現在の位置

平成16年12月定例会の記録

平成16年12月定例会の記録

◎12月定例会の日程


12月6日(月)本会議(招集日):提案説明
9日(木)本会議(第2日):追加議案説明・一般質問
10日(金)本会議(第3日):一般質問
13日(月)本会議(第4日):一般質問・補正予算等質疑・常任委員会付託・人事案件等議決
15日(水)常任委員会:付託議案審査
16日(木)常任委員会:付託議案審査
20日(月)本会議(最終日):報告・議決

◎12月定例会質疑の概要(質疑:12月13日)

  発言順位  議案番号  発 言 の 要 旨
 1  
議案第111号
 伊丹市一般職員服務分限条例及び一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 2  議案第111号  伊丹市一般職員服務分限条例及び一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
伊丹市を含め、休息時間を設けている全国2割以上の自治体が、総務省からの改善指導を受けています。
市職員が仕事の途中でとるはずの「休息時間」を勤務時間の出勤時や退庁前にとっている慣行を見直すことを提案した今回の議案。
それは「市民サービスの向上のため」と言えるのでしょうか?
”是正”の中身について問います。
 3  
議案第110号
 伊丹市知的障害者援護施設設置条例を廃止する条例の制定について
(1)公営施設の民間移管について
(2)民間移管でサービスの充実ができるのか
 4  
議案第119号
 損害賠償請求事件に係る和解を成立させること及び損害賠償の
額を定めることについて

◎12月定例会の一般質問の要旨(一般質問:12月9日、10日、13日)

  発言順位  発 言 の 要 旨
 1  1.次世代育成支援行動計画について
(1)基本理念の中に公的責任、子どもの権利条約を明記すべきではないか。
(2)財源の確保について
(3)次世代育成支援地域協議会の設置について
政策提起できる機能--委員選任のあり方について
子どもの参加について--計画を推進していく過程での子どもの意見の反映を。
(4)次世代育成支援庁内組織の設置について
地域協議会との連携について--問題提起、政策提案のバックアップができるように。
(5)児童くらぶの充実について
(6)保育事業について--公的責任を明確に
(7)仕事と子育ての両立支援について
労働時間の短縮を--事業所に対して労働時間の短縮の啓発を。
(8)オンブズパーソン制度の創設を
 2  1.伊丹市立母子健康センターの運営と今後の在り方について
(1)これまでの事業運営は同和対策としての事業となっており、これは伊丹市立母子健康センター条例の趣旨に反するもの。直ちに是正し、市民すべてを対象とした事業運営にすべきである。
(2)伊丹市立母子健康センターは、利用者が少ない中でも土曜日開館となっているが、現状では再検討すべきである。
(3)市民の健康づくりの拠点である伊丹市立保健センターは、業務量の増大により施設が狭隘化している。健康づくり事業推進のためにも、伊丹市立母子健康センターは、市の南部地域の健康づくりの拠点施設として運営すべきである。
2.高齢者・障害者などへの居住支援について
(1)保証人が見つからない高齢者世帯・障害者世帯・ひとり親世帯に対して、保証人が見つからなくても民間賃貸住宅に入居できるよう支援制度を確立すべきである。
(2)住宅に困窮する高齢者世帯が、住みなれた地域で住み続けられるように、民間賃貸住宅の居室提供支援制度を確立すべきである。
(3)高齢者・障害者等が、住み慣れた住宅で安心して健やかな生活が送れるようにするための住宅改修・住宅改造事業の進捗状況と今後の取り組みについて
 3  1.防災関係
(1)『伊丹市民に水防意識の高揚を図るには』について
(1)集中豪雨等水害対策用の水防計画をどう生かしているのか。
(2)避難場所の管理体制について
(1)避難場所物資等機材の確保は。
(2)避難場所への高齢者・障害者への誘導は。
(3)危険地域住民への避難場所等の周知徹底をどう図っているのか。
(3)市の物資確保を含め、他被災地への支援体制・物資援助の予算化は。
(4)自主防災組織の活用等、防災士の育成についてどう考えるのか。
(5)教育的観点から、休校時の年間必須授業日数・時間の確保は
2.病院・医療関係
(1)『市民に愛される今後の病院事業としての在り方』について
(1)病院医療事故再発防止について
(2)「燃え尽き症候群」バーンアウト対策について
(3)高齢者緩和ケア・在宅医療看護の取組みについて
 4  1.平成15~17年度財政健全化3カ年計画について
(1)進捗状況は
(2)スクラップ&ビルドに市民の意見は反映されているのか
(3)事業の外部評価システムについて
2.財政健全化3カ年計画の中の人件費について
(1)職員給与の水準と伊丹市独自の人件費削減案は
(2)アルバイト・嘱託職員数推移・職務内容・給与・待遇について
(3)再任用制度について
(4)NEET対策としての若年臨時職員の採用について
 5  1.介護保険について
国では介護保険5年目にあたって見直しの議論がされているが、伊丹市とし
てこの4年半で明らかとなった介護保険での見直すべき課題はどこにあると考
えているのか見解を伺いたい。
(1)伊丹市の実態を踏まえて次の点での見解を問う。
(1)利用料が重いため必要な介護が受けられないという状況はないのか。
(2)要支援、要介護1の人で、サービスを提供することで本人の能力実現を妨げている現状が大勢を占めているのか。
(3)介護保険料の設定において、介護サービスを充実することで保険料が上がる仕組みの限界について。
(4)保険料に反映されることで施設整備をためらわざるを得ない現状について。
(5)介護労働者の労働条件はいまのままで十分と考えるか。
(2)伊丹市として、本当に必要な人が必要な介護を受けることができる制度にするためどんな改革がなされなければならないと考えるか。
2.開かれた学校と「学校運営協議会制度」について
「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正で、「学校運営協議会」を置くことができることになった。
(1)伊丹市における「学校評議員制度」の教訓などを踏まえて、開かれた学校にするうえで「学校運営協議会制度」をどのように考えるか。
(2)「学校運営協議会制度」の問題点に対する教育委員会の見解を問う。
(1)委員に関して、法律では「教職員」と「子ども」の参加が位置付けられていないことについて。
(2)教育委員会が任命することについて。
 6  1.伊丹市の防災対策の充実について
(1)図上訓練「広域災害対策シミュレーション」について
(2)震災10年検証事業について
(3)組織について
(4)その他
2.伊丹市の小児救急の充実について
(1)市民病院の現状について
(2)「阪神北広域救急センター」構想について
 7  1.阪急伊丹駅東地区市街地再開発事業について
2.地域力を活かしたまちづくりの推進について
3.地域福祉について
(1)地域とは?
(2)地域力とは?
(3)住民主体性とは?
(4)小地域福祉拠点の地区割りについて
 8  1.委託料と補助金について(包括外部監査を!)
(1)委託料について
(1)事務委託(随意契約と入札について)
(2)事業委託(随意契約と入札について)
(3)管理運営委託(公益法人管理委託・施設管理委託)
(2)指定管理者制度と委託
(1)指定管理者制度と今までの委託の相違点は?きららホールとラスタホールで具体的に説明して下さい
(2)今委託で運営している公益法人等で指定管理者制度の導入を考えている施設はどこですか?何件ありますか?
(3)補助金について
(1)全体的な補助金の見直し
2.街にあふれる自転車対策について
(1)伊丹市自転車条例を市民と一緒に
 9  1.携帯メール等による情報発信の成果と今後の展開について
(1)メールマガジンシステムの推進状況について
(2)今後の更なる展開・取り組みについて
2.雨水対策10年の成果と今後の課題について
(1)雨水整備事業の進展と市民へのアピールについて
(2)猪名川・武庫川の整備計画について
3.消防局における災害に対する取り組みと災害弱者に対する対応について
 10  1.不況の中で増える生活困難者の生活を守る貸付制度の充実を
(1)法外援護資金貸付制度の金額は増額を
(2)民生委員の所見はなくして欲しい
(3)保証人がなくても良い貸付制度を
(4)一時的な生活困窮者が安心して相談できるよう制度を広く知らせる事が必要ではないか
2.深刻化する厳しい生活の中、生活保護の実態はどうか
(1)「ホームレス自立支援法」では住宅への入居の支援で安定した住居の場所の確保並びに健康診断、生活に関する相談などの実施がいわれているが現状はどうか、生活保護法による保護の現状はどうか
(2)深刻化する厳しい生活の中で、現状での相談体制はどうか
 11  1.教育問題
(1)「生きる力を育む学習活動の充実」と「心の教育」の進捗状況について
(2)教育者としての教職員自らの意識改革について
(3)「地域PTA」と「共育」の必要性について
(4)熱血漢溢れる補助的な教員の採用について
(5)市立伊丹高校の「全定分離」と「中等教育学校」の設立について
(1)武庫之荘高校跡地利用の交渉継続について
(2)定時制高校の用地を、中心市街地で確保するという案は何故ないのか?
(3)念願の夢と希望の実現に向けての、「伊丹の教育」の改革の行き先は?
2.環境問題
(1)駄六川の水質汚濁の原因となっている東川雨水幹線上流部の川西市域の牧場排水の改善と進捗状況について
(2)駄六川の現在の水質状況と、今後の課題について
(3)今後の水質汚濁の防止対策と、地下水の汚染対策及び土壌汚染対策について
(4)「地球環境の保全に地域から取り組むまち」の基本目標と地域温暖化等について
3.福祉問題
(1)支援費制度の円滑な運営と、今後の抜本的な制度改革の方向性について
(2)「地域在宅介護支援センター」の位置づけ、今後のあり方について
 12  1.「兵庫県行財政構造改革推進方策後期五ヵ年の取り組み」に示されている医療助成制度の見直しについて
(1)取り組みの実施上の留意事項として、制度の見直しにあたっては事業主体である市町との十分な協議を行うとしているが、その協議の有無と協議がされたのであればその内容について問う。
(2)2001年の老人及び乳幼児医療費助成制度の改正時と同様、今回も大きな改正となるだけでに、福祉対策審議会を開催して市民の意見を十分に聞くべきではないか。
(3)中でも、重度心身障害者(児)医療助成が見直しされた場合、一部負担の影響額はどの程度になるのか。
(4)県の見直し計画に対し尼崎市や西宮市、神戸市、県下町村長会は反対の意見表明していると聞く。伊丹市も反対の立場を取るべき。
2.車塚地先の大規模有料老人ホーム建設計画について
(1)厚生労働省は、介護専用型の大規模有料老人ホームなどを新たに住所地特例の対象に加える方針を打ち出したと聞くが、介護認定、保険給付等のあり方はどうなるのか。
(2)市の介護保険事業計画を超えるものについては、設置規模の抑制を事業者に強く求めるべきではないのか。
(3)「駐車施設の附置義務は戸数の10%」の根拠について。
(4)325戸の共同住宅(賃貸マンション)計画から予想される児童数の増加による笹原小学校、同中学校への影響について。
(5)兵庫県は、設置にあたり「兵庫県有料老人ホーム設置運営指導指針」にもとづき、市町の意向を最大限に尊重して進めるとしている。諸手続きの中で、県に伊丹市の意見を述べる機会があるが、意見集約する際議会や市民・周辺関係住民の声を反映すべき場を設けること。
 13  1.北少路村の問題
(1)16年度末で暫定期間の切れる花摘み園を来年度からどうするのか?
(2)市は土地開発公社の経営健全化計画をふまえ、北少路村の事業用地をいつ買い取るのか?
2.伊丹市の2007年問題について
(1)伊丹市はこの問題を乗り切れるのか?また、今後の退職金の平準化策はどう考えておられるのか?
(2)各企業会計の対策はどうなっているのか?
 14  1.介護保険について
(1)高齢者、要介護認定者、事業者及び給付費等の状況
(2)実施状況から見えてきた課題
(3)制度改正の主な内容と今後の対応
2.ブックスタート事業について
3.学校教育について
(1)児童・生徒の携帯電話の使用
(2)メンタルフレンド派遣事業
(3)トライやる・ウィーク
(4)教員の不祥事対策
 15  1.松下市政3期12年の総括と今後の決意について
2.空港問題について
3.福祉サービスをめぐる「情報開示」と「第三者評価システム」について

◎12月定例会の提出議案等議決結果


市長提出議案

  番号   議件   議決年月日   議決結果
  議案第103号  平成16年度伊丹市一般会計補正予算(第3号)   16年12月20日   原案可決
  議案第104号  平成16年度伊丹市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)   〃   〃
  議案第105号  平成16年度伊丹市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)   〃   〃
  議案第106号  平成16年度伊丹市中小企業勤労者福祉共済事業特別会計補正予算(第2号)   〃   〃
  議案第107号  平成16年度伊丹市農業共済事業特別会計補正予算(第2号)   〃   〃
  議案第108号  平成16年度伊丹市阪神間都市計画昆陽南特定土地区画整理事業特別会計
補正予算(第2号)
  〃   〃
  議案第109号  固定資産評価審査委員会委員の選任について   16年12月13日   同意可決
  議案第110号  伊丹市立知的障害者援護施設設置条例を廃止する条例の制定について  16年12月20日   原案可決
  議案第111号  伊丹市一般職員服務分限条例及び一般職の職員の給与に関する条例の一
部を改正する条例の制定について
  〃   〃
  議案第112号  伊丹市手数料条例の一部を改正する条例の制定について   〃  〃
  議案第113号  伊丹市共同利用施設等の設置および管理に関する条例等の一部を改正する
条例の制定について
  16年12月13日   〃
  議案第114号  伊丹市共同利用施設等の設置および管理に関する条例の一部を改正する
条例の制定について
  16年12月20日   〃
  議案第115号  伊丹市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について   〃   〃
  議案第116号  土地の処分について   〃   〃
  議案第117号  市道路線の認定及び廃止について   〃   〃
  議案第118号  訴えの提起について   〃   〃
  議案第119号  損害賠償請求事件に係る和解を成立させること及び損害賠償の額を定める
ことについて
  〃   〃


意見書

 意見書案第15号  犯罪被害者の権利と被害回復制度の確立を求める意見書   16年12月20日   原案可決

請願

  請願第 3 号  教育予算を増額し、ゆきとどいた教育実現を求める請願書   16年12月20日  不採択
 請願第 4 号  犯罪被害者の権利と被害回復制度の確立に関する請願書  〃  〃

 

お問い合わせ先
市議会事務局
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-783-1344 ファクス072-784-8092

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。