現在の位置

平成17年3月定例会の記録

平成17年3月定例市議会の記録

◎3月定例会の日程

2月24日(木)本会議(招集日):補正予算等提案説明・当初予算等提案説明
3月1日(火)本会議(第2日):補正予算等質疑・付託・当初予算等質疑・特別委員会設置・付託・契約案件等議決
3日(木)常任委員会:付託議案審査
4日(金)常任委員会:付託議案審査
8日(火)本会議(第3日):一般質問
9日(水)本会議(第4日):一般質問・補正予算等報告・議決
10日(木)本会議(第5日)
11日(金)予算等審査特別委員会
14日(月)予算等審査特別委員会
15日(火)予算等審査特別委員会
16日(水)予算等審査特別委員会
22日(火)本会議(最終日):報告・議決

◎3月定例会の一般質問の概要(一般質問:3月8日から10日)

  発言順位  発 言 の 要 旨
 1  1.市民生活の最大満足を目指して、新しい時代に対応した行政運営を進めていくための手段のひとつとして、取り組まれた行政評価システムの現状と今後の方向性について。
(1)現段階での評価の視点はどこに置かれているのか。
(2)事業評価(事務事業評価方式)にみられる「減量経営」の段階から効率化を目指す「行政経営」へ、そして自治体運営の市民化、自立化政策化を達成する「政策経営」の基盤への道筋は見えているのか。
(3)行政評価は、住民との信頼関係、協力関係を構築するためのツールと捉えているが、評価結果の公表に際して配慮された点は。
(4)行政評価導入の効果はすぐに出るものではない。また行政評価は行財政改革の基本的な道具であると認識した上で、導入したことによる効果の検証をし、明らかになった成果はあるか。
(5)第三者や外部からの評価の視点についてどのように考えているのか。
(6)職員が行政評価を通じて動機づけられることが大切だが、将来的に職員への目標管理制度とどう連携させていくのか。
2.“骨格予算”は“本格予算”なのか?
(1)事業の継続と新規体制の自由枠について。
 2  1.障害者自立支援法案について
政府は障害者福祉制度の一元化を掲げて「障害者自立支援法案」を提出。法案にはサービス利用に原則1割の「応益負担」を求めることが盛り込まれ、大きな波紋を広げている。市内障害者に与える影響について伺いたい。
2.伊丹市で実施した「総合学力調査」について
結果をどう分析され、今後の教育にどう生かそうとされているのか。「点数競争が教育をゆがめることがないように」との立場から伺いたい。
3.学校における障害児に対する介助員の増員を求める
(1)必要とされるすべての障害児に介助員の配置を。
(2)LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)等への特別支援介助員の配置を。
 3  1.児童虐待に関して
(1)伊丹市における児童虐待の推移と主な内容
(2)「児童虐待防止市民ネットワーク会議」の主な役割と活動状況
(3)組織体制について
2.精神障害者支援に関して
(1)相談事業
(2)自立訓練事業
(3)精神障害者地域生活支援センター設置について
 4  1.景観関係
(1)「景観法制定に関連して伊丹市の景観行政に与える影響は」について
2004年12月施行された景観法案は、各自治体の自主条例だった景観条例に確固たる法的根拠を与え、変更命令や建築の着手制限等の強い行政処分と罰則規定を持たせた法律だが、伊丹市の景観行政に与える効果は?
2.人権関係
(1)「改正DV法の施行を受けて」について
改正DV法の施行を受けて、支援センターの設置等、伊丹市としての進捗と課題として想定される加害者への啓発・更生策をどう考えるのか?
3.労働安全衛生関係
(1)「労働安全衛生法改正案の問題点」について
企業が義務を負うのは、月100時間の残業を超えた労働者のうち、事業者に申し出た者と対象者の範囲を1ケ月の残業100時間以上に限った点
4.交通安全関係
(1)「自転車運転のマナー向上対策」について
年々増加傾向にある自転車の起因による交通災害、伊丹市の事故発生件数の推移は?他市の自転車免許証交付制度の取組みに対し見解は?
 5  1.公の施設の指定管理者制度導入にかかる基本方針について
(1)公の施設の設置目的は何か
(2)基本方針の「公の施設」の管理運営のチェックポイントについて
(3)指定管理者の指定(原則公募)の在り方について
(4)指定管理者に議員・市長等の兼業禁止に準じた規定整備を
(5)選定委員会の委員選任の在り方と会議の公開について
(6)指定管理者の指定の取り消し規定整備を
(7)指定管理者に対する情報公開条例の適用について
2.重要な生涯学習施設である博物館・美術館・柿衞文庫の職員配置の在り方について
(1)市民の芸術文化の向上に資したり、生涯学習の場としての三施設の浮沈は、人材にかかっている。高齢化している組織の充実と今後への継続について
(2)三施設の今後の運営方針について
 6  1.福祉サービス評価事業について
(1)「第3者評価事業」についての見解と市町村への影響
(2)児童福祉サービス評価委員会の設置
2.支所・分室等における市民サービスの充実
(1)本庁及び支所・分室における、受付件数の状況
(2)昼休み等の、受付窓口の開設状況及びその必要性と方策
3.建築行為に係る、後退道路用地等の確保・整備について
(1)要綱の運用と、2003年4月より実施していない説明
(2)今後の事業実施と要綱運用のあり方
4.交通事業について
(1)11月29日付、ダイヤ改正について(市民の反応・評価)
(2)空港への交通アクセス(利用状況・経済性・PR)
(3)懇話会の設置について
(懇話会の性格・内容及び委員の選考、第2期健全化の計画との関連)
(4)交通局庁舎建替えの検討について(2003年度健全化委員会報告より)
(5)JR伊丹音声案内システム機器の設置
(設置目的・システム内容・プライバシー侵害の有無)
 7  1.市立伊丹病院の医療事故防止について
(1)ヒヤリ・ハットの報告書・医療事故報告書の流れについて
(2)医療現場でヒヤリ・ハットを記録する書式について
(3)ヒヤリ・ハットの報告書を医療事故防止にどのように役立てて行こうとしているのか?
(4)業務工程に位置付けてはどうか?
(5)医療事故防止委員会や医療事故対策委員会の機能について
(6)医事課に事故防止担当の新設について
 8  1.住民基本台帳の閲覧制度と個人情報保護条例について
(1)大量閲覧の実態について
(2)伊丹市の閲覧の規定はどうなっているのか
(3)個人情報保護条例との整合性について
2.労働者の労働環境向上について
(1)市は民間企業の労働条件の向上にどのように寄与しているのか?
また、どのような指導的役割を果たすべきなのか?
(2)正規職員と臨時・パート労働者との労働条件の格差についての見解を問う。
(3)清掃・警備などの委託契約先の労働条件の向上について
(4)入札公共工事に従事する労働者の労働条件の保障について
 9  1.伊丹市シルバー人材センターの充実について
(1)シルバー人材センターの充実と新規開拓事業について
2.伊丹市児童くらぶの充実について
(1)待機児童の状況と児童くらぶの充実について
3.学校におけるトイレ改修について
(1)大規模改造工事及び耐震補強工事の今後の計画について
 10  1.県の医療助成制度の見直しと市の対応について
(1)明らかになった見直し内容
(2)伊丹市への影響-老人、重度心身障害者(児)、母子家庭等、乳幼児各医療助成について
(3)県の低所得者対策は対策に値しない
(4)新設された重度精神障害者(児)医療費助成事業について
(1)県制度による伊丹市への影響について
(2)対象者を手帳1級所持者に限定したのはなぜか
(5)市の対応について
(1)重度心身障害者(児)、母子家庭等にかかる一部負担金導入への対応は
(2)精神障害者医療などへの市の上乗せ措置を求める
(3)福祉対策審議会を開催するなど、市民意見の集約を
2.障害にかかわる医療費を軽減するための公費負担医療制度について
(1)国の1割自己負担導入の動きをどうみるか
(2)精神障害者に対する通院医療費の助成を求める
 11  1.幼稚園と保育所の在り方について
(1)就学前児童支援の「総合施設」について
2.「改正DV防止法」について
(1)本市の現状
(2)自立支援
(3)二次被害
(4)非暴力教育
3.市民の健康づくりについて
(1)各種検診の現状と取り組み
(2)60歳の誕生日に体力測定の案内を
(3)伊丹市民病院における女性総合外来の現状と課題
 12  1.安心して介護が受けられる介護保険制度に
(1)国の制度見直しからみえてくるものは、
介護サービスの切り捨て、負担増の大改悪をどう考えるか。
(2)利用料は、支払い能力に応じた減免制度の実施を
(3)公的年金等控除の縮小、老齢者控除の廃止、低所得高齢者の非課税措置の廃止による介護保険料への影響は
(4)特別養護老人ホームの建設について
2.環境問題ゴミ問題について
(1)国のプラスチックごみの焼却指導をどう考えるか
(2)容器包装リサイクル法の全面実施から5年経過-問題点は
(1)自治体と住民の負担が大きい
(2)再商品化の拡大と全量引取りの問題
 13  1.消費者が安心し、安全な消費生活を送るために
(1)消費者被害・相談の実態の傾向はどうか
(2)消費者の被害を減らすための対策はどうか
(3)被害者の救済対策はどうか
(4)消費者基本法が施行されての取り組みについて
2.若い人が安心して働くために
(1)「若者自立、挑戦プラン」は、伊丹市ではどう具体化されているのか
(2)市内の若い人の就職実態はどうか
(3)身近な労働・就職相談窓口の設置を
(4)「とじこもり」の青年への対策はどうか
(5)企業や学校との連携の状況はどうか
 14  1.「市民が主役のまちづくり」について
(1)3期12年、松下市長のまちづくり施策に対する総括と、次世代に引きついで行く所信について
(2)「いたみアピールプラン」の更なる推進について
(3)「中心市街地の活性化対策」について
(1)「いたみTMO」の今後のあり方について
(2)「伊丹市商業動向調査」による現状把握と、中心市街地の活性化への影響と、今後の活性化対策について
2.障害者支援費制度の改革案として打ち出された「グランドデザイン案」について
(1)財源確保の為の「応益負担」について
(2)ケアマネジメント制度の導入と、認定審査会の機能と、役割について
(3)サービス提供体制が障害の種別を問わず、全ての事業主体が市町村に移行する案について
(4)「選択できる障害者福祉」に向けての社会資源の整備と、支援費制度の円滑な運営と、推進体制について
 15  1.学校選択制について
2. 指導要録開示について
3.不登校・ひきこもり・高校中退について
 16  1.三軒寺前広場について
(1)イベントをする時の周辺対策について
(2)維持・管理について
(3)阪急伊丹駅からJR伊丹駅までの通りに愛称をつけることについて
2.伊丹市立高校について
(1)伊丹市立高校の教育改革について、どのような展望を持っているのか
(2)当面、現在地での教育条件整備を、どうするのか
3.学校の安全管理について
(1)寝屋川市立小学校での事件等新たな事件が起こる中、どのような対策をとっているのか
(2)一部の学校の校門や塀の高さは、今のままでいいのか
4.学力低下問題について
(1)OECDの学習到達度調査(PISA)の結果をどう受け止めているのか
 17  1.松下市長退任に問う
 18  1.(1)市立伊丹病院の経営方針について
(2)NST(栄養サポートチーム)の実施について
2.教育問題
(1)県立武庫之荘高校の跡地活用について
(2)生徒の学力低下対策について
3.他市の職員厚遇問題について

◎3月定例会の質疑の概要(質疑:3月1日)

 
発言順位
 
議案番号
 発 言 の 要 旨
 
1
 
議案第34号
 平成17年度伊丹市病院事業会計予算
(1)オーダリングシステムの更新及び電子カルテの導入について
(2)院外処方の実施について
(3)認定看護師の養成について
(4)内科救急体制の見直しについて
(5)医療事故防止対策について
 2  
議案第34号
 平成17年度病院事業会計予算中「院外処方箋発行」にかかる措置について
(1)医薬分業は何故推進されてきたか。
(2)医薬分業は「面分業」が本筋ではないか。
(3)地域の保険薬局の応需体制等地域薬剤師会との調整できているのか。
(4)病院敷地の割譲は「療養担当規則」の精神に違背するのではないか。
(5)平成13年度から14年度にかけて駐車場を拡張整備したばかりで今回は駐車場用地を売却しようとするのは如何
(6)売却予定地の履歴について
 3  
議案第52号
 伊丹市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について
(1)住宅用火災報知機の設置・維持がなぜ義務づけられたか。
(2)住宅用火災報知機の設置にたいして費用負担はどうなるのか。特に高齢者、障害者、低所得者対策をどう考えているのか。
(3)点検、維持管理はどこがするのか。
 4  
議案第41号
 伊丹市立サンシティ診療所条例を廃止する等の条例の制定について
多くの市民は身近で安心できる医療施設を求めています。
特に「高齢者のための診療所設置」は、大変大きな意義があります。今日の利用者がいる中で廃止する理由は何か伺います。
市民の健康を守るため、廃止ではなく施設のより一層の活用で施策を推進すべきではないか。
 5  議案第18号









議案第42号
 平成17年度伊丹市一般会計予算案
土木費、衛生費、民生費、労働費

執行機関の附属機関に関する条例の一部を改正する条例
議案第42号で、1973年(昭和48年)に設置された伊丹市同和対策審議会の廃止が提案されている中で、2005年度の同和関連事業について
(1)同和向け市営住宅の家賃について
(2)伊丹市立母子健康センターについて
部落解放同盟伊丹支部員だけが無料扱いとなっていた市民検診について
(3)同和事業促進協議会の廃止について
(4)部落解放労働事業団の高過ぎる委託料について
(5)共同会館などの地区内施設の在り方について
(6)市民税・固定資産税などの特別減免措置(個人給付事業)について、平成16年度末で何が終了するのか
(7)伊丹市人権教育・啓発推進懇話会の設置について
 6  
議案第18号







議案第40号
 「平成17年度伊丹市一般会計予算」
(1)歳入第1款「市税」
(1)個人市民税並びに法人市民税の見込みと市民等の所得状況について
(2)数年間の市民の所得状況について
(2)歳入地方交付税等「三位一体の改革」について
(3)歳出第10款「教育費」第1項「教育総務費」
第4目
「総合教育センター費」、特別支援教育相談室について

「伊丹市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部を改正する条例の制定について」
(1)第14条「利用及び提供の制限」について
(2)第15条「オンライン結合による提供の制限」について
(3)第46条「出資法人の個人情報保護」について

◎3月定例会提出議案等議決結果


市長提出議案

  番号  議 件   議 決年月日   議決結果
  報告第1号  地方自治法第179条の規定による専決処分報告について   17年2月24日  報告承認
  議案第1号  平成16年度伊丹市一般会計補正予算(第4号)   17年3月10日  原案可決
  議案第2号  平成16年度伊丹市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)   〃  〃
  議案第3号  平成16年度伊丹市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)   〃  〃
  議案第4号  平成16年度伊丹市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)   〃  〃
  議案第5号  平成16年度伊丹市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)   〃  〃
  議案第6号  平成16年度伊丹市災害共済事業特別会計補正予算(第2号)   〃  〃
  議案第7号  平成16年度伊丹市阪神間都市計画昆陽南特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)   〃  〃
  議案第8号  平成16年度伊丹市水道事業会計補正予算(第1号)   〃  〃
  議案第9号  平成16年度伊丹市交通事業会計補正予算(第1号)   〃  〃
  議案第 10 号  新田中野財産区管理委員の選任について   〃  同意可決
  議案第 11 号  新田中野財産区管理委員の選任について   〃   〃
  議案第 12 号  固定資産評価審査委員会委員の選任について   〃   〃
  議案第 13 号  固定資産評価審査委員会委員の選任について   〃   〃
  議案第 14 号  固定資産評価審査委員会委員の選任について   〃   〃
  議案第 15 号  渕雨水ポンプ場建設工事(機械設備工事)の請負契約を締結することについて   17.3.1   原案可決
  議案第 16 号  渕雨水ポンプ場建設工事(電気設備工事)の請負契約を締結することについて   〃   〃
  議案第 17 号  瑞ケ丘雨水調整池建設工事の請負契約の一部を変更する契約を締結することについて   〃   〃
  議案第 18 号  平成17年度伊丹市一般会計予算   17年3月22日   〃
  議案第 19 号  平成17年度伊丹市国民健康保険事業特別会計予算   〃   〃
 議案第 20 号  平成17年度伊丹市老人保健医療事業特別会計予算   〃   〃
 議案第 21 号  平成17年度伊丹市介護保険事業特別会計予算   〃   〃
 議案第 22 号  平成17年度伊丹市公共下水道事業特別会計予算   〃   〃
 議案第 23 号  平成17年度伊丹市公設地方卸売市場事業特別会計予算   〃   〃
 議案第 24 号  平成17年度伊丹市競艇事業特別会計予算   〃   〃
 議案第 25 号  平成17年度伊丹市交通災害等共済事業特別会計予算   〃   〃
 議案第 26 号  平成17年度伊丹市災害共済事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 27 号  平成17年度伊丹市中小企業勤労者福祉共済事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 28 号  平成17年度伊丹市農業共済事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 29 号  平成17年度伊丹市宮ノ前地区地下駐車場事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 30 号  平成17年度伊丹市阪神間都市計画昆陽南特定土地区画整理事業特別会計予算  〃  〃
 議案第 31 号  平成17年度伊丹市鴻池財産区特別会計予算  〃  〃
 議案第 32 号  平成17年度伊丹市荒牧財産区特別会計予算  〃  〃
 議案第 33 号  平成17年度伊丹市新田中野財産区特別会計予算  〃  〃
 議案第 34 号  平成17年度伊丹市病院事業会計予算  〃
 議案第 35 号  平成17年度伊丹市水道事業会計予算  〃  〃
 議案第 36 号  平成17年度伊丹市工業用水道事業会計予算  〃  〃
 議案第 37 号  平成17年度伊丹市交通事業会計予算  〃  〃
 議案第 38 号  伊丹市情報公開・個人情報保護審査会設置条例の制定について  〃  〃
 議案第 39 号  伊丹市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について  〃  〃
 議案第 40 号  伊丹市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例の全部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 41 号  伊丹市立サンシティ診療所条例を廃止する等の条例の制定について  〃  〃
 議案第 42 号  執行機関の附属機関に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 43 号  証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 44 号  伊丹市手数料条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 45 号  伊丹市医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 46 号  伊丹市文化財保護条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 47 号  伊丹市立野外活動センターの設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 48 号  伊丹市立体育施設の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 49 号  伊丹市公設地方卸売市場条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 50 号  伊丹市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 51 号  伊丹市風致地区内における建築等の規制に関する条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 52 号  伊丹市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について  〃  〃
 議案第 53 号  モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託の廃止に関する協議について  〃  〃
 議案第 54 号  モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について  〃  〃
 議案第 55 号  モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について  〃  〃
 議案第 56 号  モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について  〃  〃
 議案第 57 号  モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議について  〃  〃
 議案第 58 号  モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について  〃  〃
 議案第 59 号  財産の無償譲渡について  〃  〃
 議案第 60 号  伊丹市農業共済事業の事務費の賦課総額及び賦課単価を定めることについて  〃  〃
 議案第 61 号  伊丹市農業共済事業の水稲無事戻金の交付について  〃  〃

議員提出議案
意見書案

 意見書案第 1 号  「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書
17年3月22日
原案可決
 意見書案第 2 号  障害者自立支援法案に関する意見書  〃  否決
 意見書案第 3 号  介護保険の改善を求める意見書  〃  〃

請願

 請願第 1 号  自衛隊中部方面隊・第3師団からのイラク派遣中止の意見書採択を求める請願書  17年3月22日  不採択
 請願第 2 号  「教育基本法の理念を生かすことを求める」国への意見書採択を求める請願書  〃  〃
 請願第 3 号  日本国憲法の人権規定を今こそ全面的に実質化させ自由と平等、国民の生命と暮らしを守る実
効的な措置の実施を求める請願書
 〃  〃
 請願第 4 号  「市場化テスト」や「給与構造見直し」に反対する意見書採択を求める請願書  〃  〃
 請願第 5 号  「人権侵害の救済に関する法律」早期制定の意見書提出を求める請願書  〃  採 択

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。