現在の位置

平成19年3月定例会の記録

平成19年3月定例市議会の記録

◎平成19年3月定例会の日程

2月20日(火)本会議(招集日):補正予算等提案説明(本会議開会前に議場コンサートあり)
23日(金)本会議(第2日):補正予算等質疑・付託/契約案件・人事案件議決
26日(月)本会議(第3日):施政方針並びに各案提案説明
28日(水)常任委員会:付託議案審査
3月1日(木)常任委員会:付託議案審査
2日(金)常任委員会(予備日)
5日(月)本会議(第4日):代表質問
6日(火)本会議(第5日):代表質問
7日(水)本会議(第6日):個人質問
8日(木)本会議(第7日):個人質問/特別委員会設置・付託
9日(金)本会議(第8日):補正予算等報告・議決
12日(月)本会議(予備日)
13日(火)予算等審査特別委員会
14日(水)予算等審査特別委員会
15日(木)予算等審査特別委員会
16日(金)予算等審査特別委員会
23日(金)本会議(最終日):当初予算等報告・議決

◎3月定例会質疑の概要(質疑:2月23日)

 発言順位  質問者  議案番号  発言の要旨
 1  
中村議員
 
議案第10号

 「大阪国際空港と共生する都市宣言」を行うことについて
1.当局は、12月の本会議で、都市宣言はできうる限り多くの市民のみなさんの理解をいただき、市民
のみなさんと共に宣言するものでなければならないとし、神津地区の方々についてはより丁重な説明を
させていただき、その結果を受けて次期議会に呈示すると答弁していたが、理解が得られたのか。
2.今日、空港周辺の環境が大きく改善されつつあるとして、共生都市宣言制定の理由の一つとしてい
るが、神津地区から出されている反対意見書に反するのでは。
3.市長は新宣言の提案をなぜ急ぐのか。また市長は、2万人の請願署名と本会議での採択を理由とし
ているが、これまで請願が本会議で採択されながら、市が請願を無視した事実を検証すべきではないのか。
4.市長は、共生都市宣言をすれば、「空港撤去都市宣言」は自動的にその意味を失うと答弁している
が、都市宣言の重さを正しく評価しない暴論である。

 2  
林議員
 
議案第10号
 「大阪国際空港と共生する都市宣言」を行うことについて
1.そもそも「都市宣言」というのはどういうものなのか?
2.何故、「空港撤去都市宣言」をそのままにして新しい宣言をするのか?
3.新宣言をすると前の宣言が事実上無効になるという事の疑問。
4.何故今なのか?
今、新宣言をすると二種空港へ格下げにならないのか?
5.この宣言では、「環境」から「活性化」へ、軸足が大きく移っています。これでいいのか?
6.何故、「共生宣言」でなくてはならないのか?

◎3月定例会の代表質問の要旨(代表質問:3月5日・6日)

 発言順位  会派  発 言 の 要 旨
 1  
新政会
(松永議員)
 1.市長の施策の核となる「人づくり」の真意およびその目指すところは
2.「顔の見える教育員会」ということについて
-最近の教育委員会論議を踏まえて、教育委員長・教育長の所見を
3.「授業力向上(カリキュラム)支援センター」のめざすもの―
4.「平成19年度予算編成方針」にもとづく、政策室と財政室との予算編成へ
のかかわりについて
5.経常経費の動向と経常収支比率の改善策は
6.一般職の職員の給与構造改革について
7.地方公社等の経営健全化について、その検討状況は
8.阪神北広域小児急病センターについて
(1)基本財産の出資にあたっての兵庫県の対応は
(2)赤字補填に関する考え方
(3)人材の確保策
(4)二次救急輪番制と後送病院の確立について
9.社会福祉協議会と伊丹市の関係について
10.「庁舎周辺公共施設再配置計画」について、議会への市政情報提供のあ
り方について
11.花摘み園用地の文化財用地調査費と関連用地費の執行について
 2  
公明党
(岡本議員)
 1.人づくりを重点とした市長の思いと姿勢について
2.重点施策1について
(1) こんにちは赤ちゃん事業について
(2) 教育の役割・使命について
(3) 知・徳・体・食育の調和のとれた人づくりについて
(4) 健康と食育推進について
3.重点施策2について
(1) ハザードマップの活用方法について
(2) 災害時の要援護者支援制度のこれまでの取り組みと今後の方向、及び地域防災計画の再構築の進捗状況
とその内容
(3) 障害福祉計画について
(4) 障害者の就労支援について
4.重点施策3について
伊丹ブランドの基本的な考え方について
5.重点施策4について
(1) 伊丹版企業誘致制度と公設卸売市場について
(2) 地域ポータルサイトの構築及び情報セキュリティの確保と実態について
6.行政評価について
事務事業評価から施策評価へステップアップについて
7.市立伊丹病院の今後の展望と地域医療について
8.市バス事業について
(1) アクションプランの真意と取り組み決意について
(2) 平成19年度の事業展開について
 3  
連合市民議員団
(山本議員)
 1.平成19年度施政方針に関連して
(1)「人づくり」を各とした施策展開への市長の思いと決意について
(2)「改革のチームビルディング(高業績チームの特徴)」に対するご意見は!
(3)改革を進める上での市民・職員への「説明責任」について
(4)「民間企業の分社化の発想」「包括予算制度の導入」に対するご所見
は!
2.平成19年度具体的施策に関連して
(1)平成19年度予算編成における伊丹市の経済情勢分析について
(2)三位一体改革の本格化と平成19年度地方財政計画の伊丹市への影
響について
(1)平成19年度地方財政計画の影響について
(2)補助金削減、税源移譲と交付税改革による本市への具体的影響につい

(3)一般会計及びその他会計の収入未済額への対応について
(4)「人づくり」を核とした事業展開に関連して
(1)「若者・勤労市民が住んでみたい街伊丹!」に向けた施策の充実につい

・伊丹市次世代育成支援行動計画「愛あいプラン」の進捗状況について
・公立保育所の民営化への取り組みについて
(2)障害者自立支援の具体的方策について
(3)「人づくり」の原点、人権施策の推進について
(4)地域コミュニティ推進・団塊の世代活用の施策展開について
(5)空港との共生、空港を活かした街づくりと産業振興の具体的な施策展開について
(6)昆陽池の水質浄化の今後の具体的対応について
(5)効果的な行財政運営「行財政運営改善計画[第5次行政改革大綱]」に関連して
(1)「伊丹市2007年問題」をチャンスと捉えた人材育成・人員管理について
(2)今回の給与構造改革で元気な組織になりますか?
(3)「電子自治体に向けた伊丹市の方向性」について
(4)公共施設の再配置・伊丹の現有資産の有効活用について
3.公営企業経営に関連して
(1) 伊丹市交通事業について
(1)「アクションプラン」検討から見えてきた課題とその取り組みへの決意について
(2)経営形態改革のポイントは人件費抑制、雇用形態の抜本的改革が必
要、見解を
(2) 伊丹市病院事業について
(1)第3次「市立伊丹病院経営健全化計画」の取り組みへの決意について
(2)関係職員全体の意思統一・意識改革への取り組みについて
(3)病院経営健全化のための病・病連携(広域連携)の検討について見解を
4.「伊丹市教育ビジョン」の推進に関連して
(1) 「伊丹市教育ビジョン」に対する教育長の思いと推進に対する決意について
(2) 「伊丹市教育ビジョン」推進に関連して
(1)「協育」の視点に立った「コミュニティ・スクール」の導入の提言について
(2)総合的な連携体制と計画の進行管理体制について
 4  日 本 共 産 党
伊丹市議会議員団
(上原議員)
 1.国内外の情勢認識について市長の見解を問う
(1) 国際情勢について…市長の提案説明にある「イラク情勢」と「北朝鮮の核
実験」について。
(2) 国内情勢について…国民の間で広がっている格差と貧困について。
(3) 地方交付税について。
2.住民福祉の機関としての自治体の役割を発揮すること
(1) 国民健康保険税の値上げはやめ、引き下げを求める。
(2) 誰もが安心できる介護保険制度に向けた改善を。
(3) 障害者自立支援法について。
3.政府の「地方行革」に反対し、住民本位の効率的な行政を
総務省の「新地方行革指針」に基づく「集中改革プラン」策定の押し付け
で、全国どの自治体でも同様の計画が策定されている。憲法第92条の
「地方自治の本旨」の立場と住民福祉の増進、効率的な行政運営につい
て、伊丹市の「行財政運営改善改革」の問題点について問う。
4.中小企業と商店街への支援拡大、安定した雇用の拡大策を
(1) 大型店出店問題と商店街への支援、中心市街地の活性化策について。
(2) 住宅リフォーム制度、小規模工事登録者発注制度の創設を。
(3) 「伊丹版企業誘致制度」の創設について。
(4) 特に青年雇用対策を。
5.憲法に基づく一人ひとりを大切にする教育を
(1) 新教育基本法による「教育再生会議」の答申が出されたが、その方向は
競争教育とふるいわけの教育を一層激化させ、国による教育内容への介
入を公然と進めようとするもの。しかし、憲法と新教育基本法は明らかに
矛盾する。伊丹市として憲法に基づく教育行政・施策をすすめるべきであ
る。教育長の見解を問う。
(2) 伊丹市教育ビジョンについて
(3) 学力テストについて
6.自治体病院の役割と市立伊丹病院「経営健全化計画」について
7.伊丹市交通事業アクションプランについて
 5  
市 民 ク ラ ブ
(新内議員)
 1.H19年度施政方針、一般会計予算(案)、各会計予算(案)について
(1)本市まちづくりの具体策について
(2)財政運営について
(3)本市の活性化と少子・高齢化対策について
(1)国民健康保険税アップについて
(2)介護保険料アップについて
(4)イオン伊丹西ショッピングセンターの開発について
(5)都市基盤整備
(1)道路整備について
(2)多目的運動広場整備について
(6)空港問題について
(7)教育関係
(1)県立武庫之荘高校の跡地活用
(2)生徒の学力アップ対策
(3)花摘み園跡地活用(新図書館等建設)について
(8)市立伊丹病院について
(9)交通事業について
 6  
丹信会
(高塚議員)
 1.教育ビジョンからみえる伊丹の教育改革について
(1) いじめ対策本部を設立していじめの根絶に向けて取り組まれようとしてい
るが、伊丹市におけるいじめの実態は
(2) 問題が多発している中学校の現状をどう救うのか
(3) 中学生のスポーツ振興は、越境入学ではなく、クラブ活動の外部化で
(4) 学力向上は現象として表れてくるもので、教育改革の目玉ではない
(5) ネットデイによる学校のIT化の進捗状況
2.伊丹市の子育て支援の充実を問う
(1) 子育てファミリーサポート利用者の広がりと今後の充実
(2) 広場事業の実態と今後の充実に向けての提案
(3) プレイパークの整備など子どもの遊べる場所づくりについて
3.2007年問題を伊丹市はどのようにクリアしたのか
(1) 職員数の激減にどのように対応するのか
(2) 技術の継承と今後の人材育成
(3) 財政を圧迫する退職金と底をつく退職金基金について
4.入札制度の改善について
(1) 高落札率の入札をどのようにみているか
(2) 応札者の数を一定確保するための工夫は
(3) 地元企業の育成と入札価格の低下のバランスをどうとるのか?
(4) 一般競争入札で落札率はどれくらい下がると見込んでいるか
5.公共施設再配置計画について
6.伊丹市の道路行政の今後は
(1) 都市計画道路、細街路計画の見直しは必要ではないか
(2) 高齢化社会を見据えた歩行者に優しい道路整備
(3) JR伊丹駅前の歩行者と自転車の錯綜による危険性を回避するには
7.伊丹市の男女共同参画社会づくりはどこまですすんだか?

◎3月定例会の個人質問の要旨(個人質問:3月7日、8日)

 発言順位  質問者  発 言 の 要 旨
 1  
加柴議員
 1.「放課後子どもプラン事業」について
(1)子どもの居場所づくり事業の今後は?
(2)「放課後子ども教室」の実施と充実に向けて
(1)この事業が自治体の補助事業となり、事業実施が財政力に左右されることになるのではないか
(2)すべての小学校で実施する場合、空き教室や他の場所の確保に関する現状認識について
(3)体育館、運動場など学校施設の共用をどのようにすすめるのか
(4)指導員の確保と充実について
2.豊中市伊丹市クリーンランドごみ処理施設整備について
(1)事業化検討委員会報告書(案)に対する市長の見解を問う
(2)PFI方式ープラントメーカーが「20年以上の見積もりは対応できない」と回答していることについて
(3)近隣地区住民の意見・要望をどのように受けとめるのか
(4)特に事業方式に関する庁内検討組織の検討結果について
 2  
たか鍋議員
 1.伊丹市洪水ハザードマップ活用と課題について
(1)地域住民への情報周知方法について
(2)避難所の適格性について
(3)使い手の求める情報なのか
(4)洪水以外の情報の掲載について
(5)学校や自主防災組織などの防災訓練に生かされているのか
(6)高齢者関連施設や保育園などへの普及啓発について
(7)今後の取り組みで、まるごとまちごとハザードマップについて
2.災害時における弱者対策について
(1)緊急告知FMラジオ貸与事業の現状の取り組みと、達成目標(何年)?
(2)避難所での災害弱者支援としての応急物資の備蓄について
3.治安対策について
(1)市民を守る、安全・安心の点から市はどのような認識で、どのように考えておられるのか?
(2)警察力の向上と地域防犯力を高めるには?
(3)発生件数に対しての検挙率は?
 3  
石橋議員
 1.中心市街地の商業活性化について
2.猪名川河川敷活用について
 4  
大路議員
 1.第3次市立伊丹病院経営健全化計画について
(1)13名の医師が退職した原因と、懸命な努力にも拘らず医師不足が解消出来ない理由、今後の医師
確保の方策について
(2)職員が一丸となって取り組むべき、経営健全化に向けての経営・運営能力の、向上策について
2.支え合いでつくる「安全・安心」のまちを実現するための、人にやさしい道路づくりについて
3.伊丹市教育ビジョンについて
(1)知育・徳育・体育・食育の調和の取れた明るく「元気な伊丹っ子」を育てることについて
(2)特別支援教育の充実と、推進体制の確固たる方向性について
4.「伊丹市障害福祉計画」の推進体制として、「新たな公」を担う役割を果たす、伊丹市社会福祉協議
会との連携強化について
 5  
泊議員
 【駄六川河川工事から見えてきた県と市の職務分担の問題性について】
1.『今回の河川工事はどうしても必要不可欠な治水対策なのか』について
(1)地域住民の声を無視し続ける行政の意識改革を問う
(2)将来駄六側右岸(北本町側)は、道路として、または歩道として使用できるのか?説明会で北河原住
民と約束した官民境界は実施できるのか?
2.『市立伊丹病院の存続が先か、健全化計画が先なのか』について
(1)小説白い巨塔の世界が現実化している、公的な壁をどう乗り越えるのか?
(2)医師・看護師の争奪戦が始まっているが、引き止め工作(待遇改善=気持ちよく仕事が出来る環境
づくり)をどう考慮しているのか?
(3)市長を初め、オール伊丹で医師・看護師確保を本気で取り組むべき時期では?
3.『伊丹市に奉職したいと言う新職員、公務員職務の魅力とは』について
(1)今のままでは、優秀な新職員を補充できない、伊丹市で定年まで働ける職場・仕事の魅力とは?優秀
な職員を集める手立てとは?
(2)退職者が増加しているが、市長・助役・収入役の職責上の叱咤が原因か?
4.『交通局が存続を賭けたアクションプランは機能するのか』について
(1)アクションプランはH22年度までだが、短期間で経営改善が図れるのか?
(2)さらに、今後の中長期にわたるプランニングをどう考えているのか?
 6  
川井田議員
 1.シルバー人材センターの充実について
(1)会員数、契約額等について
(2)事業の拡大への取り組みについて
(3)平成19年度の重点的な事業について
2.新図書館について
(1)市役所を中心とした官庁街になった経緯について
(2)現在の図書館を活用することについて
(3)新図書館建設に伴う再配置計画について
3.助役制度の廃止と副市長制度の新設について
4.収入役制度の廃止と会計管理者の新設について
 7  
松野議員
 1.委託費と補助金を包括外部監査に
2.収入役廃止による体制は
(1)今の監査委員のあり方を変えるべきではありませんか?
3.退職手当が大きく増加していますが、何故ですか?
(1)退職者が62名~91名になった訳は?
(2)退職金制度を見直し国なみにとの方針でしたが?
4.「読む・書く・話す・聞く」ことば文化都市伊丹特区
(1)小学校「ことば科」を4校から11校に拡充とありますが、何故全校一斉実施でないのですか?
5.ブックスタート、こんにちは赤ちゃん事業について
6.社会教育施設(新図書館)について
 8  
中村議員
 1.「大阪国際空港と共生する都市宣言」案について
(1)市民的合意ができていない「都市宣言」案は、撤回すべきである
(2)市長は、「夢と魅力のあるまち」を実現するための都市宣言だと答弁されたが、「新宣言」は、今後のまちづくり
に逆行するものである
2.伊丹市社会福祉事業団の運営について
(1)市長は施政方針の中で、外郭団体の整理・統合を推進するとしているが、社会福祉事業団の今後の運営につ
いて問う
(2)介護保険事業に対する行政の責任を問う
(3)伊丹市社会福祉事業団職員に対する伊丹市の雇用責任を問う
3.給与構造改革等について
(1)給与構造改革は、職員の資質向上・士気高揚となるのか
(2)一般職の任期付職員の採用に関する条例案について
 9  
野澤議員
 1.平成19年度市長提案説明重要施策を“戦略的”に展開する
(1)戦略的と特に強調された意図は
(2)これまでの施策展開とどう違うのか
(3)“戦略”といえば作戦、その勝利への手順は
(4)職員全員のものとなっているか

2.戦略が特に必要と考える下記の施策について
(1)財政・選ばれる自治体:定住人口増対策
(2)教育・子どもの学力、特に基礎学力の定着
・学力テスト、学校評価の公表のあり方とその活用
・すべては食から食育の取り組み
(3)福祉・市民健康対策の重要性と行政責任
(国保会計、後期高齢者医療保険、介護保険予防施策)
(4)住民参加・参加への動機づけと真の協働
・公会計制度(連結ベース)の導入
 10  
久村議員
 1.市民の健康づくりについて
(1)市民の健康づくりが推進されているが、医療制度改革が行われる中で、市民検診率の向上は保障されるのか
(2)格差社会といわれる中で、市民検診を受けやすくするために、検診料の無料の枠を広げるべきではないか。検
診後治療が必要な人へのケアはどうか
(3)自殺予防のための対策について
2.大型店、伊丹西ショッピングセンター出店に関しての市民への影響について
(1)伊丹で2つ目の大型店は伊丹のまちづくりからみてどうか
(2)三菱電線跡地での土壌汚染対策については、住民に充分な説明を行うべき
(3)伊丹市としても市民に情報公開を行うこと
(4)真に安全な場所になるのか、今後の対策はどうか
(5)解体工事の振動で住宅に被害が出ているが、今後のことも含め、伊丹市としては業者への指導はどうしているの

(6)県道尼崎宝塚線が混雑、渋滞すれば生活道路への迂回車が多くなるが、市民への影響をどう考えるのか、その
対策はどうするのか
(7)同じ敷地北側に建設予定のマンションに関しての市民生活への影響はどうか
 11  
大西議員
 1.多重債務者問題について
(1)貸し金業の規制に関する法律の一部を改正する法律について
(2)多重債務者に対する考えは
(3)消費生活センター、市民相談室の取り組みについて
(4)多重債務者の相談窓口の設置を
(5)多重債務者の自殺対策について
2.子どもの「貧困」について
(1)児童扶養手当について
(2)生活保護母子加算の廃止について
(3)給食費未納問題について伊丹市の実態は
(4)就学援助制度について
3.消防力の強化について
(1)消防職員の増員について

◎3月定例会の提出議案等議決結果

市長提出議案

 番号  議件  議決年月日  議決結果
 報告第 1 号  地方自治法第179条の規定による専決処分報告について  19年2月20日  報告承認
 議案第 1 号  平成18年度伊丹市一般会計補正予算(第4号)  19年3月9日  原案可決
 議案第 2 号  平成18年度伊丹市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)  〃  〃
 議案第 3 号  平成18年度伊丹市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)  〃  〃
 議案第 4 号  平成18年度伊丹市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)  〃  〃
 議案第 5 号  平成18年度伊丹市病院事業会計補正予算(第3号)  〃  〃
 議案第 6 号  平成18年度伊丹市水道事業会計補正予算(第2号)  〃  〃
 議案第 7 号  平成18年度伊丹市交通事業会計補正予算(第1号)  〃  〃
 議案第 8 号  鴻池財産区管理委員の選任について
19年2月23日
 同意可決
 議案第 9 号  (仮称)市営中村住宅建設工事(第2期)建築工事の請負契約を締結することについて  〃  原案可決
 議案第 10 号  「大阪国際空港と共生する都市宣言」を行うことについて  19年3月9日  〃
 議案第 11 号  平成19年度伊丹市一般会計予算  19年3月23日  〃
 議案第 12 号  平成19年度伊丹市国民健康保険事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 13 号  平成19年度伊丹市老人保健医療事業特別会計予算  〃  〃
議案第 14 号
 平成19年度伊丹市介護保険事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 15 号  平成19年度伊丹市公共下水道事業特別会計予算  〃  〃
  議案第 16 号  平成19年度伊丹市公設地方卸売市場事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 17 号  平成19年度伊丹市競艇事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 18 号  平成19年度伊丹市交通災害等共済事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 19 号  平成19年度伊丹市災害共済事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 20 号  平成19年度伊丹市中小企業勤労者福祉共済事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 21 号  平成19年度伊丹市農業共済事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 22 号  平成19年度伊丹市宮ノ前地区地下駐車場事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 23 号  平成19年度伊丹市阪神間都市計画昆陽南特定土地区画整理事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 24 号  平成19年度伊丹市鴻池財産区特別会計予算  〃  〃
 議案第 25 号  平成19年度伊丹市荒牧財産区特別会計予算  〃  〃
 議案第 26 号  平成19年度伊丹市新田中野財産区特別会計予算  〃  〃
 議案第 27 号  平成19年度伊丹市病院事業会計予算  〃  〃
 議案第 28 号  平成19年度伊丹市水道事業会計予算  〃  〃
 議案第 29 号  平成19年度伊丹市工業用水道事業会計予算  〃  〃
 議案第 30 号  平成19年度伊丹市交通事業会計予算  〃  〃
 議案第 31 号  伊丹市副市長定数条例の制定について  〃  〃
 議案第 32 号  伊丹市一般職の任期付職員の採用に関する条例の制定について  〃  〃
 議案第 33 号  伊丹市公共施設等保全基金の設置,管理及び処分に関する条例の制定について  〃  〃
 議案第 34 号  伊丹市障害者支援基金の設置,管理及び処分に関する条例の制定について  〃  〃
 議案第 35 号  伊丹市障害者支援施設建設基金の設置,管理および処分に関する条例を廃止する条例の制定について  〃  〃
 議案第 36 号  伊丹市監査委員条例等の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 37 号  伊丹市一般職員服務分限条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 38 号  議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 39 号  一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 40 号  伊丹市職員退職手当支給条例及び市長等の退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 41 号  伊丹市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 42 号  伊丹市手数料条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 43 号  伊丹市交通災害等共済条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 44 号  伊丹市立文化会館条例等の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 45 号  伊丹市子育て支援のための医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 46 号  伊丹市立精神障害者授産施設条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 47 号  伊丹市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 48 号  伊丹市廃棄物の処理および清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 49 号  伊丹市交通遺児等学業援助資金支給条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 50 号  伊丹市立小学校,中学校および養護学校設置条例の一部を改正する条例の制定について   〃   〃
 議案第 51 号  伊丹市立高等学校授業料等徴収条例の一部を改正する条例の制定について   〃   〃
 議案第 52 号  伊丹市奨学金条例の一部を改正する条例の制定について   〃   〃
 議案第 53 号  伊丹市公設地方卸売市場条例の一部を改正する条例の制定について   〃   〃
 議案第 54 号  伊丹市道路占用料条例の一部を改正する条例の制定について   〃   〃
 議案第 55 号  伊丹市一般貸切旅客自動車乗車料条例の一部を改正する条例の制定について   〃   〃
 議案第 56 号  丹波少年自然の家事務組合規約の変更に係る協議について   〃   〃
 議案第 57 号  阪神広域行政圏協議会規約の変更に係る協議について   〃   〃
 議案第 58 号  モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託の廃止に関する協議について   〃   〃
 議案第 59 号  モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託の廃止に関する協議について   〃   〃
 議案第 60 号  豊中市伊丹市クリーンランド規約の変更に係る協議について   〃   〃
 議案第 61 号  伊丹市農業共済事業の事務費の賦課総額及び賦課単価を定めることについて   〃   〃
 議案第 62 号  伊丹市農業共済事業の水稲無事戻金の交付について   〃   〃
 議案第 63 号  伊丹市立神津小学校大規模改造工事(2期)の請負契約を締結することについて   〃   〃
選挙第 1 号
 兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙  19年2月23日  当選決定

議員提出議案

 議員提出議案第 1 号  伊丹市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について  19年3月9日  原案可決
 議員提出議案第 2 号  伊丹市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議員提出議案第 3 号  伊丹市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃

請願

 請願第 1 号  伊丹市国民健康保険税の値上げをやめ、引き下げを求める請願書  19年3月23日  不採択
 請願第 2 号  療養病床の廃止・削減計画を中止するため政府への意見書提出を求める請願  〃  〃
 請願第 3 号  リハビリテーション打ち切りの調査と改善のため政府への意見書提出を求める請願  〃  〃
 請願第 4 号  伊丹の子どもたちのために、伊丹市内のすべての認可私立保育所に公立保育所と
同等の運営費を保障することを求める請願書
 〃  〃
 請願第 5 号  「被災者生活再建支援法」再改正に関し国に意見書提出を求める請願書  〃  〃

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。