参加の「新しい川づくり」についての取り組みはどうか

(4)洪水ハザードマップは、総合治水対策で変化があるのか

(5)水害時に用水路などに流される被害が起こっているが防止対策はどうか

2.土砂災害ハザードマップについて

(1)市内の指定されている危険箇所の対策はどうか

3.イオン伊丹西ショッピングセンター開店での地域に対する対策について

(1)県へ様々な意見が地域から提出されているが、伊丹市からはどうなのか

(2)生活道路の安全の確保について、住民の意見を聞き伊丹市としても早急に取り組むことが必要ではないか

(3)歩いて買い物ができるまちがこわれていくのではないかその対策は

4.低所得者の住宅確保について

(1)低所得者の住宅確保に関しての市民の現状をどう捉えているのか

(2)高齢化対策としての住宅改造、特にエレベーターの設置が必要

5.市内で地デジ対策の現状はどうか 

 

中村孝之議員 

1.新行革プランの策定について

(1)伊丹市行政改革推進懇話会の提言内容は、住民福祉を守る責務をもつ自治体の役割と矛盾するが、当局の認識を問う。

(2)財政収支仮試算(一般財源ベース)内容について

(3)同和行政・教育に係わる事業経費等は、懇話会提言で触れられていないのは何故か。

(4)安全で安心して暮らすことができるよう、子ども・障がい者・高齢者へのしわ寄せは止めるべきである。

2.差別を許さない都市宣言について

(1)1975年制定の「差別を許さない都市宣言」の内容は、今日の市政方針に合致しているのか。

(2)特別施策の終了を迎える今日、伊丹市は「差別を許さない都市宣言」の廃止を検討すべきではないか。 

松崎克彦議員 

1.子ども・子育て支援について

(1)公立幼稚園

(2)保育所待機児童の解消

(3)認定こども園

(4)その他のサービス 

9 山内寛議員 

1.国が示した「関西・伊丹両空港の経営統合(案)」に関して

(1)関西・伊丹両空港の経営統合(案)について、持ち株会社の新設案が示され更に新案が示されたが、市長はどのように受け止めておられるのか?

(2)平成2年の「大阪国際空港の存続及び今後の同空港の運用等に関する協定(存続協定)」の取り扱いについては?

2.社会教育施設(新図書館)について

(1)web図書館としての機能についてはどのようになっているか?

(2)図書貸し出しサービスや検索についての新しい工夫はどうか? 

10 北原速男議員 

1.公営住宅について

(1)公営住宅の老朽化に伴う、整備状況について

(2)高齢化が進展する中で、公営住宅における子育て支援施策への取り組みについて

2.高齢化の進展に伴う認知症高齢者への取り組みについて

3.スポーツセンター・陸上競技場の芝生化について

4.期日前投票における宣誓書について

(1)期日前投票が増加している現状において、高齢者や障がい者など宣誓書記入手続きの簡素化について

(2)投票所のバリアフリーについて 

11  坪井謙治議員 

1.(仮称)発達支援センターの早期建設について。

2.認定こども園等、就学前児童施設整備計画(案)について。

3.身近で気軽に取り組める健康づくり(公園における健康遊具の設置)について。 

12  平野園美議員 

1.伊丹市庁舎耐震改修計画及び周辺施設再配置計画(案)について

(1)検討委託の結果について

(2)市庁舎の耐震改修を行わないと決めた理由について

(3)市庁舎の今後の計画について

(4)周辺施設再配置計画について

2.企業の撤退とまちづくり施策について

(1)企業の撤退での影響について

(2)撤退後の跡地活用について

(3)伊丹市の施策の有効性について

(4)既存企業の撤退防止について

(5)23年度からの産業振興ビジョンの新たな取り組みについて 

13  岩城敏之議員 

1.市バスは、平成20年度から採用したIC化によって、今までとは違った、より詳細な乗車実態を把握出来る環境になったと考えます。そこで、今後の経営の方向を定めるための戦略立案の為にも、より詳細なマーケティングの実施が必要であると考えますが、当局の見解をお聞かせ下さい。

2.市税が公共交通である市バスに投入されている以上、その税金がいかなる目的で市バスに投入されているのか市民に対し明確にする必要があり、その為には、市と交通事業者が一体となって拠出根拠を政策によって明確にする必要があると考えますが、当局の見解をお聞かせ下さい。

3.公共交通機関である市バスと民間バス会社が一体となって、本市の交通体系を補完し合う事は、市民に対しての交通サービス向上にも繋がり、公共交通機関である市バスと民間バス会社が本市の交通体系について協議する必要があると考えますが、当局の見解をお聞かせ下さい。

4.現在、策定中の交通基本法に対応して、市が中心となって、電車・バス・自動車・自転車・徒歩などで構成される都市交通を市民にとって便利な交通体系とする為、協議会を設置し、総合交通政策としての交通計画を策定すべきであると考えますが、当局の見解をお聞かせ下さい。

5.本市にとって今後、不動産価額の維持を各施策の中に検討課題として入れていく事が必要であると考えます。特に、総合的な交通政策は、その重要な部分を担い、公共交通機関としての市バスの持つ役割は、福祉・経済といった側面だけでなく、本市の不動産価額の維持にも大きく係わってくると考えますが、当局の見解をお聞かせ下さい。 

14  泊照彦議員 

1.『今年度の国勢調査を終えて、新たな問題点と改善点に向けてについて』

今年度も5年に一度の国勢調査が終了したが、今回の調査では、前回の調査から活かされた点や今回、お手伝い頂いた住民からの貴重な意見をどう国へ要望され、次回の調査に活かされるのか?

2.『県道・市道拡幅工事における歩道の確保とバス停留所改装問題について』

何故、同じ行政内で歩道整備や拡幅工事毎に停留所改装に支障をきたすのか、縦割り行政の悪癖が本来の情報伝達を阻害しているのではないのか?

3.『交通戦略・体制を制御する部・室の組織面での対応と必要性について』

一度、政策室で対応するとの約束であったが、どういった理由で対応できないのか、いつまでたっても生活安全課に無理を強いるのか?

4.『障がい者雇用の拡大に向けて、市内民間企業への斡旋の進捗状況と今後の展望について』

全国的に障がい者雇用が上昇傾向にある中で、市内民間企業の就労率はどうなのか、今後就労拡大に向けて伊丹市として取るべき手段とは? 

15  相崎佐和子議員 

1.「認定こども園等就学前児童施設整備計画(案)」

~懸念される課題への、具体的な対策と説明を~

(1)認定こども園への不安や疑問に対する説明を(保育時間の違い・カリキュラムのあり方など)

(2)民間経営への不安に対する対策と説明を

(3)鈴原地域の近隣公立幼稚園の受け入れ態勢の確立を

(4)単学年になるH23年度すずはら幼稚園入園児への配慮を

(5)特別支援教育の充実策を

(6)地域と認定こども園との交流の工夫を

2.「AED(自動体外式除細動器)」

~真に使えるモノとなるよう、さらなる工夫を~

(1)設置箇所の充実を(未設置の公共施設・民間やコンビニエンスストアへの配布の検討・寄贈寄付の呼びかけ・広告掲載の呼びかけ)

(2)講習の充実を(地域・職員教諭・親子サークル・中学校)

(3)設置マップの充実を(民間や私立幼稚園や県立高等学校の記載追加・電話番号や小児用パッド有無など記載の工夫・市HPからの簡易検索の工夫)

(4)貸出用AEDの設置を

(5)民間との連携を(登録制度・ステッカー配布・マップ掲載・助成制度・119通報時の案内)

16  林実議員 

1.図書館の基本設計と実施設計について

(1)初歩的なミスが多すぎるのではないのか?

(2)最低落札価格を容易に推察できるような数字を何故記載したのか?

2.入札制度について

(1)建築工事では、ほとんど抽選になる事について

(2)シルバー人材センターの入札への参加について

3.公共料金の市民負担はどうあるべきか

(1)使用料収入で収益的収支において±0を目指すのか?

(2)使用料は資本的収支のキャッシュフローで考えるのか?

4.分別ごみの回収方法について

(1)リサイクルセンターが出来て、障害者雇用が始まるのを機にその他プラスチックの分別の更なる啓発を!

(2)分別回収のシステムを、再考する時期が来ているのではないか。 

17  高塚伴子議員 

1.新図書館について

(1)実施設計に基づいて、建設工事等が発注された。開館時間等も決定し具体的な運営経費が出ているはずだが、いくらになるのか?

(2)公共投資臨時交付金は新図書館建設には使えないと聞いている。市長は3月議会で「予定していた市税を負担することなく財源確保ができる」と言ったが、財源確保はどのようにするのか?

(3)施設の管理運営は人員配置を含めてどのような体制になるのか?

(4)新たな図書館は本当にこれでいいのか?

・図書館の玄関は宮ノ前通りに面していない。宮ノ前通りの活性化に本当に寄与するのか?

・基本設計の際、図書館の入り口につながるアプローチは半屋外の明るい通り抜け空間となっていたが、実施設計では打ちっぱなしのコンクリートの壁が2階まで覆っている。この変更は何故か?

・学習室は本当に必要なのか?

・盗難防止装置とICタグは文教福祉常任委員協議会で今後の検討課題としているが、実施設計には盗難防止ゲートも含まれている。実際にはどうなるのか?導入する際の経費はどれくらいか?

(5)新図書館ができることによる様々な影響についての対策は?

・新図書館利用者には宮ノ前駐車場を1時間無料にするのか?その際、中心市街地の他の公共施設利用者も同様に無料とするのか?

・新施設の会議室・多目的室は有料か無料か?いたみホールや商工プラザなどの利用に影響はないのか?

・新図書館建設で現在の中央図書館は廃止され、伊丹市全体からみると市役所周辺に図書館空白地帯ができるが、対処策は考えているのか?

・伊丹小学校にある現伊丹分室も廃止されるが、その後の施設利用をどのように考えているか? 

◎12月定例会提出議案等議決結果

市長提出議案

番号  議件  議決年月日  議決結果 
報告第26号 

地方自治法第179条の規定による専決処分報告について

22年12月6日  報告承認 
議案第98号  平成22年度伊丹市一般会計補正予算(第3号)  22年12月22日  原案可決 
議案第99号  平成22年度伊丹市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)   〃  〃
議案第100号  平成22年度伊丹市水道事業会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第101号  平成22年度伊丹市交通事業会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第102号  新田中野財産区管理委員の選任について  22年12月9日  同意可決 
議案第103号  固定資産評価審査委員会委員の選任について   〃  〃
議案第104号  伊丹市認可地縁団体印鑑条例の制定について  22年12月22日 原案可決 
議案第105号  市立伊丹病院看護学生修学資金貸与条例の制定について   〃  〃
議案第106号  伊丹市手数料条例の一部を改正する条例の制定について   〃  〃
議案第107号  伊丹市立図書館条例の一部を改正する条例の制定について   〃  〃
議案第108号 

社会教育施設(新図書館)等整備工事(建築工事)の請負契約を締結することについて 

22年12月9日  〃
議案第109号 

社会教育施設(新図書館)等整備工事(電気設備工事)の請負契約を締結することについて 

 〃  〃
議案第110号 

社会教育施設(新図書館)等整備工事(機械設備工事)の請負契約を締結することについて 

 〃  〃
議案第111号  伊丹市共同利用施設等の指定管理者の指定について  22年12月22日   〃
議案第112号  訴えの提起について   〃  〃
議案第113号  伊丹市高齢者憩のセンターの指定管理者の指定について   〃  〃
議案第114号  伊丹市立みどりのプラザの指定管理者の指定について   〃  〃
議案第115号  平成22年度伊丹市一般会計補正予算(第4号)   〃  〃
議案第116号 

平成22年度伊丹市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号) 

 〃  〃
議案第117号 

平成22年度伊丹市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号) 

 〃  〃
議案第118号  平成22年度伊丹市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)   〃  〃
議案第119号  平成22年度伊丹市競艇事業特別会計補正予算(第2号)   〃  〃
議案第120号  平成22年度伊丹市農業共済事業特別会計補正予算(第2号)   〃  〃
議案第121号  平成22年度伊丹市下水道事業会計補正予算(第1号)   〃  〃

意見書

番号  議件  議決年月日  議決結果 
意見書案第5号  介護保険制度の見直しに関する意見書の提出について  22年12月22日  否決 
意見書案第6号  TPP交渉参加に関する意見書の提出について    〃   〃
意見書案第7号  子どものすこやかな育ちを保障する「認可保育制度」拡充を求める意見書の提出について    〃  〃

請願

番号  議件  議決年月日  議決結果 
請願第7号  伊丹市独自の35人学級の実現を求める請願書  22年12月22日  不採択 
請願第8号  後期高齢者医療制度廃止に関する意見書の提出を求める請願書   〃  〃
請願第9号  国民健康保険税の引き下げなどを求める請願書   〃  〃

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。