現在の位置

平成21年9月定例会の記録

◎9月定例会の日程

 

9月3日(木)  本会議(招集日)  補正予算等提案説明 
8日(火)  本会議(第2日)  補正予算等質疑・常任委員会付託・契約案件議決 
9日(水)  予備日   
11日(金)  付託議案審査  総務政策常任委員会、文教福祉常任委員会 
14日(月)  付託議案審査  生活企業常任委員会、都市防災常任委員会 
15日(火)  予備日   
16日(水)  本会議(第3日)  代表質問 
17日(木)  本会議(第4日)  代表質問 
18日(金)  本会議(第5日)  補正予算等報告・議決、個人質問 
24日(木)  本会議(第6日)  個人質問 
25日(金)  本会議(第7日)  個人質問 
28日(月)  予備日   
30日(水)  付託議案審査  決算特別委員会 
10月1日(木)  付託議案審査  決算特別委員会 
2日(金)  付託議案審査  決算特別委員会 
5日(月)  予備日   
9日(金)  本会議(最終日)  決算報告・議決 
 

◎9月定例会質疑の要旨(9月8日)

 

日程  発言順位  質問者  議案番号  発言の要旨 
 2 久村真知子議員  議案第63号  平成21年度一般会計補正予算(第2号)
第1条歳入歳出予算の補正
地域活性化・経済危機対策臨時交付金、緊急雇用就業機会創出事業、ふるさと雇用再生特別事業について
第2条債務負担行為の補正
家庭系ごみ収集運搬業務の追加
1.委託の変更内容と市民への影響について
2.入札のあり方について 
高塚伴子議員  議案第63号  平成21年度一般会計補正予算(第2号)について
1.政権交代によって、影響を受けることはないのか
2.経済活性化対策は実効性があるのか
3.女性特有のがん検診の受診率は無料化でのびるのか 

 

◎9月定例会代表質問の要旨(9月16日、17日)

 

発言順位  会派  発言の要旨 
新政会
(加藤議員) 
1.平成20年度決算における重点施策の評価と市民に伝えたいことは?
2.今後の行政改革への取り組みについて
3.第5次総合計画の策定における市民等の意見の反映について
4.地域活動組織への支援のあり方について
5.子育て支援施策の今後の展望について
6.新型インフルエンザの対応物品の確保について
7.脳外科の治療を確保するための方策について
8.神津のまちづくりについて
9.スマイル阪神の経営状況と今後の経営戦略について
10.市高の全定分離を実現するための市及び市教委の役割とは? 
公明党
(北原議員) 
1.平成20年度の決算について市長はどう評価するのか。また今後の景気後退に対しどのように対処されるのか。
2.今後の財政見通しについて
(1)国の2次補正予算に盛り込まれた定額給付金についての分析と総括について
(2)法人市民税の減収が予想されるなか今後の財政運営について
3.地域医療体制の充実について
(1)救急医療体制の再構築に向けた検討状況・一次救急医療体制の現状について
(2)医療体制の確保について、より広域的な対応も必要ではないのか
4.市民活動に密接に関連する共同利用施設等の改築計画について
5.子育て支援施策について市長の見解を問う
(1)これまで行ってきた子育て支援施策についての見解について
(2)子育て支援施策のうち、児童くらぶの時間延長について
6.小中学校の学力向上について
(1)全国学力・学習状況調査について
(2)今後の学力向上に向けた取り組みについて
7.新図書館等社会教育施設の整備計画について
(1)財源の確保が担保されるのか等
(2)環境に配慮した環境配慮型施設を目指すべき
8.新型インフルエンザへの対応について
(1)本市における新型インフルエンザの発生状況の現状について
(2)今後の予防対策について・学校の閉鎖基準等・対策計画の策定等について
9.市立伊丹病院の経営計画について
(1)現在の経営状況について
(2)市立伊丹病院の改革プランの達成について
10.地球温暖化対策としての太陽光発電施設への取り組みと環境問題への積極的な取り組みについて
(1)環境基本計画の見直しを踏まえ、新たな制度設計を検討すべき
(2)今後、環境対策が喫緊の課題になるが、環境政策に対応する横断的な組織体制の整備について
11.伊丹市交通事業について
(1)アクションプランの進捗状況について
(2)公営企業として、公共サービスとして接遇を含めどのような方向に導かれようとするのか 
連合市民議員団
(泊議員) 
1.『2008年度決算内容に関連して想うこと・・・』
(1)『政権交代による、国のこれからの方向性を受け、伊丹市政にどのような影響が及ぶのですか』
・国の予算原案方針となる骨太の方針2009は政権交代により、全面的見直しとなりますが、将来的には、地球温暖化対策を含む環境・新エネルギー開発・新産業部門の開拓や地域主権等の考え方は、似通った方策になるように感じます。伊丹市長として国の方針や方策は変われども、これだけは国費に頼らずに、市費で伊丹市民のためにやり遂げるといった想いのある施策や事業についてお教えください。
・民主党の政権下になり、国家戦略局を発足させ、国家の基本方針や予算の骨格が示されると思いますが、今後の民主党政権に対して、望まれることや新政権に期待されることはどういったことですか。
(2)これまでの行財政運営改善計画を遂行してきたので、伊丹市の財政指標の改善が図られ、財政再建に大いに寄与してきていると思います。管理職の役職手当カットや職員の給与カット等、実施されてきたわけですが、平成20年までの財政健全化による改善実績額が、どのくらいの規模になるのか、また、その改善成果をどう評価されているのですか。
(3)未来を担う伊丹市在住の子どもたちにどれだけの借金を残すのですか?
伊丹市財政の市債償還計画等はどうなっているのですか。
(4)国際会計基準の見直しの影響について教えてください。
伊丹市の市債や市税収入にどういった影響が出るのか。
(5)財務省独自の会計基準や指標に照らし合わせた場合、伊丹市の財政は健全なのですか?
(6)地方の法人市民税還付金の額が急増していますが、伊丹市市内企業の法人市民税還付金はどれほどの金額になるのですか?
伊丹市の税収入への影響度はどの程度のものなのですか?
(7)企業決算連結納税の仕組みの改善による支援の効果について
企業連結納税制度の見直しで伊丹市市内企業はどれほどの規模で助かるのですか?市内企業の何社が対象となるのでしょうか?
伊丹市市税への税収減の影響はどのくらいの金額となりますか?
(8)公文書管理法公布による影響度と対応策について
今後の伊丹市の行政文書の管理のあり方や収納場所、公文書館建設も考慮して、庁舎再配置計画に公文書管理の考え方が加味されているのですか?
2011年4月以降からは、開示請求した行政資料は全て開示していただけるのですか?
適用除外の文書の取り扱いはどうするのですか?
(9)人事異動時の業務引き継ぎの重要性とマニュアル化の推進について
伊丹市の人事異動時での業務引き継ぎの形式やマニュアル化など、どのような手順で実施されるのですか?
(10)人材なくして、地方分権改革はありえません
伊丹市の職員採用試験の合格者が10月1日付けの理由とその意図は?
配置、戦力となるまでの期間、人的工数をどうみているのですか?
職員の民間感覚を養うのに、どう対処されようとしているのですか? 
日本共産党伊丹市議会議員団
(中村議員) 
1.自民・公明政治による、国民のくらしに痛みを押し付けた構造改革路線に対して審判が下された。総選挙結果を踏まえ市長の認識を問う
2.伊丹市行財政運営改善計画(第5次行政改革大綱)と今後の方向性について
(1)市民の暮らしを脅かす新たな改革プランの策定は止め、削減した福祉医療の復活を
(2)元気な市役所づくりを
3.同和行政について
(1)特別対策として継続している「部落解放労働事業団への清掃等委託契約」の終結に向けた取り組み状況について
(2)限定募集となっている堀池・中曽根・緑団地の一般公募について
4.介護保険事業について
(1)介護サービスの充実を
(2)積立金8億円の有効利用を
(3)国の介護基盤緊急整備等臨時特例交付金を活用して、高齢者の願いである特別養護老人ホームの増設を
5.全国学力テスト・伊丹市学習到達度調査のあり方について
(1)毎年実施しているが教育効果があるのか
今こそ35人学級の拡大を
(2)悉皆調査には批判が多く抽出調査で十分である
無駄な税金の使い方だとの批判も多いなか中止すべきである
6.新図書館建設に係わる問題点について
(1)来年度は税収が激減する見込みである
建設は市民生活を圧迫しないことが前提であるが、現在まちづくり交付金を含め市民の理解が得られる状況にあるのか
(2)新図書館の管理運営に対する考え方について
7.新型インフルエンザ対策について
(1)重症患者対策等医療体制の整備について
(2)ワクチンの接種対象者・費用負担について
(3)感染拡大防止対策について
8.伊丹市次世代育成支援行動計画の策定について
(1)保育所・幼稚園等の費用負担の軽減を
(2)待機児童解消に向け認可保育所の整備を
(3)保育所・幼稚園の施設の耐震化を
9.中村地区移転跡地の整備問題について 
いたみ未来ネット
(平野議員) 
1.財政について
(1)20年度決算を受けて、今後の一般会計の展望について
(2)実質公債費比率に対し、経常収支比率が高い理由について
(3)経常収支比率をいかにして改善していくのかについて
(4)病院の借入金を資金不足にカウントすると、連結実質赤字はいくらになるのかについて
(5)連結が実質赤字にならない、今後の展望について
2.総合計画について
(1)第4次総合計画の総括について
(2)第4次総合計画の未執行の事業について
(3)市民会議の提言は第5次総合計画にいかに役立てるのかについて
(4)伊丹の街づくりの指針について
(5)第5次総合計画ではどのような時代を想定され、策定されるのかについて
3.今後の幼児教育について
今後の幼児教育のあり方については、少子化で、保育所数と幼稚園数は切り離して考えることはできません
保育サービスの今後の方向性について
(1)保育所についての考えは
(2)幼稚園についての考えは
(3)こども部と教育委員会事務局からなるプロジェクトチームについて
(4)幼児教育の今後の方向性について
4.教育について
(1)市立高等学校(全日制)の今後のあり方について
(2)中高一貫教育を当分の間見送ることについて
(3)伊丹の目指す教育とは何かについて
(4)全国学力テスト参加を伊丹の教育にいかに繋げるかについて
(5)中学校給食導入について
5.水道事業について
(1)県営水道供給の必要について
(2)県営水道の受水池の必要性について
(3)県営水道の受水池の建設について
(4)受水池建設による、水道会計に与える影響及び、水道料金への影響について 
市民クラブ
(新内議員) 
1.平成20年度決算総括質問
(1)財政、運営について
・本決算を踏まえ、市長の今後の市政運営について
・民主党への政権交代による今後の政策、予算変更について
(2)第4次総合計画の実施達成率と行政評価について
(3)不況対策、商工業の活性化について
(4)新図書館建設について
(5)地域活動に対する支援策について
(6)学校教育について
・学力、しつけ教育について
・県立多部制単位高校について 

◎9月定例会個人質問の要旨(9月18日、24日、25日)

 

発言順位  質問者  発言の要旨 
 1 吉井健二議員  1.団塊の世代から見た「長寿お祝いの会」から得るものは
2.市立の公共施設での行政側の使用について
(1)市が、主催する事業を優先するのは理解するが、市民も使用したい日のほとんどを、押さえているのは、いかがなものか
3.高齢者・障害者など万一に備えたい人のための緊急医療情報キットについて
(1)専用容器に本人の医療情報やかかりつけ医等々の情報を入れ自宅に保管し、万一に備えるものであるが、そのメリットとデメリットについて
4.市立幼稚園施設の地域開放・地域活用について
(1)小学校・中学校では、地域に体育館や校庭・校舎の一部を開放されているが、幼稚園ではできないのか
(2)3世代交流の場が持たれ、核家族の解消、安全・安心の居場所として
(3)地域活動の拠点場所として
 2 坪井謙治議員  1.病院事業
市立伊丹病院における
(1)国の動向に対する対処について
(2)がん診療連携拠点病院について
(3)地域医療支援病院について
2.今後の景観行政の展開について
 3 川井田清信議員  1.新型インフルエンザについて
(1)兵庫県と伊丹市の感染者の状況について
(2)伊丹市の小中学校の学級閉鎖の状況について
(3)新型インフルエンザワクチンの予防接種について
(4)新型インフルエンザの流行のピーク予測について
(5)伊丹市新型インフルエンザ対策計画について
(6)人工呼吸器の設置状況について
2.保育行政について
(1)阪神6市の待機児童数について
(2)待機児童の解消に向けての取り組みについて
(3)保育所におけるインフルエンザの感染状況について
3.伊丹スカイパークについて
(1)全面オープン1年を迎えての利用状況について
(2)伊丹スカイパーク朝市の利用状況と今後の朝市の充実・発展について
(3)伊丹スカイパーク内におけるレストランなどの誘致について
(4)伊丹スカイパークの充実・発展について
 4 加柴優美議員  1.大阪空港の安全問題―相次ぐ航空機の滑走路誤進入トラブルに関連して
(1)「申し入れ」に対する航空局の対応について
空港周辺自治体・住民を代表しての「申し入れ」であり、文書による回答を求めるべきではないか
(2)航空管制業務を含む抜本的な安全対策を
・2年前に発生したトラブルの教訓は生かされてきたのか
・管制官の業務負荷を軽減するための要員体制の強化を求めるべき
2.地域医療体制の充実を―県立塚口病院の統廃合問題
(1)阪神間における塚口病院の役割についてどのように認識されているのか
(2)混迷深める県の対応について
2005年以降、「成育医療、地域周産期母子センター、小児救急医療等の中核的役割をはたす」と塚口病院を位置づけながら、2008年には尼崎病院との再編統合を発表するという“迷走”ぶり
(3)「統合・再編検討委員会」での審議内容について
(4)伊丹市は、塚口病院の存続を県に求めるべき
―地域の医療崩壊を食い止め、医療の一層の充実こそ最優先課題― 
 5 高塚伴子議員  1.まちづくり交付金事業に関するアンケート調査結果について
(1)アンケート調査について
(2)アンケート調査の設問について
(3)アンケート調査のとり方について
(4)アンケート調査の結果について
2.女性の力を活かす社会づくりについて
(1)伊丹市配偶者等からの暴力対策基本計画(DV対策基本計画)について
(2)伊丹市男女共同参画施策市民オンブード報告について
(3)一人ひとりが個性や能力を発揮できるまちづくりにどう取り組むか  
 6 上原秀樹議員  1.改めて「住宅リフォーム助成制度」創設を求める
「住宅リフォーム助成制度」に関する補正予算質疑の中で、当局は「個人財産形成に対する直接補助の是非や特定業種のみが対象」となること等により、制度創設の考えはない旨の答弁がされた。しかし、全国でこの制度が広がり、内閣府地域活性化推進担当室が推奨する事業としてこの事業を掲げている。そこで次の見解を伺う。
(1)当局の補正予算質疑に対する答弁は、具体的にどんな認識からなされたのか
(2)地域建設業者の倒産が急増しているもと、伊丹市としてどんな支援をするのか
2.伊丹市における公契約に関して
2007年9月議会で伊丹市の公契約のあり方について質問をした。その後の検討経過について伺う。
(1)公契約条例の制定を求めたことについて、その検討内容
(2)公共工事設計労務単価のあり方
3.市立伊丹病院における医療費の患者自己負担金未収金対策について
「貧困と格差」が広がる中で、医療から遠ざけられる「患者になれない病人」が増加している。患者自己負担金が未収となる背景にも、「生活困窮者」の急増で「医療費を払う資力がない」(厚生労働省)人が増えていることがある。
そこで次の点を伺う。
(1)「医療機関の未収金問題に関する報告書」(厚生労働省、08年7月10日)に基づく、市立伊丹病院の対応について
(2)市立伊丹病院が「無料低額診療事業」の実施主体となることへの見解 
 7 杉一議員  1.部署および個人の目的・目標管理について
(1)過去の答弁からの進捗
(2)評価との連動について 
 8 永田公子議員  1.介護保険について
(1)見直しによる本市の影響について
(2)予防重視施策の検証と課題について
(3)在宅介護者への支援について
(4)施設整備の拡充について
2.離職者へのセーフティネットについて
(1)訓練・生活支援給付について
(2)就労支援について
(3)生活福祉金貸付制度の見直しについて
3.発達障害児支援について
(1)相談窓口・早期支援について
(2)連携・専門性・一貫性について
(3)周囲の理解とサポート体制について 
 9 久村真知子議員  1.若者の引きこもり問題に関して
(1)若者を取り巻く状況が厳しくなった背景をどう捉えるのか。
(2)伊丹での実態はどうか。
(3)若者の抱える問題に関して、すでに東京では「子ども・若者問題対策会議」が行われているが、伊丹での取り組みはどうか。
(4)「子ども・若者育成支援」法が今年公布され、「支援計画」の策定の努力がいわれている。そのための子ども・若者の意見表明、支援方法として相談センターの設置、相談・助言・指導の仕方などの支援が示されている。伊丹ではどのように進めていくのか、見解を問う。
2.男女共同参画社会推進のために
(1)国連女性差別撤廃委員会からの、日本政府に対しての問題指摘をどう受け止めるのか。
(2)伊丹市「女性・児童センター」の運営の仕方について。
(3)「女子差別撤廃条約の選択議定書」の批准について。
OECD加盟国30カ国中28カ国が批准している、国への意見の声を上げるべきではないか。 
 10 齊藤真治議員  1.伊丹市の交通施策と伊丹市交通事業アクションプランについて
(1)一般会計と交通事業の関係について
高齢者等特別乗車証と生活維持路線等補助金について
2.アクションプラン推進体制の確立について
交通施策調整会議と(仮称)伊丹市民交通会議について
(3)第5次伊丹市総合計画の位置づけについて
(4)モビリティ・マネジメント活動推進の提言について 
 11 岩城敏之議員  1.「高齢者の医療の確保に関する法律」がペナルティの対象とする「特定健診」の受診率、「特定保健指導」の指導率及びメタボリック症候群の減少率の目標数値を達成させるための呼びかけ方法及び受診環境の整備について
2.健康づくり、伊丹ブランドの発信、地域コミュニティーの観点から
(1)ウォーキングを基軸とした情報発信の可能性について
(2)地域と協力してつくる、ウォーキングコース設定の可能性について
(3)子どもから高齢者、家族やグループが活用できるウォーキングコースの必要性について
3.健康づくり、中心市街地の活性化の観点から
(1)中心市街地における回遊性、滞留時間向上のための情報板(サイン)のあり方について
(2)中心市街地から、ウォーキングコースへ誘導するための情報板(サイン)の設置について
(3)ウォーキングコース上での道標及び情報板(サイン)の設置及び地域情報の発信について 
 12 相崎佐和子議員  1.「児童くらぶ」について
→利用時間の延長を!
(1)これまで「検討する」との答弁だったが、進捗状況は?
(2)全国でも阪神間でも、ほぼ延長実施中という現状について、見解は?
(3)利用時間延長について、見解と方向性は?
2.「ヒブワクチン」について
→助成に向けて検討を!
(1)市民からの、問い合わせや要望の声は?
(2)市内で接種可能な医療機関の把握はできているか?
(3)市立伊丹病院での接種実施について、見解と方向性は?
(4)助成制度の導入について、見解と方向性は?
※ヒブワクチン・・乳幼児に多い「細菌性髄膜炎」の予防ワクチン。平成20年末に厚生労働省が国内接種を認証。現在は全額自己負担の任意接種。 
 13 松崎克彦議員  1.中学校からの学校選択制導入について
(1)保護者は子どものために何を望んでいるのか
~どうして行きたい学校を自由に選ぶことができないのか-内閣府の保護者アンケートより~
(2)自由選択制、ブロック選択制、隣接区域選択制、特認校制、特定地域選択制、その他
(3)東京都品川区、広島県尾道市における学校選択制
(4)教育バウチャー制度
(5)米国、英国における学校選択制 

◎9月定例会提出議案等議決結果

市長提出議案

 

番号  議件  議決年月日  議決結果 
報告第9号 地方自治法第179条の規定による専決処分報告について  21年9月3日   報告承認
報告第10号  平成20年度伊丹市一般会計歳入歳出決算  21年10月9日  報告認定 
報告第11号  平成20年度伊丹市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第12号  平成20年度伊丹市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第13号  平成20年度伊丹市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第14号  平成20年度伊丹市介護保険事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第15号  平成20年度伊丹市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第16号  平成20年度伊丹市公設卸売市場事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第17号  平成20年度伊丹市競艇事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第18号  平成20年度伊丹市交通災害等共済事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第19号  平成20年度伊丹市災害共済事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第20号 

平成20年度伊丹市中小企業勤労者福祉共済事業特別会計歳入歳出決算 

 〃  〃
報告第21号  平成20年度伊丹市農業共済事業特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第22号 

平成20年度伊丹市宮ノ前地区地下駐車場事業特別会計歳入歳出決算 

 〃  〃
報告第23号 

平成20年度伊丹市阪神間都市計画昆陽南特定土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算 

 〃  〃
報告第24号  平成20年度伊丹市鴻池財産区特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第25号  平成20年度伊丹市荒牧財産区特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第26号  平成20年度伊丹市新田中野財産区特別会計歳入歳出決算   〃  〃
報告第27号  平成20年度伊丹市病院事業会計決算   〃  〃
報告第28号  平成20年度伊丹市水道事業会計決算   〃  〃
報告第29号  平成20年度伊丹市工業用水道事業会計決算   〃  〃
報告第30号  平成20年度伊丹市交通事業会計決算   〃  〃
議案第63号  平成21年度伊丹市一般会計補正予算(第2号)  21年9月18日   原案可決
議案第64号 

平成21年度伊丹市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) 

 〃  〃
議案第65号 

平成21年度伊丹市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)

 〃  〃
議案第66号  平成21年度伊丹市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第67号 

平成21年度伊丹市公設卸売市場事業特別会計補正予算(第1号) 

 〃  〃
議案第68号  平成21年度伊丹市競艇事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第69号  平成21年度伊丹市災害共済事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第70号  平成21年度伊丹市農業共済事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第71号  平成21年度伊丹市病院事業会計補正予算(第2号)   〃  〃
議案第72号  平成21年度伊丹市水道事業会計補正予算(第1号)   〃  〃
議案第73号  伊丹市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について   〃  〃
議案第74号 

伊丹市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について 

 〃  〃
議案第75号  伊丹市立桜台小学校耐震補強他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて  21年9月8日   〃
議案第76号  伊丹市立瑞穂小学校耐震補強他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて   〃  〃
議案第77号  伊丹市立緑丘小学校耐震補強他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて   〃  〃
議案第78号  伊丹市立荒牧中学校大規模改造(第2期)他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて    〃  〃
議案第79号  伊丹市立天王寺川中学校体育館棟耐震補強他工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて     〃  〃
議案第80号  伊丹市立伊丹高等学校耐震補強他工事(特別教室棟)の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて   〃  〃
議案第81号  伊丹市農業共済事業の園芸施設無事戻金の交付について  21年9月18日    〃

 

意見書

 

番号  議件  議決年月日  議決結果 
意見書案第9号  生活保護世帯における母子加算の復活を求める意見書  21年10月9日  否決 
意見書案第10号  障害者自立支援法を廃止し、障害者福祉の充実を求める意見書   〃  〃
意見書案第11号  高校授業料の無償化を求める意見書   〃  〃

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。