現在の位置

平成22年9月定例会の記録

◎平成22年9月定例会の日程

9月  6日  (月)  本会議(招集日)  補正予算等提案説明 
  9日  (木)  本会議(第2日)  補正予算等質疑・常任委員会付託 
  10日  (金)  予備日   
  14日  (火)  付託議案審査  総務政策常任委員会・文教福祉常任委員会  
  15日  (水)  付託議案審査  生活企業常任委員会・都市防災常任委員会 
  16日  (木)  付託議案審査  総合計画検討特別委員会 
  17日  (金)  予備日   
  21日  (火)  本会議(第3日)  代表質問 
  22日  (水)  本会議(第4日)  代表質問 
  24日  (金)  本会議(第5日)  補正予算等報告・議決、個人質問 
  27日  (月) 本会議(第6日)  個人質問 
  28日  (火)  本会議(第7日)  個人質問、特別委員会設置・付託 
  29日  (水)  予備日   
  30日  (木)  付託議案審査  決算特別委員会 
10月  1日  (金)  付託議案審査  決算特別委員会 
  4日  (月)  付託議案審査  決算特別委員会 
  5日  (火)  予備日   
  8日  (金)  本会議(最終日)  決算報告・議決、人事案件議決 

◎9月定例会質疑の概要(質疑:9月9日)

発言順位  質問者  議案番号  発言の要旨 
 1  上原秀樹議員 議案第74号 

「平成22年度伊丹市一般会計補正予算(第2号)」

歳出

1.第1款総務費  第1項総務管理費  第5目財産管理費  市民課西分室整備工事ほかについて

(1)西分室の移転に当たって、現在地周辺住民に十分説明され、理解を得ることができたのか。

(2)移転地における西分室の執務室並びに市民の待合場所等は十分確保されるのか。

(3)移転後の現西分室はどうするのか。バリアフリーは。

(4)施設使用料、光熱水費等の費用負担はどうなるのか。

2.第3款民生費  第4項児童福祉費  第1目児童福祉総務費  私立保育所関係費について

(1)株式会社による認可保育所となることについて。

(2)調理室、遊戯室等の保育所最低基準について。

(3)今後の更なる待機児童解消対策は。

3.第10款教育費  第7項社会教育費  第4目図書館費  図書館管理運営費について

(1)大規模小売店内への設置、地域の要望等を踏まえた特色はあるのか(その規模、蔵書数等)。

(2)市の直営であるが、職員の配置をどのように考えているのか。

(3)図書館分室を大型小売店舗内に設置することは、今後の経済動向に左右されるという点で不安定ではないか。 

 2  中村孝之議員 議案第83号 

伊丹市基本構想の改定について

1.伊丹市基本構想の第1章  伊丹市の将来像の基本目標の中で、「その社会を次世代に受け継いでいくには限られた経営資源の重点的投入と効率化を図り」と掲げられ、また施策大綱の基本方針3  自立的な行財政運営の中で、「持続可能で自立的な行財政運営スタイルに変革していきます」となっている点について

(1)基本的人権、生存権を守ることが地方自治体の責務であるが、市民が不安をもつような計画となるのでは

(2)人事評価制度の導入を掲げているが、大きな問題点があるのになぜ位置づけようとするのか

2.第2章  施策の大綱の基本方針2「多様性を認め合う共生社会」に関連する議案関連資料の現状と課題の中で、「女性、子ども、高齢者、障がいのある人、同和問題、外国人、感染症患者、性的少数者などをめぐる、さまざまな人権課題を解決するためには・・・人権尊重のまちづくりが必要」となっている点について

(1)中国「残留日本人孤児」も対象とすべきでは

(2)「同和問題」は削除すべきではないか

3.まちづくりの目標の政策目標の1  支え合いの心でつくる安全・安心のまちの施策目標3  支えあいを基調とした地域福祉について

(1)構造改革路線の延長として、自治体の役割を小さくし、支えあいを基本に地域に押し付けている感がするが

4.まちづくりの目標の政策目標2  未来を担う人が育つまちの施策目標2  子どもの生きる力を育む魅力ある学校教育について

(1)確かな学力、豊かな人間性を育むためには、教育環境の改善、35人学級の位置づけを検討されたのか

(2)健康・体力のバランスのとれた「生きる力」を育むために、中学校給食の実施を検討されたのか 

◎9月定例会代表質問の要旨(9月21日、22日)

発言順位  会派  発言の要旨 
 1 新政会(岩城議員) 

1.第5次総合計画の策定を終えられた今、平成21年度決算をふまえて、今後どのような財政運営によって政策実行されようと考えておられるのか市長の見解をお聞かせいただきたい。

2.地方債の元利償還金に対する交付税措置の見直しで、平成22年以降の地方債の元利償還金について、事業費補正方式から単位費用方式へ振替が行われ、今後さらに対象事業が拡大する可能性が高い中、安定した事業運営の為、基金の創設等が必要と考えるが当局の見解を問う

3.(1)現在策定中の行財政運営改善計画(第6次行政改革大綱)をどのような視点から策定されているのか当局の説明を求める

(2)財政と政策を一体化させた組織改革が必要と考えるが、当局の見解を問う

4.平成21年度一般会計の決算状況や現年度の状況を踏まえる中で、国民健康保険事業特別会計に係る健全化策について、早急に考える必要があると考えるが、当局の見解を問う

5.現在、見直し作業が進められている、まちづくり基本条例に基づき、今後、いかなる条例・施策等を検討されているのか当局の見解を問う

6.(1)現在策定を検討されているであろう、新たな産業振興策はどのような視点から策定されようと考えておられるのか当局の見解を問う

(2)地域資源でもある、大阪国際空港を活用した産業振興策を今後、検討されていかれるのかどうか当局の見解を問う

7.(1)現在策定中の伊丹市みどりの基本計画に於いて、今後、緑のネットワーク実現の為にどのような施策が必要と考え検討されておられるのか、当局の見解を問う

(2)今後、地域が地域にあった公園づくりをできる為の施策を検討すべきであると考えるが、当局の見解を問う

(3)伊丹市みどりの基本計画と他施策との連動によるコミュニティづくりが必要であると考えるが当局の見解を問う

8.待機児童解消の為の認定こども園等就学前児童施設整備計画について当局の見解を問う

9.新型インフルエンザ予防対策として、集団予防接種は必要と考えるが当局の見解を問う 

 2 公明党(永田議員) 

1.市長2期目スタートの年、その施策と総括について

2.財政運営について

(1)財政健全化について

(2)国保会計・下水道会計の健全化について

(3)財源の確保について

3.就学前児童施設整備計画(案)について

(1)待機児童解消について

(2)認定こども園の新設及び今後の推進の方向性について

(3)事業主体決定過程と今後の実施時期スケジュールについて

4.伊丹っ子の体力向上について

(1)子ども達の体力の現状と課題及び今後の取り組みについて

(2)遊び場確保について

5.がん対策の充実・強化について

(1)子宮頸がんワクチンの公費助成について

(2)無料クーポンの効果と継続実施について

(3)前立腺がん検診への啓発について

6.新たな地域福祉の推進について

(1)地域福祉の必要性について

(2)現行計画による地域福祉の取り組みについて

(3)今後の地域福祉の新たな取り組みについて

(4)権利擁護の仕組みづくりについて

7.芸術・文化振興について

(1)小さな芸術・文化団体への支援について

(2)市内外への情報発信の手法について

(3)子ども達が質の高い芸術・文化にふれる取り組みについて 

 3 日本共産党伊丹市議会議員団(久村議員) 

1.景気悪化の中で市民を守る市政を

平成21年度の伊丹市の決算から

(1)市税収入の減は地方交付税等で補足されているか

(2)市税収入の今後の見込みはどうか

(3)国の各種交付金が22年度23年度で終了していくが、今後の必要性について

2.中小企業への支援について

(1)工業実地調査から伊丹市としての特徴をどう捉え、また施策に生かすのか

(2)「地域内再投資力」を強める立場での対策を

3.生活保護充実に向けて

(1)生活支援職員の増員と国の基準見直しが必要ではないか

(2)嘱託職員は正規職員に

(3)「貧困ビジネス」「囲いや」などに対して伊丹市は調査をしているか

(4)住居を保障するために、申請者には敷金の支給を

4.幼児虐待防止のために

(1)児童相談所の相談員不足の中で、伊丹市の体制の改善はされたのか

(2)被害者の子どもへのケアは十分か

(3)気軽に利用できる生活支援事業を

(4)虐待防止のための地域での取り組みはどうか

(5)市町村に設置された「要保護児童対策地域協議会」の責務は何か

5.国民健康保険について

(1)一般会計からの法定外繰り入れを増やすこと

(2)多子家庭には、新たな減免制度を

(3)市民に様々な減免制度の周知を行うこと

6.保育所の充実を

(1)保育所待機児童の解消を

(2)国の保育制度はさらなる規制緩和、子どもの安全保育の保障は出来るのか

(3)認可外保育所への支援を

7.介護保険制度の充実を

(1)特別養護老人ホーム待機者解消を急ぐこと

(2)住み慣れた地域で安心して介護が受けられるように

(3)包括支援センターで、認知症や高齢者の対応は十分か

8.「市立伊丹病院改革プラン」は市民の気持ちに応えられているか。

 4 いたみ未来ネット(相崎議員) 

1.「財政」

~今後も続く厳しい財政状況から~

(1)財政運営:今後の財政運営についての見解は?

(2)歳入歳出:歳入アップ策・歳出ダウン策について方向性は?

2.「第5次総合計画」

~H23年度からの「伊丹市第5次総合計画(案)」から~

(1)表記方法:期限・目標指標・優先順位などは記載しないのか?

(2)住民自治:具体的な方向性と、諸課題への見解は?

(3)共同利用施設等:老朽化が進む中、今後の方向性は?

(4)阪急伊丹駅東地区の再整備:計画が休止の中、これからの方向性は?

(5)公共施設の再配置:本庁舎耐震工法検討の進捗と今後のスケジュールは?

3.「就学前のこどもの施設」

~「認定こども園等就学前児童施設整備計画(案)」から~

(1)計画への想い:大きな変更をともなう計画案について想いと決意は?

(2)審議会の非公開:理由と、市民が不信感を抱いたことへの見解は?

(3)1小学校1幼稚園体制:体制を変更することについての見解は?

(4)当該地の保護者・地域への影響:プラスの方向に持っていけるのか?

(5)市民への説明:市民(特に当該地域・保護者)への説明はどのように?

4.「社会教育施設(新図書館)」

~建設運用に向けて進んでいる中で~

(1)自動書庫・ICタグ:導入の如何とコストは?

(2)交流スペース:ソフト事業の中身は?

(3)蔵書数と面積数:文部科学省などの基準値は補完できるのか?

(4)コスト:イニシャルコスト&ランニングコストの算定は? 

 5 連合市民議員団(泊議員) 

1.「2009年度決算内容の反省から2011年度の予算に活かすには・・・」

(1)昨年度決算以降企業市民税の落ち込みや今後個人市民税の税収減が見通せる中で、入りが図れない状況下、どういった財源の確保を図ろうとされるのか?

(2)土地開発公社の保有地処分と今後のあり方についてどう考えているのか?

(3)2009年度どのような事業改善を行って、黒字決算となったのか?

また、伊丹版成長戦略と財源増加への手だてをどう考えているのか?

(4)財政収入の悪化状態に陥る中で、平成23年から始まる第五次総合計画の事業展開において財政面の裏づけは取れているのですか?

(5)これまでの行財政運営改善計画を遂行してきた中で、伊丹市の財政指標の改善が図られ、財政再建に大いに寄与してきていると思います。

管理職の役職手当カットや職員の給与カット等、実施されてきたわけだが平成21年度までの財政健全化による改善実績額が、どのくらいの規模になるのか。

また、その改善成果をどう評価(職員への還元等)されているのか。

2.国が検討している後期高齢者医療制度見直し案における国保会計への影響や介護保険にかかる負担は軽減するのか、どうか。

今、抱えている赤字分は、どう対処するのか?

3.新戦略・成長分野等により、伊丹市内の産業構造に変化が生じようとしている。市内の成長産業分野の把握はできているのか?

今回の銀行融資を企業にどのようにPRしているのか?

4.障害者自立支援法に基づいて支給される「移動介護加算」を巡り司法で争議が勃発している、伊丹市の見解とその実態はどうなのか?

5.生活保護者をお世話するケースワーカーの現場負担をどう把握されているのか、今後の人員の確保や適正な人員配置が必要だと考えるが、伊丹市の対応はどうなのですか?

6.認定こども園等就学前児童施設整備計画(案)の策定経過、特に職員との意見交換や今後の計画推進にあたって基本となる事項とは?

(1)幼稚園教諭と保育士との意見交換はなされているのか?

この整備計画案に活かされるのか?

(2)認定こども園の整備も含め幼保一元化が進んだ場合、国の法整備の進捗や具体化策にもよるが、所管やイニシアチブは教育委員会が握るのですか、それともこども部が執るのですか、お教え下さい。

7.環境面を配慮した屋上緑化や屋上農園の進捗状況はどの程度立案され、計画が実行されようとしているのか?

8.6月議会でも質問させて頂きましたが伊丹市の水害対策はどこまで進め自主防災活動と繋ぎ合わせようとされているのですか。

どのような手順で実施されるのですか?

9.下水道は資源の宝庫だと聞きました、下水道事業でお金儲けはできないのですか?毎年、赤字額が増えるのをただ、待っているだけですか?

下水道企業会計とは待ちの姿勢だけで報酬がもらえるのですか?

10.病院事業は大変だ!命をかけて働かなければならない職場だといえる院内暴力に屈しない公立病院を目指すには?

また、医療現場での暴言暴力等の院内暴力が年々問題化されていますがその対策をどう検討されているのですか?

11.不登校生徒・問題を抱える生徒等の校内暴力で荒廃する教育現場の現状と校内暴力対策マニュアルは活かされているのか?

12.新たなる人権侵害・犯罪を撲滅する手だて、対応策の取組みについてインターネットによるいわれなき誹謗・中傷は取り締まることが出来ないのか? 

 6 市民クラブ(松崎議員) 

1..平成21年度決算を踏まえて藤原市長就任5年5ヶ月の所感とリーダーとしての新たな決意について

2.「地域主権」に向けての行財政システムの改革について

3.第5次総合計画について

4.地域福祉・医療の推進について

5.中心市街地の活性化について

6.産業振興・創出など地域経済の活性化について

7.都市農業の振興について

8.空港問題について

9.教育について

(1)道徳教育

(2)家庭・地域教育

(3)不登校・引きこもり

◎9月定例会個人質問の要旨(9月24日、27日、28日)

発言順位  質問者  発言の要旨 

杉一議員  

1.今後の人事政策について伺う。

(1)第5次総合計画基本方針3基本施策2に「政策を形成し実現できる人づくりと組織づくり」とあるが

・部署を超えて連携を図り柔軟な組織運営をしていくには

■平成13年に作成された人材育成基本方針においても「縦割りを超えて連携を図る柔軟な職場」とあるが、この9年でどのような議論が交わされ、どのようなことを実行してきたのか。

第5次総合計画基本施策にある「部門を超えて総合的に連携する組織風土づくり」とはどのようなものか?実施計画の期間であるこれからの5年の中でどの時期までに何をしていくのか。

・人事評価導入について

■昨年9月議会において人事評価に関する質問をしたが、それからどのような議論が交わされてきたのか。

第5次総合計画基本施策にある「能力・実績を重視した公平で客観的な人事評価制度」とはどのようなもので実施計画の期間であるこれからの5年の中でどの時期までに何をしていくのか。

(2)職員自身の地域活動や市民活動をどう促していくのか。

■第5次総合計画に「協働のまちづくり」「地域コミュニティの基盤強化」とあり、市民に地域活動や協働のまちづくりを促していく必要性は感じるが、住民感情を鑑みる中で、職員自身の一住民としての活動を地域活動や市民活動をどう促していくのか。

2.公共施設での身障者用駐車スペースへの屋根の設置について

本庁舎・ラスタホール・スカイパーク・バラ公園などの公共施設において身障者用駐車スペースに屋根が設置されていない。

身障者が車の乗り降りをする際に不便を受けているのではないか。

課題はあると思うが、屋根の設置ができないものか。 

吉井健二議員 

1.戸籍・住民基本台帳の事務処理について

(1)高齢者の所在が不明になっている事例が、全国各地及び伊丹市でもあったが、その原因と今後の取り組みについて

(2)敬老のお祝いに記念品を贈られているが、その本人確認は、どのようにされているのか

(3)年金の受給をされる方の本人確認について

(4)一人暮らしの高齢者の安否確認の訪問時のデータを民生委員さんが持っていないため、近隣の人に聞き込みして探しておられるのは問題がないのか

(5)そのデータについて、市民課と高年福祉課との、連携は出来ているのか、個人情報保護法との係わりがあるのか、その対策はあるのか

(6)安否確認の情報もれは、縦割り行政の弊害であると思われるが、今後の対応について

2.まちづくりプランの中に、支えあいでつくる「安全・安心」のまちの実現を謳っているが、交通安全対策について当局の見解を問う

(1)今までに、市内で交通事故の多発地を把握し、積極的に、警察署および国道・県道の関係部署と連携を取り、その多発地の安全対策を迅速にされたことがあったのか

(2)・市内の全学校の通学路は、安全・安心して登下校できる環境が整っているのか

・学校での児童・生徒の交通安全指導は、どのようにされているのか

・児童・生徒の登下校時、地域の見守り隊等の方々と安全対策について、どのように協力してもらっているのか

・教職員の児童・生徒の登下校時の交通についての危機管理はどのようにされているのか

3.まちづくりプランの中に伊丹の未来を託す「人づくり」の実現とある。この中でスポーツ、芸術文化の振興を謳っているが、伊丹市の公的施設で個々に絵画などの文化活動をしている市民の方に対する支援が足りないのではないか

・絵画の発表会のため施設を使用するにあたり、前もってポスターや案内状を用意しているが、ポスターを貼るところがない。案内状を置く所もないので、利用者が状差しを用意したと聞いている。

発表会は絵を書く者にとっては有難く、明日への大きな喜びにつながり、また心のささえにもなる。文化活動家を育て、生きがいとされている方々をもっと理解してもらいたいと考えるが、当局の見解を問う 

新内竜一郎議員  

1.第5次総合計画、地方分権「市民自治のまちづくり」について

(1)地域住民小学校区単位組織への権限委譲、予算措置について

(2)地域ごとの将来ビジョンづくりについて

(3)市計画の成果指標と計画推進課について

2.県立多部制単位制高校開校に向けて、通学路、市民の足、交通網の充実について

3.本市の就労の場確保について(若もの・団塊世代の就労率、確保) 

上原秀樹議員  

1.国連子どもの権利委員会第3回勧告に対する教育長の見解を伺う

・「高度に競争的な学校環境が」「いじめ、精神障害、不登校、中途退学、自殺を助長している可能性があることを懸念する」(パラグラフ70)

・「著しい数の児童が情緒面での健康状態が低いと訴えている」(パラグラフ60)

第3回勧告の特徴は以上の2点にあるが、最終見解全文を通し、子どもの権利条約の観点から、伊丹の子どもの現状、教育のあり方に関する教育長の見解を伺う。

2.兵庫県高等学校通学区域検討委員会の中間まとめについて

高等学校通学区域の拡大は、「高度に競争的な学校環境」をつくることにもなる。伊丹市教育委員会は、県教育委員会に対して「学区拡大」はやめるように申し入れるべきと考えるが、見解を伺う。

3.認定こども園等就学前児童施設整備計画(案)について 

川井田清信議員  

1.都市景観行政について

(1)本市の玄関口である中心市街地の都市景観の創出について

(2)各地域の特性に応じた景観形成の推進について

(3)本市独自の掲出基準を定めた条例について

(4)新たな景観まちづくり団体の設立や自立的継続的な活動支援について

2.シルバー人材センターの充実について

(1)平成22年度及び平成23年度の会員数、契約件数及び契約額の状況について

(2)市立伊丹病院の事業所内保育施設みどり保育園の運営状況と子育て支援事業への取り組みについて

(3)事業拡大、新規事業への取り組みについて

3.国民健康保険について

(1)国保会計の健全化について

(2)新医療制度改革に対する体制について 

6 安田敏彦議員

1.公園の深夜騒音及び、維持管理と保全

(1)迷惑行為の状況・実態把握及び、対処と今後の対応

(2)「伊丹市公園施設長寿命化計画」の概要及び、今後の取り組み、事故発生状況は

(3)環境整備(清掃・除草・剪定)の実施

2.山田伊丹線(都市計画道路)の整備

(1)「金岡川」を挟んで工事がストップしている状況、整備の見通しは

(2)「金岡川」西側の通行規制と通行可能にする、ご見解を

(3)今後の、整備計画実施への考えは

3.市営住宅の耐震診断・改修の促進及び、バリアフリー化の推進及び、民間賃貸住宅の活用

(1)「公営住宅等長寿化計画」及び「耐震診断実施計画」策定の計画概要と進捗状況

(2)耐震診断改修を、どの様に実施されるのか

(3)市営住宅におけるバリアフリー化の状況と課題解決に向けた取り組み

(4)民間賃貸住宅活用への考え、今後の取り組み 

7 齊藤真治議員 

1.国民健康保険の健全化について

(1)負担と給付について

(2)凍結分8.7億円の状況と背景について

(3)保険税滞納分の徴収について

(4)健康保険の被保険者に対する説明責任について

(5)特定検診の推進について

(6)国保事業の広域化について

2.中心市街地の駐輪問題について

(1)駐輪指導員の費用対効果について

(2)空き駐輪場の有効利用について

(3)自転車駐車のモラルの啓発について

(4)歩道上の有料駐輪機設置について

(5)放置自転車の返還について 

加藤光博議員  

1.機材の小型化と多頻度化

(1)総会を踏まえた11市協や周辺市の状況と改めて国の考え、市長の考えをお伺いします。

2.防災対策

(1)自主避難所の開設における、避難所マニュアル、行動マニュアル等についてお伺いします。

(2)いたみ災害サポート登録制度の現状についてお伺いします。

3.参画と協働による地域まちづくりを推進するためには

(1)市民間で参画と協働によるまちづくりの理念は浸透されたのかについてお伺いします。

(2)地域と市との関係は今のままでいいのかについてお伺いします。 

加柴優美議員 

1.空港問題

(1)国の航空行政に対し踏み込んだ議論が必要になっているのでは

(2)「安全・環境対策に万全を期す必要がある」としながら、国の周辺環境対策費の縮減は大きな問題

(3)国土交通省の「航空機燃料譲与税の引き下げ検討」に関して

(4)「空港の活用(利便性の向上)と環境との調和」論について

                                                                ―11市協の今年度の新たな方針に関して

2.国民健康保険の「再編」と「広域化」について

今年の通常国会で成立した改定国保法には、国保を「広域化」し、都道府県単位に集約するための一連の制度改変が盛り込まれました。制度改変の基本は、都道府県に国保の「広域化等支援方針」をつくらせることです。この「支援方針」には、市町村国保の「財政改善」、「収納率向上」、「医療費適正化」などの目標が書き込まれ、都道府県がその実行を市町村にせまっていくことになります。

(1)兵庫県における協議の進捗状況、スケジュール、「支援方針」の内容はどうなっているのか

(2)「広域化」による伊丹の国保財政、制度への影響について

(3)「再編」と「広域化」に対する当局の見解をうかがう 

10 北原速男議員 

1.HTLV-1(成人T細胞白血病ウイルスI型)の抗体検査・スクリーニング導入について

(1)妊産婦検診時のHTLV抗体検査の必要性についての認識を問う

(2)母子手帳配布時にHTLVウイルスについての知識や抗体検査を受けるよう勧奨する取り組みについて

(3)市民の不安等を解消し、感染者への差別をなくするためにも、今後の医療関係者への研修・相談体制の確立について

2.公園・児童遊園地等の遊具の老朽化について

(1)公園・児童遊園地での配置・整備状況について

(2)老朽化している遊具等の計画的な安全対策・点検等について

3.クリーンランド内の(仮称)リサイクルセンターにおける障がい者雇用就労支援施策について 

11  中村孝之議員 

1.同和行政について

(1)部落解放労働事業団との清掃管理等委託契約について

・1975年6月30日、部落解放同盟伊丹支部と取り交わした「確約書」は、現在は破棄されたものと認識してよいのか。

・委託契約の見直しは、伊丹市が主体性を持って実施すべきである、来年度の契約の見直し内容を、委託料の内容を含めて問う。

(2)堀池・中曽根・緑団地の空き家募集のあり方と家賃未納問題について

・限定募集は直ちに止めて、一般募集に切り替えを

2.就学援助制度の拡充を

(1)小学校の就学援助給付金、対象児童の減少について

・就学援助の認定所得基準を引き下げてきたのは何故か

・今こそ就学援助の所得基準を平成16年度基準に戻して拡充を

(2)認定申請を早めることについて

(3)「就学困難な児童および生徒に対する就学奨励についての援助に関する規則」の改正が遅れているのは何故か

(4)国庫補助金等の大幅な増額を求めるべき 

12  坪井謙治議員 

1.社会教育施設・新図書館等における自然環境への配慮策と「まち」の一体感について。

(1)自然環境と温暖化防止の観点からの施設計画について。

(2)まちの一体感を醸し出す、しかけについて。

(3)今後のスケジュール。

2.病院事業会計について

(1)平成21年度決算について。

(2)兵庫県指定がん診療連携拠点病院について。

(3)地域医療支援病院について。

(4)緩和ケア病床の設置について。

(5)市立伊丹病院の啓発について。 

◎9月定例会提出議案等議決結果

市長提出議案

番号  議件  議決年月日  議決結果 
報告第5号  地方自治法第179条の規定による専決処分報告について  22年9月6日  報告承認 
報告第6号  平成21年度伊丹市一般会計歳入歳出決算  22年10月8日  報告認定
報告第7号  平成21年度伊丹市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第8号  平成21年度伊丹市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第9号  平成21年度伊丹市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第10号  平成21年度伊丹市介護保険事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第11号  平成21年度伊丹市公設卸売市場事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第12号  平成21年度伊丹市競艇事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第13号  平成21年度伊丹市交通災害等共済事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第14号  平成21年度伊丹市災害共済事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第15号 

平成21年度伊丹市中小企業勤労者福祉共済事業特別会計歳入歳出決算 

 〃  〃
報告第16号  平成21年度伊丹市農業共済事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第17号 

平成21年度伊丹市宮ノ前地区地下駐車場事業特別会計歳入歳出決算 

 〃  〃
報告第18号  平成21年度伊丹市鴻池財産区特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第19号  平成21年度伊丹市荒牧財産区特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第20号  平成21年度伊丹市新田中野財産区特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第21号  平成21年度伊丹市病院事業会計決算   〃  〃
報告第22号  平成21年度伊丹市水道事業会計決算   〃  〃
報告第23号  平成21年度伊丹市工業用水道事業会計決算   〃  〃
報告第24号  平成21年度伊丹市下水道事業会計決算   〃  〃
報告第25号  平成21年度伊丹市交通事業会計決算   〃  〃
議案第74号  平成22年度伊丹市一般会計補正予算(第2号)  22年9月24日  原案可決 
議案第75号 

平成22年度伊丹市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号) 

 〃  〃
議案第76号 

平成22年度伊丹市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)

 〃  〃
議案第77号  平成22年度伊丹市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第78号  平成22年度伊丹市競艇事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第79号 

平成22年度伊丹市交通災害等共済事業特別会計補正予算(第1号) 

 〃  〃
議案第80号  平成22年度伊丹市災害共済事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第81号  平成22年度伊丹市農業共済事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第82号  公平委員会委員の選任について  22年10月8日  同意可決 
議案第83号  伊丹市基本構想の改定について  22年9月24日  原案可決
議案第84号 

伊丹市長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定について 

 〃  〃
議案第85号 

伊丹市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について 

 〃  〃
議案第86号  伊丹市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について   〃  〃
議案第87号 

伊丹市立摂陽小学校耐震補強(第1期)他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて 

22年9月9日   〃 
議案第88号 

伊丹市立花里小学校耐震補強(第2期)他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて 

 〃  〃
議案第89号 

伊丹市立有岡小学校体育館棟耐震補強他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて 

 〃  〃
議案第90号 

伊丹市立稲野小学校渡り廊下棟耐震補強他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて 

 〃  〃
議案第91号 

伊丹市立南中学校南校舎棟耐震補強他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて 

 〃  〃
議案第92号 

伊丹市立東中学校耐震補強(第2期)他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて 

 〃  〃
議案第93号 

伊丹市立天王寺川中学校渡り廊下棟耐震補強他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて 

 〃  〃
議案第94号  指定金融機関を定めることについて   〃  〃
議案第95号  訴えの提起について  22年9月24日   〃
議案第96号  農業共済事業の園芸施設無事戻金の交付について   〃  〃

意見書

番号  議件  議決年月日  議決結果 
意見書案第4号  大阪国際空港の活用・運用等に対する国の責務に関する意見書 22年10月8日  原案可決 

請願

番号  議件  議決年月日  議決結果 
請願第5号  兵庫県教育委員会に対し「伊丹学区を他学区と統合しないことを求める意見書」の提出を求める請願 22年10月8日  不採択 
請願第6号  大阪国際空港の活用・運用等に対する国の責務に関する件 22年10月8日  採択 

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。